Language

The One Stop Guide Service with LIVE information.

名所も、グルメも、買い物も、宿泊も、Wi-Fiスポットも、ATMも、道案内も。すべての情報をひとつに。
東京のあらゆる場所の観光情報を、正確・詳細・リアルタイムに提供するWEBサービスです。

エリアx料理で選ぶ!東京レストランまとめ
動画で見つける!東京おすすめレストラン

人気の記事

  • 必見!
  • トレンド
  • ディープ
  • 使える!
  • ハウツー
  • LIVE体験

都心から90分!奥多摩の大自然と銘酒が堪能できる『小澤酒造』見学に行ってきた

東京郊外

お酒好きにとっては、日本酒は飲まずして日本旅行を満喫できないだろう。日本酒の魅力をフルに感じたいなら、奥多摩・沢井にある『小澤酒造』に訪れるのがオススメ。日本人は、米が原料の度数の強い日本酒を少しずつ飲み、今日まで約1300年の長きにわたって、楽しみながら味わってきた。世界中で知名度があがり、海外のレストランでも飲むことはできるが、その大半はどんな酒なのかはあまり関係なく提供される。しかし実際は、数え切れないほどの種類の日本酒があり、味も全て違う。さらには、酒を楽しむ温度によって、呼び方も変わるのだ!今回訪れた『小澤酒造』の酒蔵見学は、場所こそ都心からは少し離れているが、行く価値があると断言しよう。

厳選!今タピオカミルクティーがアツい!台湾人も認める東京の名店5選

原宿 その他 カフェ・喫茶店・スイーツ

タピオカミルクティーの発祥は1980年代の台湾とされている。ミルクティーに大粒のタピオカと氷を入れて混ぜ、太めのストローで飲むのが一般的。1990年代には台湾を代表する国民的飲料水となり、のちに世界にも広く浸透していった。徐々に、日本にもその名が、美味しさが広まるようになったのだが、実は近年日本でタピオカミルクティーのちょっとしたムーブメントが起きているのをご存知だろうか。今回は、その人気の秘密に迫るべく日本在住の台湾人推薦の東京のタピオカミルクティーの名店に赴いた。

希少品と最先端が共存するカオスでディープなお宝空間へ!まんだらけ@中野ブロードウェイ徹底解剖!

新宿からわずか5分ほどの中野に位置する複合商業施設にしてサブカル好きの聖地、中野ブロードウェイ。もはや秋葉原が一手に集うと言っても過言ではない超ディープなものが一同に集うスポットであるが、中野ブロードウェイの特徴はいわゆるサブカルものに疎くても誰でも楽しめる場所であること。 地上から4階まで広がる中野ブロードウェイの実に30店舗も占める “まんだらけ"。マンガ、アニメ、ゲーム、コスプレ、各種プラモデルに玩具など、新作から定番商品はもちろんのこと、世界でもまんだらけでしか手に入らない超一点もの等マニアックな商品まで揃うまんだらけの最大の魅力は "もう手に入らないと諦めかけていた商品が見つかるお店" であり、"オタク文化に造詣が深くなくとも楽しめるお店" である。

江ノ電散歩2~長谷駅から北へ~花の名刹「長谷寺」と「鎌倉大仏」を巡る古都散策

鎌倉 寺院

東京から電車に乗って1時間ほどでアクセスできる鎌倉&湘南。古都の風情やオーシャンビュー、多彩なグルメなど魅力に富み、東京からの日帰り観光エリアとして根強い人気を誇っている。 その鎌倉・湘南エリアを抜け、約10㎞の区間を走る列車が「江ノ島電鉄(通称:江ノ電)」だ。 2~4両編成のレトロな列車が、数々の映画やドラマのロケに使われたおしゃれな海岸エリアを通り、寺社の門前や住宅街を走り抜ける姿はとてもフォトジェニックで、江ノ電を目当てに訪れる旅行者も多い。 江ノ電の停車駅の一つ、長谷駅の北側一帯には「長谷寺」や「鎌倉大仏殿 高徳院」など鎌倉を代表する名所・旧跡が点在。落ち着いた古都の雰囲気と観光地らしい賑わいを同時に感じさせてくれる。

施設内で目にするピクトグラム・標識

その他 観光・体験

トイレやエスカレーターなど、どんな施設でも利用する設備のサインを紹介する。日本語が読めなくてもピクトグラムを覚えておけば、迷うことが少なくなる。

[MOVIE] コスプレスタジオで憧れのキャラに変身!

秋葉原 文化体験

プロ並みのコスプレが手頃な価格で簡単に体験できて、初心者も経験者も行きたくなる秋葉原の「スタジオクラウン」。LIVE JAPAN編集スタッフが体験してきた!

ピックアップ施設

  • 秋葉原
  • 浅草
  • 池袋
  • 上野
  • 銀座
  • 新宿
  • 渋谷
  • 築地
  • 東京駅
  • 原宿
  • 六本木

動画で見る東京体験

画像ギャラリー

エリアから探す

スマホからでもご利用頂けます。
スマホで閲覧すると、より多くのコンテンツがお楽しみいただけます。さあ、今すぐアクセスhttps://livejapan.com/ja/