HOME 東北 山形 山形近郊 東北・山形旅行の楽しみは?代表的な観光地や買い物、遊びで行くべきスポット
東北・山形旅行の楽しみは?代表的な観光地や買い物、遊びで行くべきスポット

東北・山形旅行の楽しみは?代表的な観光地や買い物、遊びで行くべきスポット

公開日: 2019/09/06

山形県は日本の北部、東北地方の日本海側に位置する自然豊かなエリア。夏はうだるように暑く、冬は凍える寒さと気温差が激しい地域です。特に冬の雪景色は、海外から訪れる観光客に人気。ほかにも、舟下りなど美しい自然を眺められる体験型の観光スポットもあり、忘れられない旅の思い出ができます。

またフルーツの産地としても知られ、サクランボの収穫量は日本一。山からの豊かな伏流水により、おいしい米が作られる土地でもあります。サトイモと牛肉が入った芋煮や、香りが豊かな田舎そばをはじめとした名物グルメが多く、「食」に興味がある人も満足できます。

山形ってどんなところ?

山形は東京から約300キロメートル北にある、人口約110万の県。東北の玄関口・仙台からのアクセスもよく、鉄道、バスを使い約90分で行けます。山形は、庄内・最上・村山・置賜(おきたま)の4つのエリアに分かれ、それぞれ見どころが満載です。県の面積の70パーセント以上を森林が占め、蔵王山や鳥海山、出羽三山などの有名な名峰がそびえているのも大きな特徴。豊かな自然の恵みを受け農業も盛んで、おいしい米やフルーツなどを味わえます。また、温泉は全市町村に湧き、日帰り温泉施設も多数。旅の途中に気軽に立ち寄れます。

山形観光のポイント

山形は公共交通機関が東京界隈と比べると少ないため、いくつかのエリアを訪れるなら車の移動が便利。行きたい場所が内陸部に集中しているなら山形市か米沢市、日本海側なら鶴岡市か酒田市が玄関口になります。空港は、山形空港と酒田空港の2か所。興味のあるスポットが集まる都市に着いたら、タクシーかレンタカーを利用して巡りましょう。

1山寺(宝珠山立石寺)(ほうじゅさんりっしゃくじ)

1山寺(宝珠山立石寺)(ほうじゅさんりっしゃくじ)

860年に慈覚大師(じかくだいし)が開山したと伝わる寺。山の上にお堂が点在しています。山頂まで続く参道の石段は、1015段あるのでスニーカーなど歩きやすい靴で行くのがおすすめ。冬は長靴かブーツが必要です。参道の終着点にある奥の院・大仏殿(おくのいんだいぶつでん)には、黄金に輝く高さ5メートルの阿弥陀如来像が祀られています。慈覚大師の弟子・安然(あんねん)が建立した五大堂は、山寺が一望できる絶景スポット。美しい山里の景色に感動します。

  • 山寺(宝珠山立石寺)
    • 住所 山形県山形市山寺4456-1
    • 電話 023-695-2843

    営業時間:8:00~17:00
    料金:拝観300円
    定休日:無休

2羽黒山

2羽黒山

羽黒山は、鶴岡市にある標高414メートルの山。頂上には、羽黒山(はぐろさん)・月山(がっさん)・湯殿山(ゆどのさん)からなる出羽三山(でわさんざん)の3つの神を祀った「羽黒山三神合祭殿」(はぐろさんさんじんごうさいでん)があります。参道は、樹齢350年以上の杉に囲まれた2446段の石段。神秘的で美しい杉並木は、「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で三つ星に選ばれました。

参道の途中には、東北最古の塔といわれる国宝「羽黒山五重塔」(はぐろさんごじゅうのとう)や手作りの餅が味わえる「二の坂茶屋」などがあり、楽しみながら山頂まで歩けます。所要時間は往復で約2時間です。

  • 羽黒山
    • 住所 山形県鶴岡市羽黒町手向手向7
    • 電話 0235-62-2355

    営業時間:8:30~16:30
    料金:拝観無料
    定休日:無休

3最上川舟下り

3最上川舟下り

農業用水や交通路など、生活に必要な水源に使っていることから「母なる川」とよばれる最上川。中流にある峡谷・最上峡では、舟に乗って大自然を眺められる舟下りが人気です。「最上峡芭蕉ライン観光」の舟下りは、全長約12キロメートルを、1時間かけてゆっくり下るコース。景色を楽しむのはもちろん、船頭と呼ばれるガイドの説明や舟歌も魅力です。舟歌は、英語や韓国語、フランス語バージョンもあります。ほかにも、舟の上からいくつかある滝を眺めたり、アユの塩焼きが食べられる休憩所に立ち寄ったりします。

12月から3月の冬季には、ヒーターを備えた日本のテーブル「こたつ」を船に載せ、温まりながら雪景色を眺められるユニークな体験もできます。

  • 最上峡芭蕉ライン観光
    • 住所 山形県最上郡戸沢村古口86-1
    • 電話 0233-72-2001

    営業時間:運航時間は時季により変動(要問い合わせ)
    料金:乗船2,450円、小学生1,230円、幼児無料
    定休日:無休(荒天候時を除く)

山形グルメをチェック

山形では、米やフルーツ以外にも牛肉や豚肉、魚介など食材が豊富。その食材を生かしたさまざまなグルメを味わえるのも山形の魅力のひとつです。山形市の中心街では、芋煮やそば、玉こんにゃくなど県内の郷土料理や名物料理を楽しめる飲食店が集まります。

1そば

1そば

古くからそばの栽培がさかんに行なわれてきた山形。最上・村山エリアなどの内陸部で主に食べられる「板そば」は、強い歯ごたえと豊かな香りが特徴です。大きな木箱に盛り付けられるので、見た目も楽しめます。村山地方にある大石田市、尾花沢市、村山市には、そばの名店が集まる「そば街道」が各エリアにあり、多くの人が訪れます。そばの食べ比べをしてみるのもおすすめ。

2米沢牛

2米沢牛

山形県南東部・置賜地方が生んだブランド牛「米沢牛」。米沢牛は、米沢市を中心とした置賜地方で肥育される黒毛和牛で、厳しい基準を満たしたものだけが認定されます。基準のひとつとして、出産経験のない雌牛で生後月齢32ヵ月以上という項目があります。雌牛は雄牛よりも肉質がきめ細かく、柔らかいのが特徴。食べたときに口のなかでとろけるような食感が楽しめます。米沢市には、すき焼きステーキ専門店のほかに、ハンバーガーや串焼きなどリーズナブルに米沢牛を味わえる店も多いです。

山形みやげのポイント

山形みやげのポイント
酒田米菓借用画像

山形の特産品のフルーツを使ったスイーツ、日本酒やワインなどのお酒、昔から地元で愛されている銘菓が人気。地元グルメのそばも乾麺だと日持ちがするので、おみやげに喜ばれます。木彫りの工芸品や木製の玩具・コマ、けん玉を買う人も多いです。

1酒田米菓の「オランダせんべい」

山形を代表する焼き菓子のひとつ。日本有数の米どころとして有名な庄内産のうるち米を使った薄焼きせんべいで、パリパリとした歯ざわりが特徴です。ほど良い塩気で、さっぱりとした味わいが後を引きます。2枚入りが51袋入ったタイプもあるので、大勢の人にプレゼントするのにも便利。

2天童ワインの「ナイアガラ」

日照時間が長く、降雨量が少ない気候がぶどう栽培に適した天童市で造られる白ワイン。「ナイアガラ」は、山形産のナイアガラのぶどうを使い、低温発酵しています。甘みがあり、ぶどう本来の芳醇な香りが口に広がる味わいで口当たりはライトです。

3老舗 長榮堂の「富貴豆」

1886年創業の老舗菓子店。「富貴豆」(ふうきまめ)とは、青えんどう豆が材料の山形の銘菓です。「老舗 長榮堂」では、職人が厳選した青えんどう豆の皮を丁寧に剥き、煮崩れないようにふっくらと煮込みます。生タイプのほかに日持ちする真空パックもあります。

山形での買い物のポイント

山形県の中心地・山形市には、県内各地のスイーツや地酒、地元グルメの店が集まる駅ビルや古い建物をリノベーションしたショッピングスポットなどがあります。県内各地のおみやげや衣料品、ドラッグストアなど、さまざまな物がそろうので、旅のスタートやゴールの場所にもぴったりです。

1JR山形駅直結のショッピングモール

JR山形駅直結の「S-PAL山形」は、ファッションやレストラン、カフェ、コスメなどがそろう複合施設です。山形県内のおみやげがラインナップするフロアがあるので、各観光地で買い忘れても安心です。

  • S-PAL山形
    • 住所 山形県山形市香澄町1-1-1
    • 電話 023-628-1106

    営業時間:10:00~20:00(店舗により異なる)、やまがた みやげ「彩」は9:00~20:00
    定休日:不定休

2休憩もできる和風建築の施設

個性的なカフェやショップが立ち並ぶ七日町にある「水の町屋 七日町御殿堰」(みずのまちやなのかまちごてんぜき)。江戸時代に町の中心に建てられた、商売人の住居「町屋」をイメージした建物が印象的です。お茶の専門店やそば店が入っているので、ランチや休憩にもぴったり。

  • 水の町屋 七日町御殿堰
    • 住所 山形県山形市七日町2-7-6
    • 電話 023-623-0466

3明治時代に建てられた蔵屋敷をリノベーションしたショッピングスポット

山形駅からタクシーで約7分のところにある「山形まるごと館 紅の蔵」(やまがたまるごとかんべにのくら)は、山形の名産品・紅花の商人である、マルタニ長谷川家所有の屋敷を改装したショッピングスポットです。山形産の米を使ったオリジナルの日本酒や伝統工芸品を扱う販売所やレストラン、観光案内所が設けられています。

  • 山形まるごと館 紅の蔵
    • 住所 山形県山形市十日町2-1-8
    • 電話 023-679-5101

Text by:シュープレス株式会社

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索