HOME 東北 宮城 仙台・松島 宮城・仙台の楽しみは?仙台城跡や牛たん店など定番をご紹介
宮城・仙台の楽しみは?仙台城跡や牛たん店など定番をご紹介

宮城・仙台の楽しみは?仙台城跡や牛たん店など定番をご紹介

公開日: 2019/09/06

戦国武将の伊達政宗が築いた仙台や、「日本三景」のひとつに数えられる松島などを有する宮城県。海と山に囲まれていることから、良質な食材に恵まれたエリアとしても知られます。東北最大の都市である仙台は、県内各地の名物グルメを提供する飲食店が数多く並びます。また、冬は寒く雪深いイメージのある東北地方ですが、宮城県は比較的積雪量が少なく、年間を通して観光しやすいエリアです。

宮城・仙台ってどんなところ?

宮城・仙台ってどんなところ?

日本の北側、東北地方の太平洋側に位置する宮城県。国内有数のグルメタウン・仙台をはじめ、景観の美しさが魅力の松島、日本屈指の温泉郷・鳴子温泉、エメラルドグリーンに輝く火口湖・御釜のある蔵王など、どのエリアも観光に欠かせないポイントを備え、国内外から多くの旅行客が訪れます。

宮城観光の玄関口となる仙台は、人口100万人を超える東北最大の都市。高層ビルや大型商業施設が建ち並ぶ大都市でありながら、街のいたるところで豊かな自然を楽しめることから、「杜の都」と呼ばれています。また、仙台城跡や瑞鳳殿といった伊達政宗ゆかりの史跡は、観光名所として高い人気を誇っています。中心部から車で30分程の場所に2カ所の温泉地があることも特徴です。

宮城・仙台を観光するときのポイントは?

宮城・仙台を観光するときのポイントは?

東京駅から仙台駅までは東北新幹線「はやぶさ」「はやて」の利用で約1時間30分。仙台国際空港からは、ターミナルビル直結の仙台空港駅から仙台空港アクセス線を利用し約25分、快速だと約17分で到着します。仙台の主な観光名所は仙台駅から少し離れた場所に点在するため、地下鉄やバス、タクシーでの移動がおすすめです。牛タンやずんだ餅などの名物グルメが味わえる飲食店は仙台駅周辺に集まっているので、徒歩で巡れます。

仙台を起点に宮城県内の観光名所へ向かう場合、松島と塩釜へは鉄道の利用が便利。そのほかのエリアへ行く際も鉄道やバスを利用することはできますが、本数や時間に限りがあるので、事前にアクセスを調べてから出かけましょう。

1.仙台城跡

1.仙台城跡

1602年に初代仙台藩主・伊達政宗が築いた仙台城は、仙台を代表する観光名所のひとつ。伊達政宗公騎馬像が建つ天守台は、仙台街並みを一望するビュースポットとして知られています。第二次世界大戦の空襲によって城は焼失。現在は石垣と復元された脇櫓(わきろ)のみが残っています。所々に設置された立て看板には、各史跡の歴史を日本語と英語で紹介しているので、チェックしてみてください。

当時の様子を知りたいときは、敷地内の「青葉城資料展示館」へ。仙台城の内部を再現したCGを放映するほか、VRを利用して当時の仙台城を体験できるツアーを開催しています。

  • 仙台城跡
    • 住所 宮城県仙台市青葉区川内1

    電話番号:022-214-8259(仙台市観光課)
    営業時間:見学自由
    料金:入場無料
    定休日:無休

2.瑞鳳殿

2.瑞鳳殿

1637年に建てられた伊達政宗を祀る霊屋(たまや)です。空襲により一度焼失したものの、1979年に再建。2001年に改修し、建設当時の繊細かつ色鮮やかな装飾を再現しています。境内は周囲を木立に囲まれ、春は桜、梅雨の時期にはアジサイ、秋には紅葉、冬は雪景色と、四季折々の光景も見どころのひとつです。

敷地内には二代藩主・伊達忠宗の霊屋「感仙殿(かんせんでん)」、三代藩主・伊達綱宗の霊屋「善応殿(ぜんのうでん)」もあり、いずれも瑞鳳殿同様に厳かな佇まい。併設の資料館では、副葬品をはじめとした貴重な資料を見学できます。

  • 瑞鳳殿
    • 住所 宮城県仙台市青葉区霊屋下23-2
    • 電話 022-262-6250

    営業時間:9:00~16:50(入館は~16:30)、12~1月は~16:20(入館は~16:00)
    料金:入場550円
    定休日:無休

3.松島湾

3.松島湾

穏やかな湾内に260もの島が浮かぶ松島湾は、広島県の宮島、京都府天橋立とともに日本三景に数えられる景勝地。海岸沿いを歩きながら景色を楽しめるほか、郊外には「大高森」や「多聞山」など、美しい景観を一望するビュースポットが点在します。松島海岸駅から徒歩7分程の場所には遊覧船の発着所があり、船上から島々を眺めるのもおすすめの過ごし方です。

また、駅周辺には国宝「瑞巌寺」や国の重要文化財である「円通院」「五大堂」といった観光名所があります。海岸沿いには、名産の牡蠣をはじめとした海産物を扱う飲食店が並び、食べ歩きを満喫する旅行客が多くいます。

宮城・仙台のグルメってどんなもの?楽しみ方は?

仙台でグルメを堪能するなら、飲食店が充実している一番町や国分町エリアへ。また、仙台駅構内には牛タン、寿司、ずんだグルメの専門店があり、気軽に利用できると旅行客に好評です。仙台以外では、松島の牡蠣と塩釜の寿司が人気。どちらも駅から徒歩10分圏内に飲食店が並びます。

1.牛タン

1.牛タン

仙台の名物グルメといえば牛タンです。厚くカットした牛タンに、各店独自の味付けを施して熟成。味を染み込ませたのち、炭火で一気に焼き上げ完成する「牛タン焼き」は、噛むたびにあふれるうまみとサクッと噛み切れるやわらかな食感に定評があります。

牛タン焼きに漬け物、テールスープ、ご飯がセットになる定食仙台における牛タンメニューのスタンダード。牛タン焼きの生みの親・佐野啓四郎さんが創業した「旨味 太助」や、全国に出店する人気店「牛たん炭焼 利久」が有名です。

2.ずんだ餅

2.ずんだ餅

茹でた枝豆をつぶして作るずんだ餡を餅に絡めたずんだ餅は、宮城県の郷土料理。仙台の老舗餅店「村上屋餅店」や、甘味処「彦いち」などで味わえます。ずんだと和洋菓子を組み合わせたアレンジメニューも人気があり、なかでも仙台駅構内の「ずんだシェイク EXPRESS店」で販売する「ずんだシェイク」は行列ができるほど評判。ずんだ餅はおみやげとしても販売されており、仙台駅や駅直結の商業施設「S-PAL 仙台」で購入できます。

宮城・仙台みやげのポイント

宮城・仙台みやげのポイント

宮城県内各地のおみやげがそろう仙台。特に、和洋菓子や、笹形に型取った魚のすり身を焼いて作る「笹かまぼこ」などの食べ物系は、種類が豊富です。伝統工芸品・こけしも人気が高く、最近では伝統的な絵柄だけではなく、色がパステルカラーだったり、模様がボーダー柄だったりと、工夫を凝らしたものが販売されています。

1.白謙の「極上笹かまぼこ」

プリッとした歯応えとほのかな甘みが特徴の笹かまぼこ。ふわりと広がる上品な磯の風味も魅力です。一枚ずつ包装されているので、手を汚さずに食べられます。冷蔵商品。

2.菓匠三全の「萩の月」

仙台みやげの代表格。ふわふわのカステラ生地の中に、まろやかな味わいのオリジナルカスタードクリームがたっぷりと入っています。丸い形は空に浮かぶ月をイメージ。常温で持ち歩きができます。

3.桜井こけし店の「Hagoromo」

鳴子温泉のこけし工人が「現代のライフスタイルにも合うものを」と作ったこけし。伝統的なこけしと比べ細身のスタイルで、胴体にはパステルカラーでグラデーションやボーダー模様が描かれています。温泉街にある工房だけでなく、仙台駅前に建つ商業施設「仙台PARCO 2」でも購入できます。

宮城・仙台での買い物のポイント

宮城・仙台での買い物は、旅の起点となる仙台がおすすめ。仙台駅周辺の大型店のほか、仙台駅西口から観光スポット・定禅寺通へと続くアーケード街が定番のショッピングスポットです。特に仙台駅直結の商業施設「S-PAL仙台」には、おみやげはもちろん、衣料品や雑貨など多彩なジャンルのアイテムが揃います。

  • S-PAL仙台
    • 住所 宮城県仙台市青葉区中央1-1-1
    • 電話 022-267-2111

    営業時間:10:00~21:00(店舗により異なる)
    定休日:不定休

1.家電を購入するなら仙台駅周辺

仙台駅東口には「ヨドバシカメラ マルチメディア仙台」、仙台駅西口には「ヤマダ電機 LAVI仙台」があり、どちらも豊富な品ぞろえ。また、西口にある「ソフマップ仙台駅前店」には、中古のゲームや映像ソフトが充実しているので、レアな商品を探すのに最適です。仙台駅周辺の商業施設には免税対応している店もあり、お得に買い物ができます。

2.新鮮な食材が手に入る「仙台朝市」

仙台駅から徒歩5分程の場所にある「仙台朝市」は、地場産の野菜や魚介を扱う店が軒を連ねます。その数は約70店。海鮮丼をリーズナブルに味わえる飲食店やサラダのテイクアウト店など、グルメ店も並びます。

  • 仙台朝市
    • 住所 宮城県仙台市青葉区中央3-8-5
    • 電話 022-262-7173

Text by:シュープレス株式会社

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索