京都駅・東寺

京都駅・東寺

HOME 関西 京都 京都駅・東寺

京都駅・東寺の概要・歴史

京都駅・東寺の概要・歴史

新幹線に乗って京都にやってきた人が、まず降り立つのが京都駅。1877年に京都停車場として開業して以来、徐々に拡張してきたこの京都駅、現在はJR東海道新幹線のほか、JRの東海道本線、山陰本線、奈良線、琵琶湖線、近鉄京都線、地下鉄烏丸線など、多くの路線が乗り入れ、東京、北陸、大阪、奈良など、各地を結ぶ玄関口となっている。京都駅から南西にくだったところには、794年に建設された東寺がある。

もっと見る

京都駅・東寺のエリア紹介

古都・京都の玄関口として世界中から観光客が訪れる京都駅エリア。駅の南側には東寺、北側には東本願寺、西本願寺などもある。イオンモールやヨドバシカメラ、ビックカメラなどもあるので、お土産などを買うのにも便利なエリアだ。

京都駅周辺エリア

京都駅周辺エリア

現在の京都駅は1997年に建築され、烏丸中央口側は「京都駅ビル」として知られている。巨大な吹き抜けを有した中央コンコースや百貨店のジェイアール京都伊勢丹など、市民からも親しまれている。駅前には131mの京都タワーがそびえ、現代京都のランドマークの一つとなっている。

東寺周辺エリア

東寺周辺エリア

九条大宮の北西の角に位置する東寺は、弘法大師・空海に下賜され「真言密教の根本道場」として、庶民の信仰を集めた。近隣には企業や学校も多く、修学旅行生なども多いため、終日学生達で賑わっている。

京都駅・東寺の定番イベント

毎月21日:弘法市(弘法さん)

毎月21日:弘法市(弘法さん)

承和2年(835年)3月21日に亡くなった弘法大師空海の遺徳をしのび、毎月21日に東寺では御影供の儀式が行われる。この日には弘法さんと呼ばれる骨董市が東寺境内で行われる。1月に行われる「初弘法(はつこうぼう)」、年末12月に行われる「終弘法(しまいこうぼう)」には特に多くの観光客が集まる。

京都駅・東寺の交通情報

関西国際空港から京都駅までのアクセス

関西空港駅から「JR関西空港線 特急はるか 京都行」で80分、京都駅下車

大阪国際空港から京都駅までのアクセス

「大阪(伊丹)空港」から空港リムジンバスで約55分、「京都駅八条口」下車

大阪駅から京都駅までのアクセス

JR大阪駅から「JR東海道山陽本線新快速 長浜行」に乗車し約30分、JR京都駅下車

施設の最新情報

  • イベント
  • メニュー
  • 空席情報
  • 商品

ピックアップ記事