HOME 東北 岩手 盛岡・平泉・八幡平 東北・岩手旅行の楽しみは?代表的な観光地や買い物、遊びで行くべきスポット
東北・岩手旅行の楽しみは?代表的な観光地や買い物、遊びで行くべきスポット

東北・岩手旅行の楽しみは?代表的な観光地や買い物、遊びで行くべきスポット

公開日: 2019/09/06

東北地方の北部に位置する岩手県。その広さは日本一の面積を誇る北海道に次ぐ大きさです。各市町村に異なる特色を持つため、ひとつの県の中で様々な楽しみ方を味わうことができるのも特色のひとつです。内陸部は盛岡市や平泉町など歴史ある街並みを堪能できるほか、北上山地など美しい山々や木々が並ぶ自然豊かな地域。太平洋を臨む沿岸部は、海の幸が豊富でご当地グルメを味わえるスポットが点在。魅力ある観光地を数多く有しています。

岩手ってどんなところ?

岩手ってどんなところ?

岩手山や厳美渓(げんびけい)、浄土ヶ浜など景色を楽しむことができる場所や、平泉町・中尊寺など歴史文化に触れられるスポットもある岩手県。旅の疲れを癒してくれる温泉郷が数多く点在するため、きっと好みに合った宿泊場所が見つけられるはずです。また、新鮮な魚介類や野菜など食材が豊富なことも特徴のひとつ。海・山・川、自然豊かな土地柄から生まれる美味しいグルメを味わうことができます。

岩手を観光する時のポイントは?

岩手を観光する時のポイントは?

東京駅から県庁所在地である盛岡市までは、JR東北新幹線で約2時間15分。花巻空港もあるため、空路を使い、国内各地から訪れることができます。県内の移動手段は、JR東北本線など電車やバスでも可能ですが、複数のスポットを回る場合はレンタカーの利用がおすすめです。

1.中尊寺金色堂

1.中尊寺金色堂

11~12 世紀に東北地方の政治の拠点として、約100年に渡って発展を続けた平泉町。町内にある「中尊寺」や「毛越寺(もうつうじ)」などは2011年に「平泉文化遺産」として世界遺産に登録されています。中尊寺は奥州藤原氏の初代・清衡(きよひら)が造営した寺院で、「金色堂」を始め、約3,000点もの文化財を有しています。

  • 中尊寺金色堂
    • 住所 岩手県西磐井郡平泉町平泉衣関202
    • 電話 0191-46-2211

    営業時間:3月1日〜11月3日/8:30~17:00、11月4日〜2月末日/8:30~16:30
    料金:大人 800円、高校生 500円、中学生 300円、小学生 200円(団体割引あり)
    定休日:なし

2.小岩井農場

2.小岩井農場

JR盛岡駅から車で約30分。盛岡市に隣接する雫石町にある「小岩井農場」。小岩井ブランドの牛乳やジュース、乳製品などの生産農場としてその名を知られる一方で、観光地としても人気のスポットです。動物と触れ合ったり、アトラクションや自然散策を楽しむことができます。

  • 小岩井農場
    • 住所 岩手県岩手郡雫石町丸谷地36-1
    • 電話 019-692-4321

    営業時間: 9:00 ~ 17:00(※時期によって変動)
    料金:大人(中学生以上)800円、こども300円
    定休日:なし(臨時休園の場合あり)

3.花巻温泉郷

3.花巻温泉郷

桜並木や赤松林、宮沢賢治が設計した日時計花壇のあるバラ園など、格調の高さと落ち着きのある雰囲気が特徴の「花巻温泉郷」。岩露天風呂やひのき露天風呂、女性限定バラ風呂など、バラエティー豊かな温泉があるため、お気に入りの温泉を探しに湯めぐりするのも楽しい場所です。

  • 花巻温泉郷
    • 住所 岩手県花巻市湯本1-125

    営業時間: ※お風呂により異なります。詳細は公式ホームページをご覧ください。
    料金: ※お風呂により異なります。詳細は公式ホームページをご覧ください。
    定休日: なし

岩手グルメってどんなもの?

岩手グルメってどんなもの?

同じ県内でも各市町村毎に異なる食文化を持つ岩手県盛岡市ならわんこそば、じゃじゃ麺、盛岡冷麺の三大麺。沿岸部なら海の幸。県北・県南部はブランド牛や新鮮な野菜など。食べたいものに合わせて、訪れる場所を選ぶのもいいですね。

1.わんこそば

1.わんこそば

「わんこそば」はお椀に一口大のそばを盛り、給仕さんに継ぎ足してもらいながら食べる、岩手の郷土料理です。何杯食べ続けることができるか!?給仕さんとの掛け合いも楽しめるエンタメ性の強いグルメです。

2.じゃじゃ麺

2.じゃじゃ麺

温かい平打ち麺と肉味噌を混ぜ合わせ、ニンニク、酢、ラー油など好みの調味料をトッピングして食べる「じゃじゃ麺」。麺を食べ終えたら、器に生卵を割り入れ、「ちーたんたん」を注文しましょう。お店の人が麺の茹で汁を加え、締めのスープを作ってくれますよ。

3.盛岡冷麺

3.盛岡冷麺

もちもちとしたコシの強さと、滑らかな舌ざわりの麺が特徴の「盛岡冷麺」。濁りの少ない透明なスープは、牛骨ダシをメインにしています。中に入れるキムチの量を調整することで、好みの辛さに調整することができます。

4.いわて短角和牛

4.いわて短角和牛

県内の焼肉店などで提供されている「いわて短角和牛」。赤身が多く、噛むほどに美味しさが広がるのが特徴です。脂肪分が少なく、肉本来の味わいを楽しむことができる岩手のブランド牛です。

岩手土産のおすすめは?

岩手には、三陸の海の幸や前沢牛・短角牛を使用した加工品、地酒などの特産品から、老舗の銘菓や人気スイーツまで、バラエティ豊かなお土産が揃っています。

1.南部せんべい

岩手県の郷土菓子である「南部せんべい」。定番のごまや落花生のほか、イカや林檎、納豆など、個性豊かな味が取り揃えられています。

2.かもめの玉子

「かもめの玉子」は、滑らかな口当たりの黄味餡を薄いカステラ生地で包みこみ、ホワイトチョコレートでコーティングして仕上げた饅頭のこと。優しい味わいや可愛らしいサイズ感が人気のポイントです。

3.三陸海宝漬

三陸産のアワビ・いくら・めかぶを醤油ベースの出汁に漬け込んだ「三陸海宝漬」。柔らかく煮たアワビに、プチプチのいくら、粘りの強いめかぶと、食感の異なる三陸の海の幸を贅沢に味わうことができます。

おすすめツアー<宮沢賢治ゆかりの地をめぐる>

おすすめツアー<宮沢賢治ゆかりの地をめぐる>

『雨ニモマケズ』や『銀河鉄道の夜』などの作品で知られている詩人・童話作家の宮沢賢治。賢治が生まれ育った花巻市や盛岡市にはゆかりの地や童話のモチーフとなった場所が点在しています。

1.宮沢賢治童話村

1.宮沢賢治童話村

宮沢賢治の童話の世界が表現されている「宮沢賢治童話村」。施設内にある「賢治の学校」は、「ファンタジックホール」、「宇宙」、「天空」、「大地」、「水」の5つのゾーンに分かれ、賢治が思い描いたイーハトーブの世界を体感することができます。また、ログハウス展示施設「賢治の教室」では、童話に登場する「植物」「動物」「星」「鳥」「石」それぞれが展示されています。

  • 宮沢賢治童話村
    • 住所 岩手県花巻市高松26-19
    • 電話 0198-31-2211

    営業時間: 8:30〜16:30
    料金: 大人350円、高大生250円、小中学生150円
    定休日: 12月28日〜1月1日

2.宮沢賢治記念館

環境や信仰、科学や芸術など賢治の多彩な活動を知ることができる施設。賢治愛用のチェロや、自筆原稿など賢治ゆかりのものが展示されています。宮沢賢治の経歴や実績などを深く知ることができるスポットです。

  • 宮沢賢治記念館
    • 住所 岩手県花巻市矢沢第1地割1番地36
    • 電話 0198-31-2319

    営業時間: 8:30〜17:00
    料金: 大人350円、高大生250円、小中学生150円(団体割引あり)
    定休日: 12月28日〜1月1日

3.光原社

宮沢賢治が生前に刊行した童話集「注文の多い料理店」を出版した光原社。現在は民藝店として伝統工芸品を販売しているほか、名物くるみクッキーを楽しめる喫茶「可否館」や、くるみクッキーを中心とした食品土産物店「モーリオ」など複数の施設があります。

  • 光原社
    • 住所 岩手県盛岡市材木町2-18
    • 電話 019-622-2894

    営業時間:10:00~18:00(1月5日~3月15日は17:30まで)
    料金: 入館料なし
    定休日: 毎月15日(15日が土日祭日の場合翌日に振替)

Text by:宮本拓海(みやもと たくみ)
1994年生まれ。岩手県奥州市出身。
2019年4月よりフリーランスライターとして活動中。

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索