HOME 東北 宮城 仙台・松島 宮城県で行くべき、おすすめ紅葉スポット&見頃10選
宮城県で行くべき、おすすめ紅葉スポット&見頃10選

宮城県で行くべき、おすすめ紅葉スポット&見頃10選

公開日: 2020/06/03
更新日: 2020/07/02

日本の秋に欠かせないものといえば紅葉。自然に恵まれた宮城県には、紅葉の絶景を楽しめるスポットが点在しています。今回は県内にある紅葉名所のなかから、10スポットを厳選しご紹介。渓谷や寺社まで、趣ある名所を楽しんでみませんか?

上写真提供:円通院

1.V字渓谷が赤や黄に染まる【鳴子峡】

1.V字渓谷が赤や黄に染まる【鳴子峡】
写真提供:宮城県観光課

JR鳴子温泉駅から車で10分程の場所にある「鳴子峡」は、宮城県を代表する紅葉の名所です。見ごろは例年10月下旬から11月上旬頃。約2.6キロメートル続く深さ100メートルの大渓谷が、ブナやカエデにより色鮮やかに色づきます。

ビューポイントは「鳴子峡レストハウス」の敷地内にある展望台。渓谷に架かる橋と紅葉の姿は、絵画のような美しさです。

  • 鳴子峡
    • 住所 宮城県大崎市鳴子温泉尿前地内
    • 電話番号:0229-87-2050(鳴子レストハウス)
      見学自由

2.名刹が艶やかに彩られる【円通院】

2.名刹が艶やかに彩られる【円通院】
写真提供:円通院

宮城県観光の定番である松島も、紅葉の人気スポット。なかでも評判なのが、1647年に建立された「円通院」です。JR松島海岸駅から徒歩5分と、アクセスも抜群。境内に設けられた4つの庭園では、日本ならではの美しさを体感できます。

写真提供:円通院

紅葉の見ごろは、例年10月下旬から11月中旬頃。シーズン中は庭園がライトアップされ、ドラマティックな光景へと様変わり。本堂の前に広がる「心字の池」の水面に紅葉が映る「逆さもみじ」は必見です。

※新型コロナウイルスの感染拡大予防のため、2020年4月7日より当面の間、拝観を停止しています。

  • 円通院
    • 住所 宮城県宮城郡松島町松島町内67
    • 電話 022-354-3206
    • 拝観時間:8:30~17:00(10月下旬~11月は~16:30、12~3月は9:00~16:00)、ライトアップ/10月下旬~11月、17:30~21:00
      拝観料:300円、高校生150円、小・中学生100円、ライトアップ/500円、高校生150円、小・中学生100円
      定休日:無休

3.「神の絨毯」と呼ばれる絶景【栗駒山】

3.「神の絨毯」と呼ばれる絶景【栗駒山】
写真提供:宮城県観光課

宮城県岩手県秋田県の三県にまたがる「栗駒山」は、ダイナミックな紅葉を楽しめるスポット。9月中旬から10月中旬にかけて、ブナやナナカマドなどが紅葉。山全体が赤や黄色、オレンジに染まる姿は、その美しさから「神の絨毯」と呼ばれています。

トレッキング初心者は、比較的安全に登下山できる宮城県側の「いわかがみ平登山口」から山頂を目指すのがオススメ。いわかがみ平登山口までは、東北新幹線くりこま高原駅から車で1時間30分ほど。9月下旬から10月上旬の土・日曜、祝日には、くりこま高原駅から予約不要のアクセスバスが運行しています。

  • 栗駒山
    • 住所 宮城県栗原市栗駒沼倉
    • 電話番号:0228-25-4166(栗駒市観光物産協会)
      入山自由

4.幻想的な世界が広がる【天守閣自然公園】

4.幻想的な世界が広がる【天守閣自然公園】
写真提供:天守閣自然公園

仙台市郊外の温泉地「秋保(あきう)温泉」にある「天守閣自然公園」では、紅葉の時期になると毎年ライトアップイベントを開催。その神秘的な光景に、例年県内外から大勢の観光客が訪れます。

2019年には地元のガラス工房や万華鏡美術館とのコラボレーション企画を行なうなど、イルミネーションは毎年進化。過去にはヨーロッパの照明賞「[d]arc awards」のイベント部門で第2位を受賞したこともあるんですよ。

写真提供:天守閣自然公園

公園は日本庭園「小屋館跡庭園」や、温泉、オートキャンプ場から構成され、ライトアップが開催されるのは、日本庭園部分。30分ほどで巡ることができ、日中の散策もオススメです。

仙台駅からのアクセスは仙台駅西口バスプール8番「秋保温泉」行きの宮城交通バスに乗り「秋保温泉湯元」で下車し徒歩約15分。日中に訪れるのであれば、仙台駅西口63番バス停でタケヤ交通「秋保・川崎 仙台西部ライナー」に乗り、「木の駅前」で下車、徒歩5分ほどで到着します。

※新型コロナウイルス拡大拡大予防のため、2020年6月18日までは閉園。

  • 天守閣自然公園
    • 住所 宮城県仙台市太白区秋保町湯元源兵衛原10
    • 電話 022-398-2111
    • 開園時間:10:00~16:00(時期により変動あり、施設により異なる)、ライトアップは例年10月下旬~11月中旬の17:00~21:00
      入園料:3~11月(ライトアップ時期除く)/中学生以上400円、4歳~小学生100円(12月~2月は半額)、ライトアップ期間/中学生以上500円、4歳~小学生200円(すべて税込)
      定休日:12~2月の第3金曜、12月31日、1月1日

5.秋色の山岳ロード【蔵王エコーライン】

5.秋色の山岳ロード【蔵王エコーライン】
写真提供:宮城県観光課

ドライブしながら紅葉を満喫するなら、蔵王連峰を東西に横断する山岳観光道路「蔵王エコーライン」がイチオシです。ドライブルートには、エメラルドグリーンに輝く火口湖・御釜(おかま)や、3つの滝を遠望できる滝見台(たきみだい)や、迫力満点の不動明王像といった見どころが点在。紅葉との眺めは格別の美しさです。

蔵王の紅葉は山頂付近から色付き始めます。山頂付近は9月下旬から10月上旬、麓は10月中旬から下旬が例年の見ごろとなります。蔵王エコーライン入口へは東北自動車道村田ICから20分程で到着します。

  • 蔵王エコーライン
    • 住所 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉
    • 電話番号:0224-34-2725(蔵王町観光案内所)
      通行期間:4月下旬~11月上旬のみ通行可能
      料金:通行無料

6.紅葉と滝とのコラボが見事【秋保大滝】

6.紅葉と滝とのコラボが見事【秋保大滝】
写真提供:(公財)仙台観光国際協会

「日本三名瀑」のひとつに指定される瀑布「秋保大滝」では、豪快に流れ落ちる滝と紅葉との風情ある光景を堪能。遊歩道や階段が整備されているので、滝壺の近くまで行き、迫力ある景色を間近で見ることができます。大駐車場から滝壺までは徒歩で30分ほど。階段は段差があり滑りやすいため、歩きやすい靴で出かけましょう。

見ごろは10月中旬から11月上旬頃。大駐車場までは、JR愛子駅2番乗り場から、市営バス「秋保温泉・二口方面線」に乗り、「秋保大滝」で下車すぐです。JR仙台駅からは土・日曜、祝日のみバスが運行されています(西口バスプール8番乗り場から乗車。秋保大滝行「秋保大滝」下車)。

  • 秋保大滝
    • 住所 宮城県仙台市太白区秋保町馬場大滝地内
    • 電話番号:022-399-2323(秋保温泉郷観光案内所)
      見学自由

7.絵画のような美しさ【長老湖】

7.絵画のような美しさ【長老湖】
写真提供:七ヶ宿町観光協会

「長老湖」は、青く澄んだ湖面が美しい湖。秋になると、周囲を取り囲むブナやナラ、カエデなどの広葉樹が色づき、紅葉した山が湖面に映る姿はまるで絵画のよう!

例年の見ごろは10月中旬から11月上旬頃。アクセスは車の利用がオススメです。公共交通機関を利用する場合は、バスの乗り換えが生じるほか本数が少ないため、時間に余裕をもって訪れましょう(バスを利用する場合のアクセス:JR東北新幹線白石蔵王駅から七ヶ宿町営バス「役場行き」で約45分。終点で下車し、七ヶ宿町営バス「横川・長老行き」に乗り換えて25分、終点下車、徒歩10分)。

  • 長老湖
    • 住所 宮城県刈田郡七ヶ宿町字長老
    • 電話番号:0224-37-2177(七ヶ宿町ふるさと振興課)
      見学自由

8.和を感じる景観が見事【定義如来西方寺】

8.和を感じる景観が見事【定義如来西方寺】
写真提供:(公財)仙台観光国際協会

仙台市郊外の山奥に佇む「定義如来西方寺/じょうぎにょらいさいほうじ(極楽山西方寺)」。1706年に開山、縁結びや子宝、安全祈願に御利益があるといわれています。秋には境内の木々が紅葉し、趣ある光景に。紅葉を背に建つ高さ29メートルの五重塔など、日本らしい景色は必見です。

見ごろは例年10月下旬。アクセスは、JR仙台駅西口バスターミナル10番乗場から「定義行き」の仙台市営バスに乗車し、終点で下車します。乗車時間は約75分と長めですが、仙台駅から直通なので安心して利用できます。

  • 定義如来西方寺
    • 住所 宮城県仙台市青葉区大倉字上下1
    • 電話 022-393-2011
    • 参拝自由

9.つり橋から紅葉を一望【横川渓谷】

9.つり橋から紅葉を一望【横川渓谷】
写真提供:七ヶ宿町観光協会

渓谷の両岸をブナやナラなどの広葉樹が彩る「横川渓谷」。例年10月上旬~11月下旬頃に紅葉の見ごろを迎えます。ビュースポットは、延長120メートルの東北一大きな吊り橋「やまびこ吊り橋」。橋の中央から眺める雄大な景色は、息をのむ美しさです。

最寄りのバス停はあるものの、本数に限りがあるためアクセスは車がオススメ。公共交通機関を利用する場合は、JR東北本線白石駅から町営バス「七ヶ宿町役場行き」に乗り終点で下車。町営バス「横川・長老行き」に乗り換え約12分。「青少年旅行村」で下車し、徒歩5分ほどで到着します。

  • 横川渓谷
    • 住所 宮城県刈田郡七ヶ宿町横川
    • 電話番号:0224-37-2177(七ヶ宿町ふるさと振興課)
      見学自由

10.優美な滝に魅了される【滑津大滝】

10.優美な滝に魅了される【滑津大滝】
写真提供:七ヶ宿町観光協会

宮城県有数の名瀑「滑大滝(なめつおおたき)」。凝灰岩が階段状になっていることから「二階滝」とも言われています。高さは約10メートル、幅は約30メートル。水量が多く、川幅いっぱいに流れ落ちる姿は見る者を圧倒します。周囲を彩るブナやナラなどの広葉樹が見ごろとなるのは、10月中旬から11月上旬。隣接する「旬の市七ヶ宿(しちかしゅく)」の駐車場に設けられた「滝見台」がビュースポットです。また、例年紅葉の時期には、ライトアップも開催されます。

アクセスは、JR白石駅からバスに乗り、「七ヶ宿町役場」で下車。町営バスに乗り換え「滑大滝」で下車、徒歩2分です。バスは本数が限られているため、利用する場合は時間に余裕をもって訪れましょう。

  • 滑川大滝
    • 住所 宮城県刈田郡七ヶ宿町滑津
    • 電話番号:0224-37-2177(七ヶ宿町ふるさと振興課)
      見学自由

いかがでしたか?紅葉の見ごろやライトアップの開催内容は年によって異なるので、市町村の公式ホームページなどで情報をチェックしてからお出かけください。

Text by:株式会社シュープレス

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索