HOME 東京・東京周辺 神奈川 鎌倉 鎌倉×寺院 訪日外国人の人気施設ランキング 2019年7月
鎌倉×寺院 訪日外国人の人気施設ランキング 2019年7月

鎌倉×寺院 訪日外国人の人気施設ランキング 2019年7月

公開日: 2019/08/15

日本最大級の訪日外国人観光客向け観光情報サービス「LIVE JAPAN」に登録されている鎌倉寺院の中から、外国人が実際にページを見た場所をランキング形式で紹介します。
例えば、「長谷寺」,「鎌倉大仏殿高徳院」,「建長寺」など注目のお店も入っていました。鎌倉に行く際は参考にしてみてください。

第1位:長谷寺

第1位:長谷寺

長谷寺の歴史は古く、鎌倉時代以前の736年開創と伝えられる古刹。本尊の十一面観音は、高さ9.18メートルある日本最大級の木造の仏像である。十一面観音菩薩像が安置される観音堂が建っている上境内には、主要な諸堂宇が建ち並ぶほか、鎌倉の海と町並みが一望できる見晴台があり、鎌倉でも有数の景勝地だ。庭は周囲を散策できる回遊式庭園となっており、通年四季折々の花木(ハクモクレンソメイヨシノ、アジサイ、キンモクセイ、ツバキ等)に彩られ、鎌倉の西方極楽浄土と呼ぶに相応しい風情である。その他、写経体験や観音ミュージアムもあり、仏教に触れながら楽しむことが可能。アクセスは、江ノ島電鉄「長谷」駅より徒歩5分。

第2位:鎌倉大仏殿高徳院

第2位:鎌倉大仏殿高徳院

浄土宗の仏教寺院で、開祖は法然上人である。高徳院の本尊、国宝・銅造阿弥陀如来坐像は露坐の大仏として名高い。像高約11.3メートル、重量約121トンを測るこの仏像は、ほぼ造立当初の像容を保っている。日本の仏教芸術史上、価値が高いとされている。造立が開始されたのは1252年。しかし、創建当時の事情には不明な部分が多く、未だ尊像の作者すら特定できていない。創建750年余を経た尊像は、仏教東伝の象徴として、宗派の別を問わず国内外数多くの仏教徒の信仰を集めている。大仏の胎内拝観が可能で、大仏像が高度な技法を駆使して鋳造されたことを確認することができる。江ノ島電鉄「長谷」駅より徒歩約7分。

第3位:建長寺

第3位:建長寺

古都・鎌倉にある由緒あるお寺。鎌倉五山第一位、臨済宗建長寺派大本山。1253年、当時の執権・北条時頼が、国家の興隆と北条家の菩提のため、中国・宋の高僧を招いて建立した寺院である。道場では1,000人を越える修行僧が修行をしていたと伝えられる。建長寺の顔ともいえるのが、1775年に落成された三門(山門)である。現在は屋根が茅葺から銅葺となり、平成の大改修を経て建立当時の威風堂々たる姿を見せている。三門の先には本尊の地蔵菩薩を祭る仏殿、千手観音像を安置する法堂、宝冠釈迦如来像を安置する方丈(龍王殿)と見事な伽藍が続く。ほかにも開山大覚禅師像をはじめとした国宝4点、北条時頼坐像など重要文化財約20点を有する。JR横須賀線「北鎌倉」駅より鎌倉駅方面に向かって徒歩約15分。

第4位:円覚寺

第4位:円覚寺

円覚寺は、丘陵地が浸食された谷に沿って建てられた、臨済宗円覚寺派の本山となる寺院である。1282年、国家の安泰と禅の普及、そして時の戦いで亡くなった人々を敵も味方も分け隔てなく弔いたいとの願いから、当時の執権である北条時宗により建立。土地の高低差を利用し、徐々に登って行くようにお堂が配置された景観は実に壮大である。境内の入り口にそびえる三門(山門)をくぐるとご本尊を祀る仏殿があり、行事や毎朝の座禅がおこなわれている。他にも、禅を志す修行者の専門道場である居士林や、お釈迦様の歯が祀られているという国宝の舎利殿、同じく国宝となっている関東で最も大きい洪鐘(高さ259.5センチメートル)など、さまざまな歴史的建造物を見ることができる。JR横須賀線「北鎌倉」駅より徒歩1分。

第5位:杉本寺

第5位:杉本寺

鎌倉最古のお寺。本尊は三体の十一面観音。鎌倉・坂東三十三観音霊場第1番札所である。734年光明皇后の願いにより、僧侶の行基が建立。鎌倉時代に火災にあった時、ご本尊が自ら境内にある杉の木の下に逃れて火を避けたという言い伝えから、「杉の下の観音」と呼ばれるようになった。毎月1日・18日には護摩供が行われる。本堂と仁王門は寺院建築には珍しい茅葺屋根。境内一帯にはさまざまな花や草木が植えられ、春の桜、夏の紫陽花、秋の紅葉、冬の山茶花などオールシーズン美しい。イワタバコやホタルブクロなどの可憐な野草も楽しむことができる。JR横須賀線「鎌倉」駅から京急バスに乗り、「杉本観音」下車徒歩1分。

第6位:瑞泉寺

第6位:瑞泉寺

瑞泉寺は1327年に夢窓国師によって建立された。禅宗寺院の中では鎌倉五山に次ぐ関東十刹に数えられる由緒ある寺院である。夢窓国師は鎌倉〜南北朝期にかけての臨済宗の禅僧で円覚寺など五山の住職を歴任した高僧。作庭でも名を馳せ、世界遺産である京都の西芳寺(苔寺)など多くの庭園を手掛けた。本堂裏には彼の作庭になる庭園がある。岩盤を削り、水を配した禅宗様庭園は見どころ。瑞泉寺はまた鎌倉の花の寺、紅葉の名所としても有名。早春の梅、夏の芙蓉、冬の水仙など季節ごとに花が楽しめる。さらに晩秋の紅葉は地名の「紅葉ヶ谷」や、山号「錦屏山」が示すように、境内と周囲の山々が一斉に紅葉し圧巻である。JR「鎌倉」駅東口より大塔宮行きバスに乗り、「大塔宮」下車徒歩15分。

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

東京がはじめての方におすすめの記事
検索