HOME 関西 大阪 梅田・大阪駅・北新地 大阪のショッピングスポットおすすめTOP15(2022年LIVE JAPANランキング)
大阪のショッピングスポットおすすめTOP15(2022年LIVE JAPANランキング)

大阪のショッピングスポットおすすめTOP15(2022年LIVE JAPANランキング)

公開日: 2019/12/09
更新日: 2022/02/28

大阪のどこを旅しても、何を買うにしても、大阪にはあなたの旅程にあったショッピングモールがきっとあるはずです。大阪は日本有数の大都市で、豊かな文化と歴史があり、観光だけでなくショッピングもたっぷり楽しめる街です。

大阪には地域ごとにいろいろなショッピングモールがあり、どのモールも個性的な特徴があります。この記事では過去「LIVE JAPAN」で紹介した大阪のショッピング施設の中から、SNSなどで読者から人気のあった15のショッピングモールをランキングでご紹介しますので、どこでお買い物をするか、この記事を読んで決めてくださいね!

1

ヨドバシ梅田タワー / LINKS UMEDA:エレクトロニクスからファッションまで

ヨドバシ梅田タワー / LINKS UMEDA:エレクトロニクスからファッションまで

ヨドバシ梅田タワーは、2019年にJR大阪駅北側にオープンしました。ヨドバシマルチメディア梅田、LINKS UMEDA(リンクス梅田、約200の店舗が入っている商業施設)、ホテル阪急レスパイア大阪(約1000室の客室があり、ロビー横には日本庭園もあるホテル)の複合商業施設です。ショッピング施設のほかにも「リンクスマルシェ イート&ウォーク」という梅田エリアで最大のフードマーケットが入っています。

日本最大級の家電量販店「ヨドバシカメラ マルチメディア梅田」は、ヨドバシ梅田タワーの地下2階から地上4階までを占めています。デジタルカメラ、パソコン、AV機器、ゲーム、家電製品などが販売されています。家電製品の取り扱いだけでなく、2階には日本製品を集めたお土産コーナーや、日本酒、焼酎、ワインなどを取り揃えたお酒のコーナーもあります。

日本で限定品やコレクターズアイテムを探しているなら、5階のガチャガチャマシンへ。建物の9階から13階は1000台収容の駐車場があり、自家用車で来店しても駐車場探しで困ることはありません。

LINKS UMEDA(リンクス梅田)は、ショッピングとグルメが楽しめる地上8階建て、地下2階の商業施設です。ファッションを扱うフロアが多く、洋服やアクセサリー、雑貨、スポーツ用品、インテリアなどを扱うお店が並んでいます。8階はレストランフロアで、お好み焼き串揚げなどの大阪名物から、イタリアン、中華、韓国料理などの世界各国の料理までそろっています。

ヨドバシ梅田タワー / LINKS UMEDAには、多言語対応の看板があり、外国語を話せるスタッフがいるので、日本語に自信のない旅行者にとってもショッピング天国です。ヨドバシ梅田タワーのバスターミナルは、福岡、東京、千葉、埼玉など日本の主要都市へのハブとなっており、日本各地を訪れたい旅行者にとって絶好の拠点となっています。

2

なんばパークス:世界でも指折りの美しい空中庭園があるモール

なんばパークス:世界でも指折りの美しい空中庭園があるモール

なんばパークスはショッピングモールと緑地の複合施設で、地上から9階まで続く屋上庭園があります。という解説は、控えめな表現かもしれません。このデザインはアメリカ人建築家ジョン・ジャーディーが未来の大阪のビジョンを表現したもので、CNNトラベルは「世界最高の空中庭園」の第3位になんばパークスをランクインさせています。ここに遊びに来れば、ショッピングを満喫しながら絶景も楽しめるのです。

なんばパークスには200を超えるファッション、化粧品と美容製品、ホビーとライフスタイル、キッズ&ベビーなどのショップがあります。ハイファッションが好きなら、日本の高級ブランド「COMME des GARCONS(コムデギャルソン)」は見逃せません。アーバンファッションが好きなら「ANATOMY OF HEARING(アナトミー・オブ・ヒアリング)」などのショップで新しいトレンドをチェックすることができます。

3階と4階には自然豊かなパークスガーデンがあり、テイクアウトのドリンクを飲みながらくつろぐことができます。家族連れは5階の「ダッドウェイ・プレイ・スタジオ」へ。生後6カ月から6歳までのお子様向けの施設で、両親がくつろぐあいだ、子供たちはいろいろなおもちゃで遊んだり、遊具をよじ登ったり滑り降りたりと、あり余る体力を発散できる場となっています。

なんばパークスは、難波駅に近いので関西国際空港からの足回りがよく、キャッシュレス決済や無料Wi-Fiはもちろん、免税でお買い物もできます。

3

イオンモールりんくう泉南:美しい海と夕日が見えるショッピングモール

イオンモールりんくう泉南:美しい海と夕日が見えるショッピングモール

イオンモールりんくう泉南は大阪湾に面したショッピングモールで、関西空港から電車とバスで20分ほどです。15万2000㎡の敷地内には約170の店舗と映画館があります。2階にあるフードコートのテラス席からは美しい海だけでなく、関西空港を飛び立つ飛行機が一日中見られます。

イオンモールの横には「泉南りんくう公園 - SENNAN LONG PARK(泉南ロングパーク)」があり、アクティビティ施設が充実。なかでも西日本最大のアスレチック施設「ハートスロブ HEARTTHROB」は地上4階、高さ15.5mという圧巻の大きさ。このほか園内にはグランピング施設や食材持ち込み可のバーベキュー施設などがありますので、イオンモールりんくう泉南で買い出しをし、準備万端で遊びに行きたいですね。

夕方になるとイオン2階フードコートからは「日本の夕日百選」に選ばれた「マーブルビーチ」の夕日が見られます。海と夕日を眺めながら食べる大阪名物(たこ焼きお好み焼き、焼きそば)は忘れられない思い出になりそう。

イオンモールりんくう泉南では、訪日観光客が関西空港から出国前に立ち寄ることも多いため、店内には多言語サインが完備され、インフォメーションデスクでは翻訳機を使った多言語対応が可能です。また、スーツケースを預けられる大型コインロッカー(カートロッカー)や、キッズ向け施設(キッズトイレやキッズプレイルーム)も完備されています。

  • イオンモールりんくう泉南
    イオンモールりんくう泉南
    • 住所 〒590-0535 大阪府泉南市りんくう南浜3−12
    • 最寄駅 主要駅からイオンモールりんくう泉南へのアクセス
      ・関西空港から電車とバスで(約20分)
      JR関西空港線で、関西空港駅からりんくうタウン駅へ。南海ウイングバスに乗り換え「イオンモールりんくう泉南」で下車。

      ・大阪駅から電車とバスで(約1時間)
      JR大阪環状線 関西空港行で、大阪駅からりんくうタウン駅へ。南海ウイングバスに乗り換え「イオンモールりんくう泉南」で下車。
    • 電話 072-480-6000
4

ユニバーサル・シティウォーク大阪:エンターテインメントの中心でショッピングとお食事を

ユニバーサル・シティウォーク大阪:エンターテインメントの中心でショッピングとお食事を

ユニバーサル・シティウォークは、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに隣接するショッピングとエンターテインメントの複合施設です。2001年3月22日にオープンし、レストランやユニバーサルスタジオ・ストア、ホテルなど、アメリカのショッピングモールと同じスタイルで構成されています。ユニバーサル・スタジオを訪れる人にぴったりのショッピングモールで、大阪の水族館「海遊館」からも電車ですぐの場所にあります。

大阪といえば、たこ焼き(丸い生地に小さなタコの切り身を入れて焼いた料理)が有名です。ユニバーサル・シティウォークにある「タコパ」では、1つ屋根の下に6つのたこ焼き有名店があり、たこ焼きツアーが楽しめます。日本伝統の屋台食であるたこ焼きに各店が独自のアレンジをしています。味の違いがわかるかな?

このモールには日本の有名回転寿司チェーンの「スシロー」があり、ベルトコンベアーで運ばれてくる回転寿司を手頃な値段で楽しむことができます。アメリカンスタイルの料理なら、「ハードロックカフェ」「レッドロブスター」「ババ・ガンプ・シュリンプ大阪」がおすすめです。「ピンク・クラウド」は、アメリカンスタイルのデコシェイク(見た目も美しいシェイク)のお店。西海岸をイメージし、ネオンを使った明るい雰囲気の店内です。この贅沢な創作シェイクは、写真を撮るのをお忘れなく!

5

ららぽーとEXPOCITY:万博公園内の人気ショッピングモール

ららぽーとEXPOCITY:万博公園内の人気ショッピングモール

ららぽーとEXPOCITYは大型複合施設で、万博記念公園内にあります。2015年に開業したこのモールは、万博記念公園駅から徒歩約2分。4つのアトラクションがあり、小さい子供も楽しめる「ANIPO(アニポ)」やホワイトタイガーがいる体験型ミュージアム「NIFREL(ニフレル)」、日本一の大観覧車「OSAKA WHEEL(オオサカホイール)」といったアミューズメント施設もあり、ショッピングと遊びを一度に楽しむことができます。17万2000㎡の店内にはキッズトイレ、車椅子優先トイレ(オストメイト対応)も完備されています。

ららぽーとEXPOCITYはグリーンサイドとオレンジサイドに大きく分かれています。入って右手にあるグリーンサイドは1階に無印良品、2階にユニクロなど訪日観光客から人気のお店もあり、3階にフードコートとキャラクターショップがあります。3階のキディランド(キッズ向けショップ)やサンリオギフトゲート、ジブリのどんぐり共和国では、かわいいおみやげをいろいろと選べます。

入って左手のオレンジサイドは1階にレストラン棟「EXPO KITCHEN」があり、ニフレルや大観覧車のあるアミューズメントエリアとつながっています。

万博記念公園で人気の撮影スポットは、1970年の大阪万博を象徴するモニュメント「太陽の像」です。太陽の像の地下にあるミュージアムショップではTシャツやグッズなどのお土産を売っています。

  • ららぽーとEXPOCITY
    ららぽーとEXPOCITY
    • 住所 〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園2−1
    • 電話 066-170-5590
6

心斎橋PARCO:スタイリッシュな西日本旗艦店が多数入店!

心斎橋PARCO:スタイリッシュな西日本旗艦店が多数入店!

心斎橋PARCOは2020年11月20日に開業したばかり。デザイナーの才能発掘と流行の発信をモットーとするファッションモールPARCOの唯一の関西にある店舗です。地下鉄心斎橋駅からのアクセスが良く、約5万8000㎡の店内にはラグジュアリーブランドからカジュアルブランドまで約170店舗が出店しています。

気鋭デザイナーズブランドの「KOLOR」、巨大ハンバーガーが店内に飾られたセレクトショップ「W by SECRET BASE」は日本でのおみやげ選びにおすすめ。高級感のある「エンポリオ・アルマーニ・カフェ」でのティータイムはインスタグラムで紹介したい美しいデザートが楽しめます。

心斎橋PARCOの14階にあるPARCOイベントホールと地下1階のPARCOポップアップギャラリーでは、現代アートを中心とした展覧会も開催されます。PARCOのセンスの良さを感じられる企画が多く、見ごたえがありますので訪れた際にはチェックしてみてください。

地下1階に2021年3月にオープンした「心斎橋ネオン食堂街」は、写真映え間違いなしのカラフルなエンターテインメント空間として話題です。気軽に座れるオープンな空間はリーズナブルな大衆グルメの宝庫。買い物途中の小腹を満たすのに便利な場所です。

  • 心斎橋PARCO
    心斎橋PARCO
    • 住所 〒542-0085 大阪府大阪市中央区心斎橋筋1丁目8−3
    • 電話 067-711-7400
7

天王寺ミオ:若い女性のファッションの聖地

天王寺ミオ:若い女性のファッションの聖地

天王寺ミオは大阪の南の玄関といわれる天王寺駅直結のショッピングモールです。本館とプラザ館の2つのビルがあります。天王寺ミオにある350店舗のうち、約180店舗は免税対応店です。

天王寺ミオは、「Mio(イタリア語で私の意味)」と「澪標(みおつくし、水先案内版)」の造語で「私の水先案内人」という意味が込められています。

天王寺ミオには日本の若い女の子に人気の「きれいめ系」と呼ばれるスタイルのお店がたくさんあります。このトレンドは現在日本で流行しており、清楚でクラシックな見た目を追う、いわば日本版プレッピーファッションです。日本のブランド「Adam et Rope」や「An MILLE」で、日本のファッション・トレンドをチェックしてみてください。

天王寺ミオのカフェやレストランは100店舗もあり、お気に入りの店でショッピングする女性たちの憩いの場となっています。「甘党まえだ」は和菓子、とくに大阪風みたらし団子の専門店です。「お好み焼きゆかり」もおすすめです。

天王寺エリアは関西国際空港から30分圏内なので、大阪でトランジット・タイムを過ごす人にはうってつけのエリアといえます。天王寺ミオの近くには、オープンスペースにカフェが立ち並ぶ天王寺公園、小さいながら大阪を代表する展望台の「通天閣」、そして新世界市場などがあります。

  • 天王寺ミオ
    • 住所 543-0055 大阪府大阪市天王寺区悲田院町10-39
      地図をみる
    • 最寄駅 天王寺 駅 (JR 関西本線 / JR 大和路線 / JR 大阪環状線 / JR 阪和線)
      徒歩1分
    • 電話 06-6770-1000
8

なんばCITY:関西国際空港に直結したショッピングモール

なんばCITY:関西国際空港に直結したショッピングモール

なんばCITYは難波駅を降りてすぐのショッピングモールで、ファッション、コスメ、雑貨、レストラン、カフェなど約230店舗が入る大型商業施設です。難波駅は南海本線の駅で、関西国際空港と直通ですから、とても便利なモールです。本館は地下2階から地上2階までの4フロア、南館は地下1階から地上2階までの3フロアで構成されています。

靴が好きな人は「ORiental TRaffic」でデザインをチェックしてみましょう。一般的な日本の靴屋より大きいサイズがそろったお店です。エコを意識した洋服やアクセサリーなら「シサム工房」へ。フェアトレードのファッションと天然素材が自慢のブランドです。

なんばCITYモールは、免税カウンター、手荷物預かりサービス、イスラム教徒のゲストのための祈祷室、無料Wi-Fiを備え、銀聯カードなどの各種クレジットカードやQR決済サービス(Alipay、WeChat Pay)に対応するなど、外国人観光客にも気軽に利用していただけるような環境を整えています。

南海難波駅の外には、パナソニックが提供する巨大スクリーンを備えたエリア「なんばガレリア」があります。スクリーンは主に広告に利用されていますが、1日平均77万人が通行するなんばガレリアはこのエリアの人気の待ち合わせ場所です。

9

あべのキューズモール:居心地がよく地元に愛されるショッピングモール

あべのキューズモール:居心地がよく地元に愛されるショッピングモール

あべのキューズモールは、大阪で3番目に大きな街として知られる阿倍野天王寺エリアに2011年に開業したショッピングモールです。オープンモールや吹き抜けなど、自然光を多く取り入れた魅力的な空間に約250の店舗が出店しています。地下鉄の阿倍野駅と天王寺駅からすぐにアクセスできます。

あべのキューズモールにはSHIBUYA109阿倍野店があり、レディースウェア、アクセサリー、シューズなどを扱う約30店舗が入っています。東京、渋谷の人気スポットのひとつであり、最新のアイテムを手頃で買いやすい価格で売っている渋谷109とあって、いつも混み合っています。1階には食料品や日用品がそろうイトーヨーカドーがあります。

西館1階のQ’sステージでは有名タレントをフィーチャーしたライブイベントも開催されてきました。あべのキューズモール内にある子供用の無料遊び場Q’sPARKでは、地元コミュニティのふれあいイベントも行われています。

10

大阪ステーションシティ:JR大阪駅にアクセス抜群のショッピングモール

大阪ステーションシティ:JR大阪駅にアクセス抜群のショッピングモール

JR大阪駅は、2011年5月4日に西日本最大級の複合商業施設として、北館と南館をつなぎリニューアルされました。

北側にはショッピングモールの「ルクア」があり、南側には17階建ての老舗デパート「大丸梅田店」があります。大阪ステーションシティの13階は日本のポップカルチャー好きにはたまらないフロアです。ポケモンセンター大阪や、車や電車のおもちゃメーカーで有名なトミカも出店しています。

大阪ステーションシティは、大阪最大級のショッピングモールというだけでなく、訪れる人を楽しませる8つのユニークな見どころがあります。北と南をつなぐエリアは「時の広場」と呼ばれ、日本の電車が好きな人にとっては絶好の観察スポットです。

「太陽の広場」はサウスゲートビルディングの16階、17階、18階の3つのテラスにあり、ひと休みしたりできる憩いの場です。夏にはビアガーデンも登場します。モールの南側には、新鮮な野菜や果物を栽培する「天空の農園(スカイファーム)」もあります。

CNNトラベルが「世界で最も美しい時計」のひとつに挙げたサウスゲートビルディングの「水の時計」は驚きの体験となることでしょう。この時計は流れ落ちる水を使って、時刻だけでなく絵やメッセージも表示します。

11

なんばスカイオ:職人が作る本物の日本のおみやげ

なんばスカイオ:職人が作る本物の日本のおみやげ

なんばスカイオは、抹茶や包丁などの日本製品を集めたショッピングモールで、大阪で本格的なお土産を買うのにぴったりの場所です。

2018年10月17日にオープンしたこの商業施設は、かつて南海電気鉄道の本社があった場所に建設されています。30階建ての高層ビルですが、ショップやレストランは2~6階にあります。各フロアには日本の伝統、文化、健康といったコンセプトが設定され、訪れる人が楽しめるようになっています。

「象印食堂」は、電気炊飯器メーカーが自社製品を紹介するために開いたレストランです。心も体も温まる浪速(大阪の別名)の家庭料理が味わえます。お茶好きならぜひ「茶寮つぼ市製茶本舗」を訪ねてみてください。ここでは日本を代表する茶人、千利休のおひざ元の緑茶が味わえます。抹茶ラテ、和菓子、お茶のお酒まで揃っています。

プロからアマチュアまで、料理人なら5階にある「JIKKO/實光刃物」の品揃えには驚かれることでしょう。大阪府市で生まれた包丁専門店で、さまざまな和包丁を販売しています。

12

心斎橋オーパ:最先端のファッションを見るならここ!

心斎橋オーパ:最先端のファッションを見るならここ!

心斎橋オーパは大阪の最新トレンドを体感できる、おしゃれ好きなら見逃せないショッピングモールです。

心斎橋といえば大阪のファッションの中心街。いつも若者でにぎわっているエリアのため、心斎橋オーパにはヤングアダルト向けブランドが多数あります。リリーブラウンなどの海外ブランドや、日本のファッションブランドEGOISTやSLYなど、若い女性から支持されるブランドがそろっています。

本館地下2階にあるFOOD STAND SHINSAIBASHIは気軽に立ち寄れるフードコート。心斎橋で働く人たちもランチによく利用する人気スポットです。海外店舗も人気の丸亀製麺のうどん、バーガーキングのハンバーガーなど、コスパよくしっかりとお腹をみたす食事ができます。

外国からのお客さんも多い土地柄、絵文字看板(ピクトグラム)によるユニバーサル対応もしています。本館地下2階に子供用トイレや多目的トイレ、オストメイトも設置、本館3階には授乳室もあるため、赤ちゃん連れでも安心してショッピングが楽しめます。

心斎橋駅」7番出口直結で電車でのアクセスがとても良いのも魅力です。オーパという変わった名称は、オリエンタルパークアベニュー(Oriental Park Avenue)の頭文字をとったものです。

心斎橋オーパへのアクセス】
地下鉄御堂筋線と長堀鶴見緑地線「心斎橋駅」7番出口直結

13

グランフロント大阪ショップ&レストラン:ショッピング&学べる複合商業施設

グランフロント大阪ショップ&レストラン:ショッピング&学べる複合商業施設

グランフロント大阪はショップ&レストラン、うめきた広場、オフィス、ホテル、高層マンションが入った複合商業施設で、北館と南館、うめきた広場の3棟に分かれています。2013年4月26日に開業しました。

南館には約170店舗があり、ファッションやインテリア、雑貨、大型書店、レストラン&カフェなど、西日本のブランド旗艦店も多数出店しています。5階はスポーツ用品のそろったフロアで登山用品やヨガウェアといった専門用品がバラエティ豊かに揃えられています。6階は大型書店のフロア。カフェも併設されていてゆったりと過ごすのにはもってこい。7階と8階はレストランフロアです。

北館はショッピングだけでなく、日本の先端技術を持つ企業や研究所が、大人から子供まで体験学習をできる「ナレッジキャピタル」を運営しています。楽しく遊んでいるうちに、日本や世界の技術と触れ合うことができる施設です。

北館のおすすめは6階にあるグラビティリサーチ梅田と近畿大学水産研究所です。海外でも人気のある好日山荘(登山とアウトドア用品専門店)が運営するグラビティリサーチ梅田では、屋内フリークライミングが楽しめます。近畿大学水産研究所では近畿大学が育てた養殖魚のお刺身定食が楽しめます。日本トップレベルの養殖技術を味わってみてください。

グランフロント大阪はJR大阪駅北新地駅からアクセスできます。JR大阪駅直結のインターコンチネンタル大阪は北館タワー20階です。

14

天保山マーケットプレース:USJ近くにあるお土産&エンターテイメント天国

天保山マーケットプレース:USJ近くにあるお土産&エンターテイメント天国

天保山マーケットプレースは、海遊館(世界最大級の水族館)に隣接するショッピングモールで、ファッション、雑貨、大阪土産などを売る約80店舗が出店しています。

「いまは昔」というショップは、かわいい柄で着心地もいい子供用の甚平を販売していて、実用的なお土産といえます。「森野サンプル」では日本のレストランの店先で見かける、驚くほどリアルなプラスチック製の食品サンプルを販売しています。気に入ったものを買って帰り、お客さんにいたずらを仕掛けてみては?

マーケットプレース内には、昭和40年の大阪の町並みを再現した「なにわ食いしんぼ横丁」という食のテーマパークがあり、イカ焼き(イカと小麦粉の生地を鉄板でプレスして焼く大阪のおやつ)、串カツ(串に刺した豚肉のフライ)、そしてもちろん、大阪定番のたこ焼きお好み焼きなどの屋台料理が人気を集めています。

レゴ・ブロックのファンなら、大阪の「レゴランド」には乗り物やたくさんのプレイエリアがあって楽しめます。もうひとつの人気スポット「アニパ動物園」は、犬猫からカピバラ、カンガルーまでいる屋内型のふれあい動物園です。屋内なので雨の日や寒い日でも家族連れで楽しめます。

1997年の開業当時、天保山大観覧車は世界一の高さを誇っていました。現在は世界一の座は失ったものの、その存在感はまだまだ健在です。ライトの色を使って夜間は天気予報もするし、生駒山や関西国際空港を望む眺望も楽しめます。

15

ルクア大阪:おしゃれな都会のワーキングウーマン御用達

ルクア大阪:おしゃれな都会のワーキングウーマン御用達

JR大阪駅に直結している「ルクア大阪」は駅の中にある商業施設としては日本最大級です。西館と東館があります。

ルクアは、実用性とラグジュアリーの両立を目指す、おしゃれなワーキングウーマンをターゲットにしています。大阪人は言葉遊びが好きな人々で、ルクアという名前は「Lifestyle(ライフスタイル)、Urban(都会)、Current(今の)、Axis(軸となるもの)」の頭文字です。

ルクアには「Look Up(上を向く)」と「Aruku(日本語で歩く)」に似た響きもあり、ウィンドウ・ショッピングや散策を楽しみながら、楽しく時間を過ごしてほしいという意味が込められています。「Mila Owen」はモダンでエレガントなデザインのウィメンズファッションを扱うお店。「BEAMS」はファッション感度の高い原宿からスタートしたブランドで、メンズとウィメンズに向けて他ブランドとのコラボレーション製品も展開しています。

ルクア1100は、バラエティ豊かな店舗が揃っています。スペシャルティ・ストアを意味する日本語、専門店(せんもんてん)の発音「1000(せん)」と、デパートを意味する百貨店(ひゃっかてん)の発音「100(ひゃく)」を組み合わせた「1100(せん・ひゃく)」は、日本語で「イーレ」とも読め、ドイツ語の「ihre(あなたの)」と同じ発音です。訪れたすべての人が楽しめる「あなたの店」という意味が込められています。

ルクア1100には、日本の有名アニメスタジオである「スタジオジブリ」の公式ショップ「どんぐり王国」や、おしゃれな雑貨を集めた「ロフト」、お茶のスーパー「ルピシア」など、さまざまな店舗があります。

  • ルクア大阪
    • 住所 530-8558 大阪府大阪市北区梅田3-1-3
      地図をみる
    • 最寄駅 大阪 駅 (JR 東海道本線 / JR 京都線 / JR 大阪環状線 / JR 神戸線 / JR 宝塚線)
    • 電話 06-6151-1111

大阪のショッピングモール選び、もう迷わないでOK!

「LIVE JAPAN」で読者から人気の大阪のショッピングモールランキング15カ所ご紹介しました。面白いモールがたくさんあり過ぎて迷いそうですね…!?それぞれのショッピングモールには個性があり、入っているお店のタイプも少し違うので、自分の欲しいお土産をはっきりさせてから出かけるのもいいですね。ショッピングモールの中にはたくさんのレストランやカフェがありますので、疲れたら美味しいものを食べてゆっくりしてください。

大阪の主要駅や関西空港から足回りの良いモールがたくさんありますから、観光スポットを見終わったら「近くにあるショッピングモール」で検索して、いちばん近いモールに足を運んでみるのも面白いかもしれません。遊んで、食べて、買い物をして、楽しい大阪旅行をお過ごしください!

※ 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の状況により提供内容や営業時間の変更、臨時休業をしている場合があります。詳細は公式サイトや公式SNSなどでご確認ください

おすすめショッピング記事

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

レンタカーの予約はこちら

関西がはじめての方におすすめの記事
検索