HOME 関西 京都 京都駅・東寺 紅葉シーズン到来!「秋の京都旅行の服装」で知っておきたい5つの対策
紅葉シーズン到来!「秋の京都旅行の服装」で知っておきたい5つの対策

紅葉シーズン到来!「秋の京都旅行の服装」で知っておきたい5つの対策

公開日: 2020/06/22
更新日: 2020/11/21

夏暑く、冬寒い京都で、快適に過ごせる秋は待ちに待った行楽シーズンです。京都市は三方を山に囲まれているうえ、市街地には神社やお寺の森がたくさんあるため、木々が色づく秋の景色はとっても美しいのです。11月初旬から12月上旬まで、燃えるように赤いモミジ、黄金色に輝くイチョウは、絶景といえるほどですが、いろんな色が重なった落ち葉もまた風情があります。天気がいい日が多いので、写真映えもバッチリ。秋の気候や気温にあわせた服装で出かけましょう。

TOP画像:Visun Khankasem / Shutterstock.com

目次
  1. 秋の京都、天気・気温は?
  2. 関西在住者が教える秋の京都旅行で知っておきたい対策
  3. 1)11月は日によっては日差しが強い
  4. 2)足元は歩きやすいスニーカーがおすすめ
  5. 3)重ね着で気温の変化に対応しましょう
  6. 4)観光地は紅葉狩りの人出が多い
  7. 5)夜のライトアップは冷えに注意
  8. ■紅葉の見どころ
  9. ・洛北エリア
  10. ・洛中エリア
  11. ・洛東エリア
  12. ・洛南エリア
  13. 結び

秋の京都、天気・気温は?

秋の京都、天気・気温は?

南禅寺や八坂神社などがある京都市南部の11月の平均最高気温は17.0℃、平均最低気温が7.8℃(気象庁発表:1981~2010年の平年値)と、少し肌寒い季節です。下旬に向かうにつれて少しずつ気温が下がって、朝晩の冷え込みが厳しくなってきますが、近年は暖冬が続いており、それほど寒さは感じません。晴れの日が多いので、紅葉を愛でながら快適に散策できるでしょう。天橋立や福知山城などがある京都の北部は、南部より気温が低いため、紅葉の時期は1週間程度早くなります。ただし年によって見頃の時期が変わるので、最新の観光情報を調べてから出かけてくださいね。

関西在住者が教える秋の京都旅行で知っておきたい対策

1)11月は日によっては日差しが強い

1)11月は日によっては日差しが強い

紅葉の頃の京都は、晴れる日が多く、日中の日差しが強いときがあります。紅葉を見るのは野外なので、帽子をかぶっていくほうが安心です。日傘だと片手が塞がれてしまうので、風景写真を撮りたい人は帽子を選んで、かばんもリュックにすると、両手が自由になって撮影がしやすくなります。

2)足元は歩きやすいスニーカーがおすすめ

2)足元は歩きやすいスニーカーがおすすめ

たくさんの木々が色づいて美しいのは、野山や神社仏閣です。広い場所が多いので、かなりの距離を歩くことになります。山道や砂利道など、足元がよくないところもあるため、安全面からも靴下をはいた上で歩きやすいスニーカーをはきましょう。いくらおしゃれでもサンダルやハイヒールは避けたほうがいいですね。

3)重ね着で気温の変化に対応しましょう

3)重ね着で気温の変化に対応しましょう

11月上旬はシャツの上に厚手のニット、またはブラウスにデニムジャケットくらいがちょうどいいですが、中~下旬になると、シャツやニットの上に、ジャケットか軽めのコートが必要になります。近年は暖冬が多いとはいえ、12月になると冬の底冷えと言われるような寒さがやってきます。また、日によって気温に差があるので、重ね着できる服を用意しておくことをおすすめします。

4)観光地は紅葉狩りの人出が多い

4)観光地は紅葉狩りの人出が多い

紅葉の見頃になると、紅葉まつりが開催される神社やお寺があります。その時期だけ、お茶席や売店が出たり、音楽などのイベントがあったり、楽しいひとときを過ごせるのですが、時節柄、人混みではマスクの着用を忘れないようにしましょう。また、秋も花粉の飛散シーズンなので、アレルギーのある人は気をつけましょう。

5)夜のライトアップは冷えに注意

5)夜のライトアップは冷えに注意
Tupungato / Shutterstock.com

晩秋になると、どんどん日が暮れる時間が早くなります。夜間のライトアップを行う神社やお寺もあって、昼間とはまた雰囲気の違う美しい紅葉を楽しむことができます。でもこの季節の夜は冷え込むので、暖かいセーターや厚手のジャケットが必要です。暖かい服装で、紅葉をゆっくり楽しみましょう。
観光地では、紅葉の季節の特別ディナーを提供するレストランもあります。事前に予約して、京料理を味わうのも旅の思い出にいいですね。

■紅葉の見どころ

・洛北エリア

貴船神社、三千院、宝泉院など

  • 三千院
    • 住所 601-1242 京都府京都市左京区大原来迎院町540
      地図をみる
    • 最寄駅 国際会館 駅 (京都市営地下鉄 烏丸線)
      バス22分
    • 電話 075-744-2531
  • 宝泉院
    • 住所 601-1241 京都府京都市左京区大原勝林院町187
      地図をみる
    • 最寄駅 国際会館 駅 (京都市営地下鉄 烏丸線)
      バス25分
    • 電話 075-744-2409

・洛中エリア

京都御苑、二条城北野天満宮など

・洛東エリア

哲学の道、法然院、永観堂、南禅寺など

  • 法然院
    • 住所 606-8422 京都府京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町30
      地図をみる
    • 最寄駅 出町柳 駅 (叡山電鉄叡山本線)
      バス11分
    • 電話 075-771-2420

・洛南エリア

東福寺、泉涌寺(せんにゅうじ)、城南宮など

結び

結び

山に囲まれた京都市内には紅葉の名所がたくさんあります。過ごしやすい季節なので、計画をたてて、いろんなところに足を延ばしてみましょう。どの場所も、桜の季節や新緑の季節とは、また違う風情を感じることができます。注意してほしいのは、予測できない寒暖差です。体温調節のために重ね着ができるような服装、またストールやマフラーなど首元を保温できるグッズがあると便利です。準備万端整えて、古都の紅葉を楽しみましょう。

Written by:

株式会社ウエストプラン

株式会社ウエストプラン

松田きこ、木村桂子、都志リサほか、関西に精通した女性ライターチーム。食べること、飲むこと、旅することが大好き! 自ら体験した楽しい情報を発信しています

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索