神社仏閣の建築様式

神社仏閣の建築様式

Update:

日本の神社や寺院の建築様式について紹介する。

神明造

神明造は、曲線をほとんど用いず、直線的なパーツによって成り立っている。屋根は三角形で、乾燥させた植物の茎を大量に敷き詰めた茅葺や、板によって作られることが多い。建物自体は柱によって地面から高い場所に作られる高床式となっている。

神明造の代表的な神社

代表的な神社は、三重県にある伊勢神宮。日本の神社を代表する大きな神社で、古くから多くの人々が参拝してきた。他には、愛知県の熱田神宮がある。

大社造

大社造は、神明造と並んで古くからある日本の神社の建築様式である。直線的な建築である神明造に比べ大社造は屋根などに曲線が用いられる特徴がある。床は神明造と同じく高床式で、いくつもの柱によって支えられている。神明造の神社が、正面から見ると左右に幅が広く造られていることに対し、大社造は奥行きを持たせた形になっている。

大社造の代表的神社

島根県にある出雲大社である。年に一度、日本中の神様が集まる神社として有名だ。

和様建築

和様建築は、中国の影響を受けて発展した禅宗様、大仏様に対し、それ以前から日本で用いられてきた建築様式を指す。天井が低く設計されるという特徴がある。平安時代の貴族が暮らしていた住居に近いような、穏やかな室内となっていることが多い。また、外周に「縁側」という板敷の通路が作られている。和様建築で有名な寺院は、京都府にある平等院鳳凰堂。伝説の鳥「鳳凰」が羽を広げたかのような、左右対称の美しい建築物だ。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする