HOME 築地 築地本願寺
  • 築地本願寺

築地本願寺

施設説明

京都の西本願寺を本山とする浄土真宗本願寺派の寺院。1617年に浅草付近に建立されたが、歴史的な大火により消失。その後与えられた土地は海上であった為、本堂再建を目指す門徒を中心に海を埋め立て、土地を築いて再建を果たした。築地という地名の由来はここにある。関東大震災により再度消失するも、1934年に再建され現在の姿に。本堂の外観は個性的な古代インド様式の石造りだが、本堂内部は伝統的な真宗寺院の造り。パイプオルガンやステンドグラスも相まって不思議な雰囲気だ。御本尊は全ての生きるものを平等に救うとされる阿弥陀如来で、その教えを親鸞聖人が人々に広めたのが浄土真宗の始まりである。本堂の左右には伝道会館があり、日本料理店やティーラウンジでくつろげ、3階には宿泊可能な施設もある。2014年、重要文化財に指定。東京メトロ日比谷線「築地」駅より徒歩1分。

施設基本情報

  • 住所

    104-8435

    東京都中央区築地3-15-1

  • 最寄駅
    築地 駅
    ・ 東京メトロ日比谷線
    徒歩1分
  • 電話
    03-3541-1131

    Our staff may only be able to communicate in Japanese.

  • 営業時間
    毎日 06:00 - 17:30
    ※本堂参拝時間、10月~3月は6:00~17:00