HOME 東京・東京周辺 東京 上野 【上野ガイド】初心者もリピーターも必見!上野の観光・グルメ・買い物のおすすめスポット30
【上野ガイド】初心者もリピーターも必見!上野の観光・グルメ・買い物のおすすめスポット30

【上野ガイド】初心者もリピーターも必見!上野の観光・グルメ・買い物のおすすめスポット30

公開日: 2019/05/17
更新日: 2019/06/03

東京都台東区にある「上野」には数多くの観光スポットがあり、国内外からの観光客で賑わう街です。

パンダの赤ちゃんの誕生で度々盛り上がりを見せる「上野動物公園」や、2016年に世界文化遺産に登録された「国立西洋美術館」、日本の懐かしい下町の雰囲気を残す「アメ横商店街」など、訪れるべきスポットのジャンルも様々。家族と、恋人と、友人と……一緒に行く人を選ばない、幅広い層に受け入れられる街と言えるでしょう。今回はそんな上野の見どころをまとめてご紹介します!
main image:f11photo / Shutterstock.com

日本における上野

上野の歴史は古く、1880年頃(日本の明治時代)からその基盤が作られていました。1876年に日本の初の公園として開園した上野公園には、美術館博物館などの文化施設が集約されていきました。1883年に上野駅が開業して以降、駅ビルや周辺デパートなどの商業施設が作られ、ますます発展していったのです。

そして1972年、上野動物園にパンダが来日したことによって日本中でブームが起こり、「上野=パンダ」という確固たるイメージを確立しました。

また、上野はアメ横をはじめ、松坂屋やABABなどショッピングスポットも充実している買い物天国。年末には正月用の買い出しに各地から人が集まりいつも以上に活気に満ち溢れ、その様子は風物詩にもなっています。

最近の上野はどんなところ?

近年でも、上野美術館博物館では貴重な作品が公開されたり、人気の展覧会を開催しているため、多くの人が訪れています。2016年に国立西洋美術館が世界文化遺産に登録されたことで、ますます注目を浴びています。

最近では、外国人観光客向けに多言語表記や支払い方法の対応を進めているところも多く、東京観光には欠かせないスポットのひとつとしての地位を築いています。

日本人にとっても、交通の便が良く物価も安いため生活に全く不便がない、娯楽も自然も身近にあることから、「住みやすい街」としても人気が出てきています。

外国人から見た上野

近年、上野は同じ区内の浅草と並び、外国人観光客に人気の観光地です。その数は、推計2,726万人(平成28年度台東区観光統計・マーケティング調査)、4年間で約2倍にまで増加しています。特に上野は、観光スポットの多くが周辺に密集していて、歩いて散策できます。

さらに、お土産を安く買うことができ、日本のいろんなグルメを食べ歩きもできる、そういった観光客ならではの希望がすべて叶えられます。観光客向けに作られたものではなく、日本の生活感が垣間見えるのも、ここ上野の魅力といえるのではないでしょうか。

芸術的感性を磨くのにピッタリな街・上野

芸術的感性を磨くのにピッタリな街・上野
cowardlion / Shutterstock.com

上野は芸術&文化の街。世界文化遺産の「国立西洋美術館」をはじめ、「上野の森美術館」「東京美術館」「東京国立博物館」「国立科学博物館」など、数多くの文化施設があります。それぞれの施設では、国内・海外の美術品展示や企画展が随時行われており、国内有数のアートスポットといえます。

また、各施設の建物自体が有名建築家によるものであったり、「寛永寺清水観音堂」や「表慶館」など歴史的建造物が多いのも特徴です。

さらに「鈴本演芸場」や「お江戸上野広小路亭」といった落語や寄席などの日本の伝統芸能に触れることができる施設もあり、上野は芸術的感性を磨くのにピッタリな街なのです。

自然の中でのんびり散策を楽しむのにもうってつけの街

自然の中でのんびり散策を楽しむのにもうってつけの街
picture cells / Shutterstock.com

上野の代表的スポットの一つである「上野恩腸(おんし)公園」は、日本初の公園。「上野の森」とも呼ばれており、駅近、都内でありながら自然に溢れています。春には桜の名所として知られ、その他の季節にも不忍池の蓮の花や冬ぼたんなど、四季を通してのんびり散策を楽しめます。

また、日本で最初の動物園である「上野動物園」など、子どもが楽しめる施設も。公園内には「スターバックスコーヒー 上野恩賜公園店」や「上野の森PARK SIDE CAFE」「Cafe Hibiki」などのカフェもあり、時間を気にせずゆっくり過ごすことができます。

商店街や飲食店が多く、見て・食べて・買って楽しい人気の商店街も!

商店街や飲食店が多く、見て・食べて・買って楽しい人気の商店街も!
Sittirak Jadlit / Shutterstock.com

上野のもう一つの顔といえば、「アメ横」の名称で知られる「アメ横商店街連合会」です。魚介類やフルーツ、アジアの食材、お菓子類などの食べ物から、スニーカーやバッグ、アクセサリーなどのファッション小物や雑貨などとにかくなんでもありで、何が売っているのかを見て回るだけでも楽しめます。

この辺りは飲食店も多く、食べ歩きができるのもうれしいところ。コロッケやたこ焼き焼き鳥など日本ならではのものから、ケバブ、小籠包、タピオカミルクティーなど多国籍グルメまで、幅広いジャンルのグルメを堪能することができます。

昼から営業している居酒屋も多く、昼から気兼ねなくお酒を飲めるのも上野ならではです。

どんなエリアがある?

上野は駅周辺に観光スポットが凝縮されていて、どこのエリアも徒歩圏内!散策にとても便利です。

<JR上野駅構内&周辺エリア>
在来線から新幹線まで多くの路線が乗り入れるJR上野駅構内は広く、改札内の「エキュート」には、お弁当スイーツ、雑貨に至るまでさまざまなお店が入っています。

また駅直結のターミナルビル「アトレ上野」にも、スーパーやファッション系など多様なお店があり、駅周辺だけでも買い物がすべて事足りてしまうほど。

公園口からは上野恩賜公園へ、不忍口からはアメ横へ、広小路口からは「マルイ」が目の前です。
▼おすすめスポット

上野恩賜公園エリア>
JR上野駅公園口を出ると、ほぼ駅に隣接するような形で「上野恩賜公園」が広がっています。公園内には、博物館美術館など約12の文化施設があります。

パンダで有名な「上野動物園」も敷地内。「上野東照宮」や「清水観音堂」など歴史的施設もあり、上野の文化、芸術、歴史の必見スポットが集約されているエリアです。
▼おすすめスポット

<アメ横商店街・御徒町エリア>
JR上野駅とJR御徒町駅間の高架下周辺の約500メートルに約400店が並ぶ「アメ横商店街連合会」を中心としたエリア。

店舗は食料品を中心に、雑貨、ジュエリー、ブランド品、化粧品類などあらゆるジャンルの商品が激安で手に入ることが多いです。各店舗に活気があり、昔ながらの日本の商店街の雰囲気が今なお残っています。

その他、多彩なジャンルの飲食店や、「ヨドバシカメラ」お得に買い物ができるディスカウントストア「多慶屋」や老舗の百貨店「松坂屋」といった大型店舗も並んでいます。
▼おすすめスポット

交通のアクセスは?

上野は、東京の中心よりも少し東側に位置する台東区にあります。主要路線が多く乗り入れているため交通の便がよく、駅周辺もとても栄えています。

<電車>
上野は、12路線が乗り入れている大型のターミナル駅です。北日本方面からの玄関口とも言われ、千葉埼玉といった関東近郊へのアクセスも良く、新幹線も通っています。成田空港からのアクセスは抜群で、京成スカイライナーを利用すれば成田空港(第一ターミナル)からは直通で約45分。新宿から約25分、東京駅からは約8分、羽田空港からは約40分ほどです。浅草へも東京メトロ銀座線で約5分、散策しながら歩いていくこともできます。銀座渋谷、表参道、六本木秋葉原築地などへも路線がつながっているため、東京観光の拠点として便利なところです。

●利用できる路線
JR…山手線、京浜東北線、東北本線、常磐線、宇都宮線(高崎線)、上野東京ライン、東北新幹線、上越新幹線、北陸新幹線
東京メトロ…銀座線、日比谷線
京成…京成本線(※京成上野駅)

<バス>
主に都営バスを中心に東京近郊の各方面へ行くことができ、他にも東京スカイツリー®まで直通でいける観光回遊型のスカイツリーシャトル®(東武バス)、台東区循環バス「めぐりん」などもあります。また、京都大阪など遠方への高速バスも多く発着しているので、外国人観光客のみならず多くの日本人も利用しています。


アートスポット、自然を感じられる公園、昔懐かしい日本の雰囲気を味わえる商店街など、様々な顔を持つ上野エリア。訪れるタイミングや季節によっても、見られるものも違ってくる場所かもしれません。あなただけの“上野”の過ごし方をぜひ見つけてみてくださいね。

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索