HOME 関西 兵庫 神戸・三宮・北野 神戸牛だけじゃない! 美食の宝庫・兵庫県のご当地グルメ7選
神戸牛だけじゃない! 美食の宝庫・兵庫県のご当地グルメ7選

神戸牛だけじゃない! 美食の宝庫・兵庫県のご当地グルメ7選

公開日: 2019/09/18
更新日: 2021/02/08

兵庫県の代表的なグルメといえば神戸牛ですが、特産品のタコや鯛を使った郷土料理や下町で愛されるB級グルメなど、地域ごとに名物料理がたくさんあります。今回は、兵庫県に訪れたらぜひ食べて欲しいご当地グルメを厳選してご紹介します。

兵庫グルメの特徴

兵庫県は北側は日本海、南側は瀬戸内海、太平洋に面し、中央は山間部と多様な食材がそろう土地。特に、明石の鯛やタコ、但馬地方の神戸牛は全国的にも有名です。また、季節ごとに旬の食材を使用した料理を楽しめるので、いつ訪れてもグルメ満喫できます。

タコの旨みを凝縮!「タコ飯」

タコの旨みを凝縮!「タコ飯」

明石で獲れるタコは、身が引き締まっていておいしいと昔から評判です。明石市の郷土料理である「タコ飯」は、干したタコとご飯を一緒に炊き込んだもの。干したタコは歯ごたえが良く、めば噛むほど味がでてきます。さらにご飯にもタコのうま味が染み込んで格別のおいしさですよ。

ふわふわ食感!ダシでいただく「明石焼」

ふわふわ食感!ダシでいただく「明石焼」

タコを使ったもう一つの名物料理が「明石焼」です。玉子とダシをたっぷりと使用した生地はやわらかな食感。中に入っているタコの歯応えのある食感も抜群です。また、「明石焼」はソースでなく、和風のダシに浸して食べます。生地にダシが染み込んで、とってもやさしい味わい。大阪のたこ焼のルーツともいわれ、地元では玉子焼ともよばれて親しまれています。

明石鯛のおいしさが詰まった「鯛めし」

明石鯛のおいしさが詰まった「鯛めし」

タコとともに、明石を代表する魚介といえば鯛。明石鯛をショウガや昆布とともに炊き込んだ「鯛めし」が有名です。鯛のだしがご飯に染み込んでいて絶品。ふっくら炊き上がった鯛の身とご飯を一緒に頬張れば鯛のうま味を余すことなく味わえます。

世界的に知られる高級和牛「神戸牛」

世界的に知られる高級和牛「神戸牛」

松坂牛や近江牛など日本のブランド牛のルーツといわれる、兵庫県産の但馬牛。その中でも、厳しい基準をクリアした肉だけに「神戸牛」という称号が与えられます。きめ細かい赤身にサシ(脂肪分)が入り込んだ霜降りが特徴。驚くほど口どけがよく、脂の甘みがたまりません。神戸牛そのものの味をしっかり味わうなら、ステーキで食べるのがおすすめです。

神戸B級グルメの代表「そばめし」

神戸B級グルメの代表「そばめし」

神戸の下町発祥の名物メニュー。ご飯と焼きそばを一緒に炒め,ソースで味をつけた料理です。鉄板の上でコテを使って焼そばを細かく刻む様子は見もの。トッピングには、牛すじとこんにゃくを甘辛く煮込んだ「ぼっかけ」やキムチ、ホルモンなどがあり、いろいろな味を堪能できます。ソースの香りが食欲をそそる、下町グルメを味わってみてください。

ショウガ醤油で食べる「姫路おでん」

ショウガ醤油で食べる「姫路おでん」

日本で冬によく食べられているおでんは、大根やタマゴ、こんにゃくなどを煮込んだ料理です。薬味は和からしが一般的ですが、姫路ではおでんにショウガ醤油をかけたり、つけたりして食べています。濃い味付けの関東煮、薄味の関西風おでんのどちらでも、ショウガ醤油で食べる場合は「姫路おでん」と呼びます。ショウガの風味がアクセントになり、さっぱりとおでんをいただくことができます。

甘いスープが特徴の「播州ラーメン」

甘いスープが特徴の「播州ラーメン」

兵庫県の中央部に位置する、北播磨地域のご当地ラーメン。一番の特徴は、醤油味をベースにした甘いスープです。ほかにレシピや条件などの基準はなく、鶏ガラや豚骨、野菜のダシを加えるなど各店で工夫を凝らした味が楽しめます。麺は細めのちぢれ麺で、チャーシューやネギ、もやしなどシンプルな具材をトッピング。コクがありつつあっさりとした、地元で半世紀にわたって愛され続けているラーメンをぜひご賞味ください。

ご当地グルメを目的とした旅行もおすすめ

今回紹介したように、兵庫県には神戸牛以外にもたくさんのおいしいものがあります。観光の中心となる神戸以外にもいろいろな場所に訪れて、ご当地グルメを楽しんでください。

Text by:株式会社ビコーシステム

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索