HOME 北海道 北海道 札幌・千歳 冬の札幌でやっておきたい10のこと!寒さも雪も思い切り楽しもう
冬の札幌でやっておきたい10のこと!寒さも雪も思い切り楽しもう

冬の札幌でやっておきたい10のこと!寒さも雪も思い切り楽しもう

公開日: 2021/02/01
更新日: 2021/11/04

札幌に初雪が降るのは11月頃。12月になると雪が積もり、3月半ばまでは札幌市内全域が雪景色になります。12~2月は、最高気温が0℃を下回る、凍えるような寒い日が続くこともしばしば。ですが、北海道・札幌らしさが満喫できるシーズンでもあるのです。ここでは、風物詩や季節ならではの体験、寒さを活かしたイベントなど、冬の札幌でやってほしいこと10項目をピックアップしました。

目次
  1. 1.真っ白な雪にまみれた遊びを満喫する
  2. 2.イルミネーションスポットで写真撮影をする
  3. 3.「さっぽろ雪まつり」で雪の芸術作品に触れる
  4. 4.札幌市円山動物園で冬の動物たちに出合う
  5. 5.大倉山へ行ってスキージャンパーの気分を味わう
  6. 6.日帰りで気軽にスキーを楽しむ
  7. 7.定山渓温泉で雪見風呂を堪能する
  8. 8.寒い冬に温かい札幌ラーメンを食べる
  9. 9.薪ストーブのあるカフェでまったり
  10. 10.冬が旬の海の幸を堪能しよう

1.真っ白な雪にまみれた遊びを満喫する

せっかく冬の札幌を訪れたのなら、やっぱり冬ならではの雪遊びを体験したいもの。札幌市内には、思い切り雪で遊べるスポットがあり、スキーやスノーボードができなくても雪の柔らかさや冷たさに触れられます。

写真提供:モエレ沼公園

札幌市街地から車で約30分の場所にあるモエレ沼公園は、イサム・ノグチが設計したことで知られる札幌の観光スポット。ここは、冬になるとそり遊びやスノーシューなどを体験できる雪遊びスポットになります。

写真提供:モエレ沼公園

なかでも公園の中央にあるモエレ山は、雪が積もるとエキサイティングなそり遊びやスキーができるエリアになります。ソリができるゾーンはネットで囲われており、それ以外のエリアではスキーやスノーボードも楽しめます。1~3月は、ガラスのピラミッドない内でソリを貸し出してくれるので(300円)、防寒の備えだけをしっかりすれば、手ぶらでもそり遊びを満喫できます。

写真提供:モエレ沼公園

新型コロナウィルス感染防止のため、2021年はレンタル品の種類がソリ(300円)とスノーシュー(300円)に限られていますが、例年は長靴や歩くスキーのレンタルもしています。利用の方法など詳細は公式HPで確認を。

電話番号:011-790-1231
営業時間:レンタルは2021年1月5日~3月7日 10:00~16:00(最終返却時間)
料金:無料
定休日:無休 ※レンタルは月曜定休(月曜が祝日の場合は翌日)
モエレ沼公園公式サイト

地下鉄東豊線福住駅からバスで約10分の場所にあるさっぽろ羊ヶ丘展望台には、1~3月敷地内にスノーパークという雪遊びエリアが登場します。エキサイティングな雪遊びを体験したい方は、雪で作った大きなすべり台を滑るチューブすべりがオススメ。風を切って滑り降りるのはなかなかスリリングで、楽し気な歓声が響きます。ほかにも雪だるま作りや新雪ダイブができるエリア、歩くスキーコースなどがあり、さまざまな方法で雪と遊べます。

電話番号:011-851-3080
営業時間:9:00~17:00(10~4月) ※季節によって変動あり。スノーパーク開催時間は10:00~16:00(最終受付は15:45)
※新型コロナウィルス感染拡大防止のため2021年の羊ヶ丘スノーパークの開幕は延期。詳細は公式HP、SNSで確認または直接電話でお問い合わせを
入場料金:大人530円、小人300円、未就学児は無料
定休日:無休
さっぽろ羊ヶ丘展望台 公式サイト

2.イルミネーションスポットで写真撮影をする

2.イルミネーションスポットで写真撮影をする
大通会場

札幌最大のイルミネーションイベントといえば、さっぽろホワイトイルミネーションです。凝っていて圧倒的なイルミネーションが並ぶメイン会場であるの大通公園のほかにも、駅前通りや南1条通りの街路樹、札幌駅南口広場にもイルミネーションが施され、札幌の中心街を歩くだけでもイルミネーション幻想的な光景をを楽しめます。

北3条広場アカプラ会場

2021年はさっぽろ雪まつりの会場展示が中止となった影響で、大通会場、駅前通会場の点灯期間が延長され、いつもよりも長く、街中のイルミネーションを楽しめます。

電話番号:011-281-6400(さっぽろホワイトイルミネーション実行委員会)
開催期間:2020年11月20日~ 会場によって最終日が異なる
※会期延長予定のため、大通会場、駅前通会場の最終日は未定。詳しくはHPを
南一条通会場・北3条広場アカプラ会場・札幌駅南口駅前広場会場 ~~2021年3月14日
定休日:無休
さっぽろホワイトイルミネーション公式サイト

地下鉄東西線の西28丁目駅から徒歩約10分の場所にある結婚式場・宮の森フランセス教会も札幌屈指のイルミネーションスポット。建物に隣接する庭が、1万個以上もの電球を使ってデザインされたイルミネーションで彩られます。

その美しさはウォーカープラスの北海道イルミネーションランキングで1位 を獲得するほど。感動的で、どこを切り取っても美しい写真になります。2020-2021年は「月のフォトスポット」と名付けられた撮影スポットが登場。芸術的な記念写真が残せます。

営業時間:2020年11月1日~~2021年3月31日 日没~~20:00(イルミネーション)
料金:無料
定休日:月・火曜、年末年始 ※イベントや結婚式などの場合は休み

  • 宮の森フランセス教会
    • 住所 〒064-0953 北海道札幌市中央区宮の森3条10丁目3-25
    • 電話 011-641-0707

ほかにも、札幌芸術の森をはじめとした南区エリアで雪灯りの祭典が開催されるなど光のイベントもいろいろ。また、新型コロナウィルス対策のため、2020年度の開催は見送られましたが、例年の冬は白い恋人パークでもイルミネーションが施されていて人気です。

3.「さっぽろ雪まつり」で雪の芸術作品に触れる

3.「さっぽろ雪まつり」で雪の芸術作品に触れる
©HTB
©北海道新聞社

北海道の冬のイベントといえば、70年を超える歴史を持つさっぽろ雪まつり。毎年2月上旬の約1週間開催され、近年では世界中から200万人を超える来場者を記録するほど人気です。

2021年は新型コロナウィルスの影響で、会場での雪像展示はなくなりましたが、公式HP上でオンラインイベントを開催。札幌の冬の魅力を伝える動画の公開や、雪まつりの歴史についての発信、写真コンテストなどが企画されています。地域ブランドのクラフト雑貨の販売やワークショップをオンラインで実施。いつもとは違う形で雪まつりを楽しめそうです。

すすきの会場
つどーむ会場
©大雪像・HBCポーランド広場©北海道放送2020

例年はメイン会場・大通公園に、陸上自衛隊の協力のもと作られた、細部まで緻密で芸術作品のような大雪像が立ち並びます。夜はライトアップされるほか、最近ではプロジェクションマッピングが行われるなど、新しい雪像の楽しみ方も始まってが広がっています。そのほか、氷像が並ぶすすきの会場、雪と遊べるつどーむ会場があります。

4.札幌市円山動物園で冬の動物たちに出合う

4.札幌市円山動物園で冬の動物たちに出合う
写真提供:札幌市円山動物園

札幌市円山動物園は、地下鉄東西線円山駅から徒歩約15分、また正門、西門のすぐ前には停まるバス停もあるりアクセスのよい動物園。動物たちののびのびとした姿が目にできる人気スポットです。冬は寒い地域に生息する動物たちが、より活発に動く様子を観察できる絶好の時期でもあります。

写真提供:札幌市円山動物園

ホッキョクグマやユキヒョウ、シセンレッサーパンダなど、寒い地域に生息する動物たちの生き生きとした姿を目の当たりにできます。

ユキヒョウ
シセンレッサーパンダ 写真提供:札幌市円山動物園

体が冷えてきたら熱帯・温帯の地域に住む動物たちがいる建物で、温まりながら動物観察をすることもできます。ひと休みできるカフェや、オリジナルグッズもそろう売店もあるので、寒くても長い時間楽しく過ごせます。

5.大倉山へ行ってスキージャンパーの気分を味わう

5.大倉山へ行ってスキージャンパーの気分を味わう

大倉山展望台は、1972年の冬季オリンピックスキージャンプ競技の舞台となった場所。札幌市街地から車で約30分です。で、ジャンプ競技場ならではの冬の絶景を満喫できるだけでなく、ウィンタースポーツを気軽に体験できます。

標高307mにある展望ラウンジからは、札幌の街が見渡せます。展望台からスキージャンパーが見るまさにその景色を楽しめ、その緊張感や高揚感を体感できます。

札幌オリンピックミュージアムは、冬季オリンピックの歴史などに触れられる博物館です。オリンピック競技を実際に体感できるコーナーもあって、年齢問わず楽しんで学べる施設になっています。

電話番号:011-641-8585
営業時間:展望台9:00~17:00(最終券売16:45)、札幌オリンピックミュージアム9:30~17:00(最終入館16:30)
※いずれも2020年11月~2021年3月の営業時間。施設により営業時間が異なる
料金:リフト券1,000円(往復)、札幌オリンピックミュージアム600円、セット券(展望台リフト+札幌オリンピックミュージアム)1,200円 ※いずれも高校生以上の金額
定休日:年末年始 ※リフトは悪天候、大会や公式練習の日は利用不可。札幌オリンピックミュージアムは月1度のメンテナンス日あり。レストランは第2・4水曜
大倉山ジャンプ競技場公式サイト

6.日帰りで気軽にスキーを楽しむ

札幌市内には、中心街から車で30分~~1時間程度の場所にスキー場が数カ所あります。レンタルグッズが充実しているスキー場も多いので、手ぶらで日帰りスキーを楽しめます。どのスポットも新北海道スタイルに添った感染症対策を徹底しているので安心して利用できます。

札幌藻岩山スキー場は、地下鉄南北線真駒内駅からバスで約20分、札幌駅から車で約30分というアクセスのよい場所にあります。スキーのみが楽しめるゲレンデで、初心者から上級者までが満喫できる10のコースを用意。レンタルにも対応し、予約も不要なので思い立ったらすぐに遊びに行ける手軽さです。

藻岩山 ナイタースキー

  • 札幌藻岩山スキー場
    • 住所 〒005-0040 北海道札幌市南区藻岩下1991
    • 電話 011-581-0914
    • 営業時間:2020年12月18日~~2021年1月1日、2021年3月1~~28日 9:00~~16:00(3月中は休業期間あり。詳細は公式HPで確認を) 2021年1月2日~~2月28日 9:00~~21:00
      ※降雪、積雪状況により変動あり ※リフト券、レンタルは現金のみ
      料金:リフト券(1回)大人370円、小人280円 (3時間)27002,700円 ※時間回数で各種あり
      定休日:期間中は無休

札幌駅から車で約20分、地下鉄東西線円山公園駅からバスで約10分という場所にある「さっぽろばんけいスキー場」。ハーフパイプやモーグルができるコースがあるほか、雪遊びのスペースも用意。レンタル品もサイズバリエーションが揃っているだけでなく、サロモンなど一流ブランドのギアも扱っています。支払いは電子マネーやクレジットカードにも対応。

雪遊びができる「わくわくスノーランド」

電話番号:011-641-0071
営業時間:例年12月中旬~~翌3月 ※降雪・積雪の状況によって変更あり
料金:リフト券(1回)大人350円、中学生以下300円 (2時間券)33003,300円 ※回数・時間の異なる各種のリフト券あり。その他食事とのセット券、レンタル品とセットの手ぶらパックなどあり
わくわくスノーランド利用料:900円(リフト券購入の場合は700円) 親子ペア(大人1人、子ども1人)14001,400円
定休日:期間中無休
さっぽろばんけいスキー 公式サイト

中心地から車で約1時間の札幌国際スキー場は、札幌駅からバス一本(1時間半)という好アクセス。レンタルの取り扱い本数が道内トップクラスで、予約いらずで最新のギアやウェアから選んでゲレンデを滑走できます。途中でスキーとスノーボードの交換にも対応してくれますよ。ほかにソリやチューブそりレンタルの用意もあり、幅広い内容が人気の秘密です。

電話番号:011-598-4511
営業時間:2020年12月1日~~2021年3月 9:00~~17:00(土・日曜、祝日は8:30~~) 2021年4月1日~~クローズ 9:00~~16:30 
料金:リフト・ゴンドラ券(1日券)4,600円 (4時間)3,900円~~ スノーエスカレータ―券(一日)1500円 ※リフト・ゴンドラの種類、時期によって料金に変動あり。その他お得なセット券を用意
定休日:期間中は無休 ※天候、積雪など状況により変更あり
札幌国際スキー場公式サイト

7.定山渓温泉で雪見風呂を堪能する

7.定山渓温泉で雪見風呂を堪能する

札幌中心街から車で約50分という場所にある札幌の奥座敷・定山渓温泉渓谷美を楽しめる人気の温泉郷ですが、冬に訪れたのなら、ぜひ雪見風呂を楽しんでください。

「定山渓温泉 花もみじ」の露天風呂
豊平峡温泉

定山渓エリアには、小金湯温泉や豊平峡温泉、薄別温泉も含めると趣向の異なる温泉宿が約20軒集まっています。多くの宿には露天風呂や屋外の景色を眺められる浴場があり、宿によって違った風情を味わえるのが魅力です。日帰り温泉に対応しているところもあるので、湯巡りをするのも楽しいです。札幌駅から約60分で温泉街に到着する直通バスもあって便利です。

冬の定山渓をさらに楽しめるイベントが毎年2月上旬に行われる雪灯路。定山渓神社を舞台にたくさんのスノーキャンドルが灯り、幻想的な景色になります。

電話番号:011-598-2012(定山渓観光協会)
定山渓観光協会公式サイト

8.寒い冬に温かい札幌ラーメンを食べる

8.寒い冬に温かい札幌ラーメンを食べる

札幌のご当地グルメといえばラーメン。伝統の濃厚な味噌ラーメンはスープが冷めにくく、またとろみもあって体の芯から体をポカポカにしてくれる一杯です。独自に調合した味噌で深い甘みとコクが味わえるものから、ピリリとした辛みを感じるもの、ニンニクがたっぷり入っているものなどまで、幅広い味があります。

また近年は味噌以外の人気店も続々登場しています。冬のおすすめは、辛みが効いた担々麺。各店オリジナリティあふれる一杯を生み出しているので、食べ比べも楽しいでしょう。

9.薪ストーブのあるカフェでまったり

9.薪ストーブのあるカフェでまったり

北海道の冬は暖房器具が欠かせません。なかでも薪ストーブは、単に部屋を暖めてくれるだけでなく、揺らぎながら炎の上がるようす様子がほっと心を癒してくれます。

森彦限定のブレンド「森の雫(748円)」

森彦は、個性的な店がひしめく円山エリアにある人気の一軒家カフェです。古い木造民家をリノベーションしており、冬には店内の薪ストーブに火が入ります。自家焙煎の香り高いコーヒーや手作りの焼き菓子などを食べながら、ゆっくりと窓の外の雪景色を楽しんで。

  • 森彦
    • 住所 〒064-0802 北海道札幌市中央区南2条西26丁目2-18
    • 電話 0800-111-4883
    • 営業時間:平日・祝日 10:00~21:00(L.O.20:30) 土・日曜 8:00~21:00(L.O.20:30)※感染拡大防止のため 当面の間短縮営業(10:00~19:00(L.O.18:30))するため来店の際には直接確認を
      定休日: なし

10.冬が旬の海の幸を堪能しよう

10.冬が旬の海の幸を堪能しよう

海水温が下がる冬は、脂がのって魚介が特に美味しくなる季節でもあります。
魚介の王様といえば、やっぱりカニ。12~~3月にかけては太平洋釧路沖の毛ガニが旬を迎えます。蒸しカニが一般的ですが、ダシも独特の味わいがあるのでや鉄砲汁などにしても美味です。

北海道の郷土料理である石狩は、鮭と味噌の旨みがマッチして体を温めてくれます。の具材として人気のタラも冬の旬魚介の代表格で、コラーゲンたっぷりのカジカやゴッコなどのも北海道ならでは。煮つけや刺身などが美味しいキンキ、ホタテやホッキなど甘みの深い貝類も、冬においしく食べられる食材です。

寒いからこそ、雪が降るからこそ楽しめることがたくさんある冬の札幌。美味しいものや遊び、イベントなどなど、冬だからこその札幌の楽しみ方を、自分なりにも探して、あなただけの「冬の札幌でやりたいこと」を見つけてみてください。

Text by:みんなのことば舎

※本記事の情報は2021年1月時点のものです。最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

この記事を読んだあなたにおすすめの施設

検索