カフェ・喫茶店・スイーツ

カフェ・喫茶店・スイーツ

Update:

日本には多種多様なカフェ・喫茶店があり、特に休日となると多くの人で賑わう。そこで提供されるスイーツも、ブームのきっかけになるほど人気がある。

日本のカフェ・喫茶店・スイーツの歴史

日本に初めて本格的な喫茶店ができたのは、1888年といわれている。最初は個人で経営する店が主流だったが、1990年代からは海外の有名コーヒー店が進出するなど、チェーン展開する店が主流に。スイーツは、日本では和菓子がまず発展したが、1870年以降は海外の洋菓子が流入。和菓子・洋菓子ともに今は大人気で、友人や恋人へのプレゼントや「自分へのご褒美」にスイーツを食べる人が多い。

カフェ・喫茶店の種類

ゆったりと高級なコーヒーを味わえる店から、手軽にテイクアウトできる比較的安い価格の店まである。単に飲み物や食べ物を提供するだけでなく、メイド服を着た女性店員と話したり、写真を撮ったりできる「メイドカフェ」や、店内に放し飼いにされた猫と触れ合える「猫カフェ」、備え付けのパソコンでインターネットができる「インターネットカフェ」などもある。

カフェ・喫茶店のマスター

個人経営する喫茶店では、店主やカウンターでコーヒーをつくる人をマスターと呼ぶ。マスターはコーヒーの味を左右する「つくり手」の役目だけでなく、客にとって話し相手でもある。「マスターと話したいから、その喫茶店に行く」という人もいるほど。

日本の代表的なスイーツ

日本人の多くはケーキが好きで、誕生日や結婚式などのイベント、ちょっと豪華なおやつがほしいときなど、よくケーキを食べる。またクレープは、手軽に食べられるスイーツとして発展。生クリームや果物をお好みで入れ、片手に持って歩きながら食べる。東京都の原宿や表参道には、クレープの有名店がいくつもある。

スイーツが食べられる場所

日本はあらゆるところでスイーツが食べられる。専門店やカフェだけでなく、ファミリーレストランや居酒屋のメニューにも、ほぼ必ずケーキやパフェ、アイスクリームなどがある。コンビニエンスストアのスイーツも人気で、数種類の商品が棚に並ぶ。スイーツ好きも認める味のクオリティで、コンビニエンスストアで新発売されたスイーツがインターネットで話題になることも。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする