寿司

寿司

Update:

日本のみならず海外でも人気の「寿司」。おいしく食べるために、どのように食べたら良いのかを知っておこう。

寿司とは

寿司とは、酢飯に生の魚介類を乗せた日本の料理である。「シャリ」と呼ばれる俵型に握られたご飯の上に、「ネタ」と呼ばれる魚介が乗せられており、醤油をつけて食べる。日本には四季があるので、季節ごとに食べごろの魚が異なり、その時期に美味しいネタも楽しめる。

寿司の歴史

寿司の前身は、「なれずし」と呼ばれる魚を寿司と米で漬け、発酵させた保存食。現在の様な「握り寿司」は、江戸時代の後期(西暦1818年頃~1830年頃)とされ、当初は屋台を中心に提供されていた。
しかし、衛生面の理由から、屋台で提供する寿司店はほぼない。

寿司の種類

寿司には一般的な「握り」の他、「細巻き」や「太巻き」「手巻き」などの巻きずしや、ネタを巻かない「ちらし寿司」などがある。また、寿司は生魚だけでなく、軽く表面を炙った「炙り寿司」や、様々な野菜を巻いた「サラダ巻き」などがあり、卵やアナゴなど、火を通したネタの寿司もある。そのため、生魚が苦手な方でも寿司を楽しむことができる。

寿司を食べる

寿司屋のテーブルに「醤油さし」と呼ばれる小さな小皿が準備されている。寿司を食べる前に、醤油さしに醤油を入れておこう。
手を使う場合には、醤油に寿司を直接つける。その際、シャリを直接醤油につけてしまうとお米が醤油を吸収してしまうため、できるだけネタの方に醤油を付ける。ワサビの有無はお店の人に頼めばよい。

江戸前な食べ方

江戸時代から正しいとされている食べ方は、甘酢でつけた薄切りのショウガ「ガリ」を使う。ガリを醤油につけ、ネタの上に乗せる。そうすることで、醤油のつけ過ぎを防ぐことができるのだ。醤油につけたガリは、お寿司と一緒に食べても良いし、元のお皿に戻して後で食べても良い。ショウガには消臭作用があり、異なるネタを食べる際に口の中をリフレッシュできる。

さまざまな寿司屋

現在では、カウンターで食べる寿司屋をはじめ、寿司の皿が店内を移動する「回転寿司」、自宅までデリバリーを行なう「出前寿司」など、さまざまなスタイルで寿司を楽しむことができる。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする