茶道

茶道

Update:

海外でも良く知られている日本の茶道。色々な決まり事があるため、とっつきにくい印象もあるかもしれない。茶道の基本や歴史について紹介する。

茶道とは

主人がお茶を立てて、振る舞い、客はそれをいただくという儀式を芸道に昇華させたのが茶道である。茶道には日本人の精神が凝縮されていると言える。例えば客を迎える際に細やかな気遣いや心配りをする「もてなし」の精神など、日本人の精神をかいま見ることができる。

茶道の歴史

現在の茶道の形式を作り上げたのは、茶人であり商人でもある安土桃山時代の千利休という人物である。千利休が客を招き、趣向を凝らして抹茶を点てる「茶の湯」は戦国武将にも多大な影響を与えた。現在は茶道には表千家、裏千家をはじめとするさまざまな流派がある。

茶室

茶道では茶会を行うための専用の部屋があり、茶室と呼ばれている。伝統的な茶室は「露地」と呼ばれる庭園の中に一つの建物として存在している。茶室には「にじり口」と呼ばれる小さな入り口から頭をかがめて入る。中の明かりは最小限に絞られている。茶室には床の間があり、掛け軸と花が飾られ、その手前に湯を沸かす「炉」がしつらえられている。

茶事・茶会

茶事は、予め招待された少人数の招待客に対して主人が行う茶会である。正式な茶事ではまず昼食として懐石料理が振る舞われ、その後「濃茶」「薄茶」の2種類の茶が点てられる。

抹茶

茶道では一般的に「抹茶」という粉末状の茶が使われる。抹茶に多く含まれるテアニンには、リラックスさせたり、集中力を高める効果がある。

お菓子

「抹茶」とともに、茶道に欠かせないのが菓子である。茶道では、お茶をよりおいしくいただくためのものとして菓子がある。菓子は、茶を飲む前にいただく。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする