能楽

能楽

Update:

能楽は、能と狂言を含んだ日本の伝統芸能であり、ユネスコの無形文化遺産に登録されている。舞台上で役者が演じる舞やストーリー、演奏されている音楽だけでなく、日本独特の感性もポイントだ。

能楽の歴史

能楽の源流は、奈良時代700年代に中国より渡来した芸能「散楽」とされている。コミカルな芸や曲芸、ものまねが行われる散楽は、寺社で行われる余興などで人気となり、庶民の間に広がっていった。能・狂言共に能楽は海外でも高い評価を受け、現在でも伝統芸能や神事として日本各地で楽しむことができる。

能役者

能楽では主人公のことを「シテ」と呼ぶ。シテの役は、人間だけでなく、神や武者の亡霊・女の亡霊・狂女・天狗・竜神など、演目ごとに幅広い。シテの相手役は「ワキ」といい、ほとんどの演目に欠かせない重要な存在である。

能の音楽

舞台では能役者の演技だけでなく、状況に合わせて演奏を行う能楽囃子も重要。使用される楽器は、横笛の「能管」、小鼓、大鼓、太鼓があり、太鼓類の打楽器を打つ時に発せられる「ヨー」という「ヤ声」・「ホー」という「ハ声」といった掛け声も舞台を盛り上げる重要な要素だ。

能舞台

能楽が演じられる能舞台は檜で作られている。なかでも特に有名なのは公的劇場の「国立能楽堂」や世界遺産・厳島神社の海上に設置された能楽堂だ。

観劇のポイント

能楽をより楽しむには観劇する前に、能楽堂の売店で「詞章」が書かれているものを購入するといい。演目の台本である詞章には、物語の流れから、登場人物の立ち位置・心情・時代背景が丁寧に書かれている。

観劇のマナー

能楽を観劇するにあたって、ドレスコードはないのでラフな服装でも問題ない。昔の能楽では演目中に観客側から拍手や掛け声が起こることも多かったが、今では観客はあまり拍手をしない。静かに観劇するのが能楽の一般的なマナーだ。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする