移動に欠かせない!日本の電車の乗り方をマスターしよう

移動に欠かせない!日本の電車の乗り方をマスターしよう

Update:

東京はJR「山手線」を中心に、地下には「東京メトロ」と「都営地下鉄」が、網の目のように張り巡らされている。どのように乗ればよいのだろうか。

切符の買い方

切符の買い方

電車の切符は券売機を使う。券売機の頭上にある表で行き先と運賃を確認し、選択。最近の券売機は、タッチパネル式が多く、英語での音声案内にも対応しているものもある。操作方法がわからない場合には、駅員のいる改札横の窓口で聞こう。特急の指定席など、切符の種類によっては窓口に行かないと買えないものもある。また、券売機はクレジットカードは使えないところが多い。

改札の通り方

改札の通り方

切符を購入したら、ホームへ続く改札口へ。投入口に切符を挿入すると、切符が吸い込まれて、改札機の反対側に切符が排出される。この切符は降りた駅でも必要なので、なくさないように持っておく。何らかの理由で機械が切符を読み込めない場合は、アラーム音とともに改札の扉が閉まる。そんな時は切符を持って駅員のいる窓口に回ってほしい。

ICカード

相互利用を行う全国の電車や地下鉄、バスの路線で共通して利用できる、プリペイド式のカードである。デポジットを払い、カードに現金を入金することで利用できる。

ICカードの使い方

ICカードの使い方

ICカードを使って自動改札を通る時には、切符のように投入口に入れず、自動改札機の上部にあるICカード読み取り部にカードをタッチさせる。カード内の金額が不足していると改札を出られないので、改札内にある自動精算機でチャージするか、改札横の窓口に行く。
ICカードでチャージした現金は、最後に払い戻しを受けることも可能である。払い戻しにはパスポートなど身分証明証の提示が必要。手数料がかかる場合も。

路面電車の乗り方

路面電車の乗り方

ちなみに、東京には「都電荒川線」という路面電車も走っている。都電では料金を払うのは切符ではなく、運賃は乗る時に現金で料金箱に入れる。おつりがないように小銭を用意するか、ICカードを利用しよう。また、都電では乗り口と降り口が別になっており、乗務員のいる前の扉が乗り口で、後ろの扉が降り口である。都電を降りる時は、停留所が近づいたらボタンを押して乗務員に知らせる。押し忘れると次の停留所まで行ってしまうこともあるので注意したい。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする