HOME 日光 厳かなパワーを秘めた「日光」で、北関東の豊かな自然を満喫
厳かなパワーを秘めた「日光」で、北関東の豊かな自然を満喫

厳かなパワーを秘めた「日光」で、北関東の豊かな自然を満喫

Update: 2016/10/21

栃木県の北西部に位置する日光には、広大な自然や由緒ある寺社仏閣などの観光スポットが満載!山岳信仰の聖地だったことから、その神秘的な雰囲気を求めて多くの人々が訪れる。

日本有数の落差を誇る大迫力の滝

日本有数の落差を誇る大迫力の滝

落差97mの壮大なスケールで日光を代表する滝「華厳ノ滝」。仏教の経典である「華厳教」から名付けられたという伝説もあり、滝は眺めているだけで神聖なエネルギーを感じる。中禅寺湖から流れ出る華厳ノ滝は、霜降ノ滝や裏見ノ滝とあわせ「日光三名瀑」と呼ばれるほどの一大観光地。専用エレベーターで観瀑台に下りると、轟音とともに水が落ちゆく滝壺を間近で鑑賞することができる。1931年には国の名勝にも指定された大迫力の滝と、その雄大な景色には心を奪われるだろう。

季節ごとの表情を楽しめる水上の名所

季節ごとの表情を楽しめる水上の名所

2万年も前に起きた噴火によって形成された湖沼「中禅寺湖」は、日光国立公園内にある。周囲が約25kmという栃木県内では最大の湖で、また日本で一番標高の高い場所にある湖(人工湖を含まない面積4平方キロメートル以上の湖)としても知られる。かつては外国人の避暑地としてにぎわった時代もあり、現在湖畔には宿泊施設や飲食店が建ち並ぶほか、温泉施設なども点在している。周囲には自然も残り、初夏のツツジや秋の紅葉など、四季折々の景色を楽しめる。

岩肌を流れ落ちる奥日光の名瀑

岩肌を流れ落ちる奥日光の名瀑

高さ70m、長さ110mの名瀑「湯滝」。二股に分かれるユニークな形状をした滝は、華厳ノ滝、竜頭ノ滝と並ぶ「奥日光三名瀑」のひとつ。戦場ヶ原から続くハイキングコースの途上にある。滝壺の近くに設けられた観瀑台からは、日光白根山のふもとにある湯ノ湖の南の壁面を70mにわたり流れ落ちる雄大な景観と、その迫力ある音を聞くことができる。滝のそばには遊歩道が整備され、滝の落ち口や側面にも近づけることから、多くの写真愛好家が訪れる。

日光の大自然を一望できる展望台

日光の大自然を一望できる展望台

中禅寺湖の東側、秋には紅葉の名所として知られる明智平。標高1437m、ロープウェイで約3分の場所にある「明智平展望台」からの眺めは、日光でもっとも素晴らしいと言われるほど。中禅寺湖、華厳ノ滝、男体山といった日光の大自然の景観を、大パノラマで望むことができる。展望台から遊歩道を使って中禅寺湖まで抜けられるので、本格的なトレッキングを楽しむ人の姿も多く見られる。また、展望台から約20分の所にある鉄塔からの眺めも必見。 四季折々の自然の息吹を存分に感じることができる。

  • Akechidaira Tenbondai
    • 住所 Hosomachi, Nikko-shi, Tochigi, 321-1445, Japan

贅を尽くした意匠は圧巻のひと言!

贅を尽くした意匠は圧巻のひと言!

江戸時代を築いた戦国大名・徳川家康を祀り、国内外から多くの観光客が訪れる神社「日光東照宮」。その起源は1616年に他界した家康を、御祭神に迎えたことによる。境内には8つの国宝と34の重要文化財を含む55棟の建物が置かれ、1999年には日光の寺社としてユネスコ世界遺産にも登録された。絢爛豪華な空気が溢れる境内の「陽明門」には、名工たちの手による極彩色の彫刻が施されている。また三猿、眠り猫といった動物の彫刻がいたるところに施されていて、思わず息を飲むほどの美しさ。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする