HOME 浅草 東京に来たら行くべき神社10選
HOME 上野 東京に来たら行くべき神社10選
HOME 原宿 東京に来たら行くべき神社10選
東京に来たら行くべき神社10選

東京に来たら行くべき神社10選

Update:

和の雰囲気を体感できる神社や寺院があるのは京都だけではない。東京に来たら訪れたい神社10カ所を紹介。

1:日枝神社

1:日枝神社

日本の政治の中心地・永田町にある日枝神社は、商売繁盛や社運隆昌にご利益があるといわれ、政財界やビジネスマンの参拝が絶えない神社。古くは江戸城を守護する役割を担っていた。日枝神社は猿が神様のお使いであることから、拝殿の左右に猿の石像が安置されている。

2:富岡八幡宮

2:富岡八幡宮

1627年に創建された神社で、8月半ばに行われる「深川八幡祭り」は350年以上の歴史があるお祭り。毎月第3日曜を除く毎週日曜日には境内で骨董市が行われ、多くの人が足を運んでいる。

3:明治神宮

3:明治神宮

明治天皇と昭憲皇太后をお祀りする神社。70万平方メートルという広大な敷地には、全国から納められた約10万本の木々で出来た緑豊かな森があり、四季折々の自然を満喫できる。新年1月1~3日の初詣に訪れる参拝者数は例年日本一で、300万人をこえる参拝者が訪れている。

4:神田明神

4:神田明神

観光客に人気の秋葉原・電気街から徒歩で行ける神田明神は、約1300年の歴史をもつ古い神社だ。武将がこの神社で勝利を祈り、日本の天下統一を果たしたことから勝負運やスポーツ運のご利益があるといわれている。日本の電機メーカー「Panasonic」の創始者・松下幸之助もこの神社に参拝を続けたひとりだ。

5:水天宮

古くから安産や子供を授けてくれる神様として信仰されている神社だ。「御子守帯」は純良な生成り木綿布を、昔ながらの自然の風合いを生かして我が子をやさしく守り支える帯としている。2016年春、新社殿に遷座した。

6:上野東照宮

6:上野東照宮

上野公園の一角にある神社で、400年間日本を統治した徳川幕府を開いた武将を祀る。国の重要文化財に指定されている石の鳥居や、参道に建ち並ぶ重厚な灯籠、金色に輝く社殿など見どころが多い。

  • 上野東照宮
    • 住所 110-0007 東京都台東区上野公園9-88
      地図をみる
    • 最寄駅 上野 駅 (北海道新幹線 / 東北新幹線 / 秋田新幹線 / 山形新幹線 / 上越新幹線 / 北陸新幹線 / 京浜東北線 / 山手線 / 東北本線 / 宇都宮線 / 高崎線 / 常磐線 / 東京メトロ銀座線 / 東京メトロ日比谷線)
      徒歩5分
    • 電話 03-3822-3455

7:根津神社

7:根津神社

日本の神話に登場する神様をお祀りする神社で1900年の歴史をもつ。神社の敷地内にある建物7棟が国指定の重要文化財になっている。真っ赤な鳥居がトンネルのように続く「千本鳥居」もくぐってみたい。

8:赤坂氷川神社

8:赤坂氷川神社

夫婦の神様と結びの神様をお祀りしていることから、古くから縁結びの神社として信仰されている神社だ。徳川8代将軍吉宗公が建立した社殿は、江戸時代からそのまま現存し、文化財に指定されている。赤坂という都会の中心にありながら、樹齢400年を超える大銀杏を始め、自然が多く残っている。

9:浅草神社

9:浅草神社

浅草神社は、浅草寺の創建に関わる3人の方を神様として祀る神社である。100基の神輿が浅草の町を移動する「三社祭」は、5月に行われる大きなイベントだ。江戸の雰囲気を体感できる祭りとして人気が高く、毎年約150万人もの人がやってくる。

  • 浅草神社
    • 住所 111-0032 東京都台東区浅草2-3-1
      地図をみる
    • 最寄駅 浅草 駅 (東京メトロ銀座線 / 都営浅草線 / 東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン) / つくばエクスプレス)
      徒歩7分
    • 電話 03-3844-1575

10:花園神社

10:花園神社

東京の繁華街・新宿に鎮座する花園神社。毎年11月に行われる「酉の市」と呼ばれるお祭りは60万人の人出で賑わう。商売繁盛の縁起物「飾り熊手」を商う店や、食べ物などを売る露店が並んで冬の寒さを感じさせない熱気に溢れる。

  • 花園神社
    • 住所 160-0022 東京都新宿区 新宿5-17-3
      地図をみる
    • 最寄駅 新宿三丁目 駅 (東京メトロ丸ノ内線 / 東京メトロ副都心線 / 都営新宿線)
    • 電話 03-3209-5265
※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする