HOME キャベツ、トマトが余ったら何を作る? 簡単&美味しい海外のおすすめ料理6選
キャベツ、トマトが余ったら何を作る? 簡単&美味しい海外のおすすめ料理6選

キャベツ、トマトが余ったら何を作る? 簡単&美味しい海外のおすすめ料理6選

公開日: 2020/04/30

残っている野菜で何を作ろう……。そんなことはありませんか? 今回は過去に公開した記事の中から、「キャベツ」「トマト」が家にあった場合の外国人おすすめ料理をご紹介します。

シンガポールの優しい春雨スープ

シンガポールの優しい春雨スープ

まずはキャベツを使った料理から。シンガポールの女性は春雨スープを作るそうです。

「家で作るのはスープ。キャベツと鶏肉と春雨と塩を入れたものです。春雨はシンガポールでよく使います」(シンガポール/女性/20代)

キャベツはもちろん、鶏肉、春雨と低カロリーな食材がそろったヘルシーなスープ。これは日本でも女性が特に喜びそう。

「あと、シンガポールでは特別な日に、キャベツにミンチ肉を入れた料理をお店で食べます。自宅で作ってみてもいいかも」(同)

それって、ロールキャベツみたいなものでしょうか?パンチの効いた味をキャベツの甘さが優しく包み込んでくれそうですね。

アメリカ流!流行のコールスロー

アメリカ流!流行のコールスロー

「コールスローを作るよ。キャベツを刻んでマヨネーズで和えるだけだから簡単でしょ。日本にもケンタッキーにあるよね」(アメリカ/女性/20代)

「アメリカといったら、キャベツがあればコールスローを作ります」(アメリカ/男性/30代)

ビネガー&マスタードなんてあか抜けた調味料はそろってなくても、マヨネーズならあるある!それに最近、ちょっとお洒落なサラダ専門店がブームで、コールスロー自体が流行ってますよね。これならキャベツをさらに簡単にお洒落カフェ気分で頂けちゃいます。

一説には、コールスローの発祥はアメリカ南邦といわれています。サンドイッチの付け合わせにも良さそうですね。

台湾の汁なし麺はキャベツがマッチ♪

台湾の汁なし麺はキャベツがマッチ♪

「汁なし麺を作りますね。麺と肉味噌、茹でたキャベツ、ニラなどを入れて醤油を入れます。台湾ではお店でもよく出てくる料理です」(台湾/女性/30代)

日本でも「台湾まぜそば」なるものが流行りました。日本風には卵黄やミンチが入っていますが、本場はキャベツを入れるんですね。肉味噌との相性が良さそう。これならキャベツをたっぷりガッツリ食べられます。

フランスのおうちごはん「トマトファルシ」

フランスのおうちごはん「トマトファルシ」

続いてはトマトを使った料理について。

「一般的な家庭料理としては、トマト1個をまるごと使ったトマトファルシが有名だね。トマトの中をくり抜いて、中に牛肉(ひき肉)・オニオンを入れてペッパーと塩・砂糖・オリーブオイルを入れてオーブンで焼くんだ。とても美味しいよ」(フランス/男性/30代)

いわゆる日本の「ピーマンの肉詰め」のような感じ?うーん、それにしてもおうちごはんまでお洒落ですね。

タイでは、脂っこいものにプラス

タイでは、脂っこいものにプラス

「トマトを入れたトムヤムクンを作ります。チャーハンに入れてもさっぱりとして美味しいし、甘酸っぱい酢豚みたいな炒め物にすることもありますよ。タイは暑いから、脂っこい料理にトマトをプラスしてさっぱりとさせたりしますね」(タイ/女性/20代)

トマト入りのトムヤムクンっておいしそう!トマトの酸味を活かすというのは、暑い気候の国ならではの活用術って感じですね。

アメリカは、BLTサンドが大好き!

アメリカは、BLTサンドが大好き!

「トマト生でもよく食べるけど、サンドイッチに挟むことも多いわ!やっぱりBLT(ベーコン、レタス、トマト)よね。ベーコンをカリカリに焼くのが面倒なときはハムにすることもあるけど。ランチに食べている人が多いかな」(アメリカ/女性/20代)

アメリカ生まれのBLTは野菜とお肉をたっぷり味わえるサンドイッチ。日本でもお馴染みですが、やっぱり本場でも愛されているんですね!

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索