施設説明

閻魔大王を本尊とする珍しいお寺。創建は1250年ごろとされる。当初は長谷にあったが、足利尊氏が由比ヶ浜海岸近くに移築、1703年に地震と津波によって倒潰したため、その翌年に現在地に移された。本堂の閻魔大王の坐像は、鎌倉時代の日本を代表する仏師、運慶の作とされる。190センチメートルの威容は迫力満点。国の重要文化財に指定されている。本堂にはまた冥界の十王の像がある。十王とは死後7日ごとに、すべての衆生を裁く十人の裁判官のこと。当時の死後の世界観が表されており、貴重な体験ができる。閻魔大王座像には「笑い閻魔」、「子喰閻魔」、「子育て閻魔」などの呼び名があり、それぞれ伝承が残っており、子育て安泰・学業成就のご利益があるとされるが撮影禁止なので注意したい。JR「北鎌倉」駅より徒歩15分。

施設基本情報

  • 住所

    247-0062

    神奈川県鎌倉市山ノ内1543

  • 最寄駅
    鎌倉 駅
    ・ 横須賀線
    ・ 江ノ島電鉄線
    徒歩15分
  • 電話
    0467-25-1095

    Our staff may only be able to communicate in Japanese.

  • 営業時間
    毎日 09:00 - 16:00