施設説明

増上寺は1393年に浄土宗第八祖酉誉聖聰上人によって開かれた。徳川将軍家の菩提寺として知られ、数々の指定文化財や宝物を有する。訪れてまず目を引くのが、堂々とした貫禄をもつ朱漆塗の「三解脱門」。東京都内有数の古い建造物であり、国の重要文化財に指定されているこの門は、東日本最大級の大きさとその美しさで見る者を圧倒する。東京タワーをバックにそびえ立つ大殿は、観光パンフレットなどでよく見かける。また、大殿の地下1階には徳川家康公没後400年にあたり開設した宝物展示室がある。英国ロイヤル・コレクション所蔵の二代将軍秀忠公台徳院殿霊廟模型を中心に、歴史的に価値ある展示品が並ぶ。境内には徳川将軍家墓所や、勝運にご利益があるとされる秘仏「黒本尊」を祭る安国殿などがあり、見所も多い。都営地下鉄三田線「御成門」駅から徒歩3分。料金は宝物展示室は一般700円、徳川将軍家墓所は一般500円、共通券は1,000円。

施設基本情報

  • 住所

    105-0011

    東京都港区 芝公園4-7-35

  • 最寄駅
    御成門 駅
    ・ 都営三田線
    徒歩3分
  • 電話
    03-3432-1431

    Our staff may only be able to communicate in Japanese.

  • 営業時間
    毎日 09:00 - 17:00
    宝物展示室、徳川将軍家墓所は10:00~16:00(最終入場 15:45)
  • 定休日
    火曜日