HOME 東京・東京周辺 東京 渋谷 安くて激ウマ!渋谷で見つけたデカ盛りコスパ抜群の人気グルメ3選
安くて激ウマ!渋谷で見つけたデカ盛りコスパ抜群の人気グルメ3選

安くて激ウマ!渋谷で見つけたデカ盛りコスパ抜群の人気グルメ3選

公開日: 2020/08/27
更新日: 2021/02/10

都市開発が進み、時代の流れとともに様相を変える街・渋谷。商業ビルやファッションブティック、飲食店など、新しいお店がたくさん登場し人気を博しています。今回は、そんな渋谷でオススメのインパクトグルメを3つピックアップしてご紹介します。

どのお店も場所はJR「渋谷」駅・ハチ公口から徒歩1分、「MAGNET by SHIBUYA109」の7Fフードコートフロア「MAG7」内にあります。アートや音楽との融合が魅力的なフロアで楽しめるインパクトグルメの数々を、さっそく見ていきましょう。

※新型コロナウイルスの影響により営業時間の変更や臨時休業をしている場合があります

モンスター級のビッグバーガーが圧巻!「ファットバーガー」

モンスター級のビッグバーガーが圧巻!「ファットバーガー」

まずご紹介するのは、「ファットバーガー」のジューシーな牛100%ハンバーガー。とくにパティを豪華に6枚重ねた、ボリューム満点の「USキングバーガー」が圧巻です。

モンスター級の見た目&おいしさを兼ね備えたハンバーガーが食べられる「ファットバーガー」は、1952年にロサンゼルスで誕生したお店です。店名の“FAT”からは“太っちょ”をイメージしがちですが、新鮮を意味するFresh(フレッシュ)、信頼や本物を意味するAuthentic(オーセンティック)、美味しいを意味するTasty(テイスティ)の頭文字をつなげた名前なのだとか。

世界に200店舗ほど展開する「ファットバーガー」ですが、ここ渋谷店が日本第1号店。ビビッドな店内は広々としており、ゆったりと本場の味を楽しめる空間になっています。テイクアウトして、MAG7のフードコートや屋上、近隣の公園などで食べる方も多いそうです。

同店は「オリジナルバーガー」680円(税別)をベースに、お好みでトッピングやアレンジを加えていくスタイル。オーストラリア産の牛100%を使用したパティは、脂の旨みも感じられる肉肉しい味わいです。

マスタード、レリッシュ、玉ねぎ、ピクルス、トマト、レタス、マヨネーズの順に重ねてバンズではさむバーガーは、本家本元と全く同じ作り方。大きさはほんの少しだけ日本仕様に小さくしてあるそうですが、それでも大満足のボリューム感です。

「オリジナルバーガー」を元に、パティを6枚に増やしたのが「USキングバーガー」2560円(税別)。さらにチーズをトッピングし、インパクト抜群、圧巻のボリュームを誇るこちらが同店イチオシの看板メニューです。

「オリジナルバーガー」と並べてみると、その大きさたるや!「USキングバーガー」はモンスター級のボリュームですが、一人で食べきってしまう女性客も多いのだそう! コレステロールゼロ、大豆油を使用して作られており、ジューシーながらもさっぱりとした味わいで食べやすいので、たしかにペロリといけちゃいそうです。

ポテトとドリンクのセットは400円(税別)。ポテトは太いタイプの「ファットフライ」か細いタイプの「スキニーフライ」の、どちらか好きなほうを選べます。

同店で扱う野菜はすべて国産野菜で、その時に仕入れられる最も新鮮でクオリティーの高いものを選別しているそう。玉ねぎのカットからソースの仕込みまで、すべて店内で一から行い作り置きもしないという徹底ぶり! “FAT”(新鮮、信頼、美味しい)が存分に詰まっています。

ちなみにお店のスマホアプリを登録すると、ドリンク全10種類がお得な飲み放題になります。本場アメリカから取り寄せたという8連タイプのドリンクバーも必見! 日本ではなかなかお目にかかれない珍しい機械です。

バーガー以外にもぜひ食べてみてほしいメニューが盛りだくさんです。4段階の辛さが選べる「バッファローチキンウィング」700円(税別)は、ハンバーガーと一緒につまみながら、お酒を楽しむ方も多い人気メニュー。「チリチーズポテト」や、注文が入ってから牛乳とアイスクリームのみで作り上げる「プレミアム・ミルクシェイク」もオススメです。

新鮮・信頼・美味しいが詰まった「ファットバーガー」。見た目にも美味しさにもインパクト抜群のお店です。

  • ファットバーガー 渋谷店
    • 住所 東京都渋谷区神南1-23-10 MAGNET by SHIBUYA109 7F MAG7
    • 電話 03-6455-3200
    • 営業時間:11:00~23:00(L.O.22:00)
      定休日:不定期(施設に準ずる)
      ※英語表記メニューあり

ボリューム満点&種類豊富な餃子が楽しめる「Theぎょるびー」

ボリューム満点&種類豊富な餃子が楽しめる「Theぎょるびー」

続いてご紹介するのは、餃子専門店「Theぎょるびー」のボリューミーな肉厚餃子です。ランチには定食メニューで、夜はお酒のおつまみとしてなど、ライフスタイルに合わせてさまざまな楽しみ方ができます。

店名の「ぎょるびー」は、“餃子”と“ビール”から名付けられたもの。定食で注文する方も増えてきているそうですが、海外から訪れるお客さんは餃子とビールで楽しむ方が多いのだとか。

お店はラウンド型になっており、カウンター席とテーブル席があります。MAG7のフードコートのすぐ脇にあるお店なので、フードコートにあるテーブル席で食べるお客さんも多いそうです。

同店の看板メニューは「肉汁 焼餃子」。小ぶりで薄皮の餃子が昨今の流行りの傾向ですが、この餃子は1つ1つが大ぶり! 肉厚の餡がモチモチの皮に包まれており、食べ応えのインパクト抜群です。

「肉汁 焼餃子」単品では4個入り420円、6個入り650円、12個入り1200円が用意されています。定食メニューの場合は、ライスとスープが付いて餃子6個750円、ダブルの餃子12個は1400円(すべて税別)。

100回以上の試行錯誤の上で完成したという餃子。肉は国内産和豚の頭肉と腕肉のみを使用し、モチモチで食べ応えのある皮に包まれています。噛むとジューシーな肉汁がたっぷりと出てきて、肉の旨みが口いっぱいに広がります。

同店では「肉汁 焼餃子」のほかにも、通常サイズで楽しめる様々なフレーバーの焼餃子が用意されています。写真手前が「肉汁 焼餃子」、奥は「しそ餃子」。並べてみると「肉汁 焼餃子」の大ぶり感がよくわかりますね!

「しそ餃子」は6個450円(税別)。日本人女性客からとくに人気が高いメニューです。

皮にも“しそ”が加えられており、緑がかった色をしています。

野菜が多めでヘルシーな餡は、噛めば噛むほど、しその爽やかな風味が鼻孔をくすぐります。暑い夏場にもぴったり! ほかにも焼餃子では「蒸し海老餃子」3個690円、ネギ塩ラー油餃子580円(各税別)などが楽しめます。

ゆで餃子でオススメしたいのが「温玉ピリ辛スタミナ餃子」680円(税別)です。こちらは「肉汁 焼餃子」と同じ餃子を茹でて、もやし、ネギ、ガーリックチップス、豆板醤と味噌の甘辛ソースをトッピングしたメニュー。焼餃子とはまた違った美味しさ! 茹でられた皮のつるっとした喉ごしが楽しめます。

看板メニューの大ぶり餃子は、モチモチの厚い皮で包まれているので、焼き・茹でのどちらでも、それぞれの美味しさを堪能できるのが面白いところ! ぜひ、焼餃子と茹で餃子の食べ比べも楽しんでみてほしいお店です。

  • 餃子専門店 The ぎょるびー
    • 住所 東京都渋谷区神南1-23-10 MAGNET by SHIBUYA109 7F MAG7
    • 電話 03-3477-8235
    • 営業時間:11:00~23:00
      定休日:不定期(施設に準ずる)
      ※英語表記メニューあり

ひと口めでびっくり!の唐揚げが楽しめる「らんまん食堂」

ひと口めでびっくり!の唐揚げが楽しめる「らんまん食堂」

最後にご紹介するのは、「らんまん食堂」のバラエティー豊富な唐揚げです。同店は都内では恵比寿中目黒神奈川県などに店舗展開している唐揚げ専門店。“唐揚げとレモンサワー”を看板にかかげ、味だけでなくソースも選べる唐揚げメニューが種類豊富に展開されています。

カウンターをぐるりと囲む席と、奥にテーブル席があります。“からあげBAR”と言っても良さそうなおしゃれな雰囲気。同店もMAG7のフードコートのすぐ脇にあるので、フードコート側のテーブル席で食べるお客さんが多いそうです。

同店の魅力はなんといっても、唐揚げのフレーバーの豊富さ! 定食メニューは10種類の味から選べる唐揚げが5個と、ライス、サラダ、スープがセットになって800円(税別)~。定番のしお、しょうゆに加えて、明太マヨネーズやチーズたまり醤油など、色んな変わり種の唐揚げが楽しめます。

通常の唐揚げは、ニンニク・生姜・醤油などで下味をつけるため茶色い見た目になることが多いのですが、同店の唐揚げは見た目が白い仕上がりになっているのが特徴です。これは、鶏もも肉に一昼夜、お酒と塩とニンニクで下味を付け、片栗粉で揚げて作るからなのだそう。ベースは一緒の唐揚げで、揚がった後にフレーバーをのせていくスタイルです。

イチオシのフレーバーはプレーンな「しお」。単品では4ピース430円、定食メニューでは800円(各税別)で注文できます。ベーシックな唐揚げに自家製のミックス塩などがかかっており、ひと口食べた瞬間、味のインパクトに衝撃! 想定していた唐揚げの味と違って、ピリッとした辛味や塩の塩味のパンチ力に驚くこと間違いなし。鶏もも肉のジューシーな肉汁、ぷりっとした食感も絶品です。

こちらは変わり種ソースからオススメの「ネギ塩ラー油」。単品では4ピース480円、定食メニューでは900円(各税別)で注文できます。ベーシックな唐揚げに、白髪ネギとラー油、ブラックペッパーがトッピングされています。

海外から訪れる方にも人気が高いのが「チキン南蛮」です。単品4ピース480円、定食メニューでは1000円(各税別)。自家製タルタルソースがたっぷりかけられています。

その他にも、バラエティーに富んだフレーバー唐揚げが楽しめます。定食で食べても、お酒と一緒に楽しんでも絶品のものばかり。レモンフローズンを使ったレモンサワーは、レモネードのような感じの味で人気が高く、唐揚げやフライドポテトと一緒に楽しむ方が多いそう。ライフスタイルに合わせて、色んな楽しみ方ができるお店です。

  • らんまん食堂 渋谷店
    • 住所 東京都渋谷区神南1-23-10 MAGNET by SHIBUYA109 7F MAG7
    • 電話 03-3477-8232
    • 営業時間:11:00~23:00
      定休日:不定期(施設に準ずる)
      ※英語表記メニューあり

今回ご紹介した3店舗は、すべて「MAGNET by SHIBUYA109」の7Fフードコートフロア「MAG7」内にあります。フードコート内にはフリーWi-Fi、コンセント付のテーブル席があり、各店からテイクアウトした食事とともに、ゆっくり一休みすることも可能です。

また、各店舗およびフードコートの各所にアルコール消毒液が設置され、スタッフも常時マスク着用など、感染症防止対策もばっちり! 安心して美味しい食事を楽しんでくださいね。

※新型コロナウイルスの影響により営業時間の変更や臨時休業をしている場合があります
※本記事で紹介しているメニューや価格情報は2020年7月公開時点のものです

※本記事の情報は2020年7月時点のものです。

Written by:

じしきゅう・なほ

じしきゅう・なほ

編集プロダクション、出版社でマンガ、小説、雑誌等の編集業を経て、現在はフリーランスの編集ライター時々デザイナーとして活動中。連ドラか音楽かお酒があればたいてい上機嫌。おとうふが好物。

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索