HOME 東京・東京周辺 神奈川 箱根・小田原 箱根湯本のグルメおすすめ5選! 食べ歩きたいご当地グルメやTVで話題の洋食も
箱根湯本のグルメおすすめ5選! 食べ歩きたいご当地グルメやTVで話題の洋食も

箱根湯本のグルメおすすめ5選! 食べ歩きたいご当地グルメやTVで話題の洋食も

公開日: 2019/07/21
更新日: 2020/09/23

国内外の旅行者から根強い人気を集める箱根。江戸時代には関所や宿場が置かれ、温泉街や芦ノ湖、大涌谷、仙石原など、自然豊かな観光の名所です。とくに、都心から電車でおよそ1時間半のところに位置する箱根湯本駅は、箱根観光の出発点としても多くの旅人が訪れる有名スポット。

そこで今回は、箱根湯本駅周辺&駅前のおすすめのグルメをご紹介したいと思います。食べ歩きにも最適なテイクアウト可のグルメから、ランチにオススメのご当地グルメまで、バラエティー豊かなグルメをピックアップしてみました。訪れる際にはぜひ立ち寄ってみてほしいお店が盛りだくさんですよ!

■駅から直結のフードコートレストラン「デリ&カフェみつき」

■駅から直結のフードコートレストラン「デリ&カフェみつき」

まずご紹介するのは、「デリ&カフェみつき」。箱根湯本駅からデッキで直結しているため、雨の日でも濡れる心配がなく、気軽に立ち寄れるフードコートレストランです。和洋さまざまなグルメが取り揃えられており、老若男女問わず幅広い層に愛されているお店です。

お店自慢のテラス席からは、移り変わる箱根四季を眺めながらお食事を楽しめます。2月~3月頃には河津桜が咲くのだそう。また、目の前には早川も流れているので、川のせせらぎに耳を傾けながら、ゆったりとした時間を過ごせます。

とくに人気のメニューは、「箱根山麓豚メンチカツバーガーセット」1,000円(税込)。箱根山麓で育った豚肉を使用したジューシーなメンチカツと、箱根西麓シャキシャキ キャベツをバンズではさんだバーガーです。ケチャップ、マスタード、ソースはお好みでかけるスタイル。テイクアウトも可能なので、食べ歩きにもオススメの逸品です。

こちらも人気が高いという「箱根温泉宿場町のラーメン」780円(税込)。イートインのみでの提供なので、席についてゆっくり食事をしたい人にもオススメです。店内はフリーWi-Fiに加え、充電できるコンセント付きのカウンターがあるのも心強いポイント!

また、訪れた際はぜひチャレンジしてみてほしいのが「生とうふシェイク」500円(税込)。こちらもNo.1人気のメニューなんだそう。箱根は水がきれいな土地なので、そのきれいな水とにがりで作られた豆腐は、箱根の名物でもあります。「生とうふシェイク」には、バニラ、ストロベリー、マンゴー、抹茶の4つのフレーバーがありますが、豆腐本来の大豆の味をより強く感じられるバニラ味が、とくにオススメです。

他にも、「箱根とうふワッフル」やカレー、唐揚げやポテトフリットなど、バラエティー豊かなメニューがラインナップされています。ラーメンとワッフル以外はテイクアウトが可能とのこと。周辺散策のおともにいかがですか?

  • デリ&カフェみつき
    • 住所 神奈川県足柄下郡箱根町湯本702 みつきビル3階
    • 電話 0460-83-8412
    • 営業時間:
      平日11:00~18:00、
      土日祝11:00~20:00(L.O.19:30)

      定休日:水曜

■国産素材にこだわった老舗の味「箱根自然薯 山そば」

■国産素材にこだわった老舗の味「箱根自然薯 山そば」

箱根自然薯 山そば」は、箱根湯本駅から国道1号線を宮ノ下方面へ歩いて2分ほどの場所にあるお蕎麦屋さん。開店以来、国産素材にこだわった老舗の味を守り続けており、観光客はもちろん地元民からも愛されているお店です。

店内は2階建てで、木のぬくもりを存分に堪能できる落ち着いた雰囲気。箱根散策の疲れが癒されます。

2階の座敷席にあるテーブルは、なんと樹齢700年を超える樹木から切り出した一枚板を使用しているそう。歴史に思いを馳せながらお蕎麦に舌鼓を打つ楽しみも味わえます。

お店の一番人気は、「自然薯とろろそば」1,250円(税込)。すべてのメニューで「温」と「冷やし」どちらも選べますが、今回は「冷やし」を注文。粘りの強いとろろと卵黄、山菜、薬味、つゆをよく混ぜ合わせて、蕎麦を絡めていただきます。

そばつゆは3種類のかつお節をブレンドし、水は箱根の天然水を使用。蕎麦とよくからみ、風味を引き立たせる秘伝のつゆなんだそうです。

外国人観光客にとくに人気なのが、「山茸そば」1,350円(税込)。6種類のきのこがたっぷり盛り付けられており、ヘルシーな印象のお蕎麦です。また、盛りだくさんの天ぷらを味わえる「冷やし天そば」1,300円(税込)や、「天丼」(並・税込1,400円、上・税込1,950円)も外国人人気が高いメニューなんだそう。

木のぬくもりに囲まれながら、ゆったりのんびりした時間が過ごせる「箱根自然薯 山そば」。ぜひ、芳醇な香りの蕎麦やつゆを堪能してみてくださいね!

  • 箱根自然薯 山そば
    • 住所 神奈川県足柄下郡箱根町湯本704
    • 電話 0460-85-7889
    • 営業時間:11:00~19:00
      定休日:木曜

■ボリューム満点の洋食が楽しめる老舗「洋食スコット」

■ボリューム満点の洋食が楽しめる老舗「洋食スコット」

続いてご紹介する「洋食スコット」は、箱根湯本駅から国道1号線を宮ノ下方面へ歩いて5分ほどに位置するお店。創業1956年、現在は二代目ご主人が夫婦で切り盛りする老舗の洋食店です。ボリューム満点のシーフードやお肉系のメニューがいただけます。

あたたかみのある店内には、創業60年超の歴史を感じるアイテムが随所に並べられています。基本は11:00~14:30のランチタイムのみの営業。ディナーは2~4名の予約制のみで営業しているそう。

多くの常連客に愛され、いつもたくさんのお客さんで賑わっているので、ランチタイムに訪れる際も電話で予約しておくことをオススメします。

こちらは、人気No.1メニュー「ミックスフライ」1,800円(税込)。有頭海老フライ、ヒレカツ、カニクリームコロッケ、サラダ、ライスのセットです。大ぶりでぷりぷりの海老にコロッケやヒレカツと、主役級のフライが一度に味わえてボリューム満点!

とくに、TV番組でも取り上げられたばかりというカニクリームコロッケは、具の中にかにみそが包まれており、濃厚な味わいを堪能できる逸品。調理する際にブランデーをふりかけていて香りも高いので、ソースはつけずに食べるのがオススメです。

ちょっと贅沢な気分で楽しみたいときには、「シーフード&ビーフ」3,000円(税込)も店主オススメのメニューなんだそう。ビーフステーキ、有頭海老フライ、カニクリームコロッケ、サラダ&ライスのセットです。

他にも、ポークステーキやチキンステーキなど、老舗洋食店の味わいを堪能できるメニューが豊富にラインナップされています。コロッケや海老フライは1ピースごとの注文も可能。「お腹いっぱいになってほしい!」という店主の思いが詰まった、ボリューム満点の洋食を味わってみてはいかが?

  • 洋食スコット
    • 住所 神奈川県足柄下郡箱根町湯本694−20
    • 電話 0460-85-7744
    • 営業時間:11:00~14:30(L.O)
      定休日:不定休
      ※10歳以下のお客様は入店をお断りしております。

■ランキング常連の名店「湯葉丼 直吉」

■ランキング常連の名店「湯葉丼 直吉」

続いてご紹介する「湯葉丼 直吉」は、箱根湯本駅前の通りから、早川沿いに一本入って少し歩いたところにある、湯葉豆腐料理がいただけるお店。

とくに名物の「湯葉丼」は、数々のメディアでも取り上げられ、箱根グルメランキングでも常に上位にランクインするほどの人気グルメです。

昭和34年に「温泉旅館雅光園」として開業し、店内改修工事を経て12年前に「湯葉丼 直吉」としてオープン。旅館の趣きをそのままに、昼間のレストランとして生まれ変わったんだそうです。

早川沿いにあるため、客室の窓からは対岸の山の四季の移り変わりが眺められ、早川の水の流れに気持ちを癒されるひと時が過ごせます。

もともと温泉旅館として開業したこともあり、誰でも気軽に旅の疲れを癒してほしいという思いで、無料で楽しめる足湯を設置したのだそう。食事とともに、箱根温泉も楽しめる点もオススメしたいポイントです。

こちらは名物の「湯葉丼」980円(税込)。地元の美味しいお水をふんだんに使用した豆腐湯葉を気軽に食べられる丼にしたというメニューです。

その昔、北条早雲が辺りを治めていた頃、当時のお姫様が家臣に「化粧水に使う綺麗な水を探させたところ、箱根の中腹にこんこんと湧き出る水を発見した」といういわれのある「姫の水」を使用して作る湯葉は、まさに箱根の味。ぐつぐつと煮えた湯葉と玉子のハーモニーが絶妙な逸品です。

湯葉丼 直吉」では、他にも「湯葉ぜんざい」や「豆腐ぜんざい」(各・税込720円)などの甘味もラインナップされています。ぜひ、箱根の味を堪能してみてくださいね。

  • 湯葉丼「直吉」
    • 住所 神奈川県足柄下郡箱根町湯本696
    • 電話 0460-85-5148
    • 営業時間:11:00~19:00(L.O.18:00)
      定休日:火曜
      ※Wi-Fi有り、英語・中国語・韓国語のメニュー有り

■熱々のカレーで心も身体もほっこり!「箱根かれー心」

■熱々のカレーで心も身体もほっこり!「箱根かれー心」

最後にご紹介するのは、箱根湯本の滝通りに位置する「箱根かれー心」。和風テイストのカレー専門店です。寸胴で5時間以上煮込んだブイヨン、17種類のオリジナルブレンドのスパイスを使用し、グツグツに煮立った熱いカレーに、心も身体も温まること間違いなし!

店内は、カウンター席とテーブル席を合わせて24席。のんびりと落ち着いて過ごせる空間が広がっています。

こちらのお店でいただけるカレーは、箱根湯本にある「玉簾の瀧」の「延命の湧き水」を加えて調理されているそうです。玉簾の湧き水は、体にやさしい弱アルカリ性を保ち、バランスよくミネラル成分を含んでいるため、大切な体内酵素の働きを高めて細胞を若々しく保つお手伝いをしてくれるのだとか。

お店の一番人気は「“心”スペシャル」1,700円(税込)。熱々のカレーに彩り豊かな野菜、ヘルシーな紫黒米はどのメニューでも味わえますが、さらに自慢の角煮と温泉玉子がトッピングされた逸品。ご飯の上には、ボリューミーなカツも!「箱根かれー心」が提供するカレーのいいとこ取りのような、スペシャルなメニューです。

お店で販売しているレトルトカレーは、お土産にするのもオススメ! とくに写真左の「箱根かれー」は、「箱根かれー心」こだわりのカレーがレトルトでも楽しめる逸品。お店イチオシの角煮がゴロっと入っている、ボリューム満点のレトルトカレーなのだそうです。

箱根発、地域とともに歩む、“ここでしか味わえないカレーの味”を追及する「箱根かれー心」。ぜひ熱々のカレーを堪能してみてくださいね。

  • 箱根かれー心
    • 住所 神奈川県足柄下郡箱根町湯本475−8 B1F
    • 電話 0460-85-8556
    • 営業時間:
      11:00~14:30(L.O.14:00)、
      17:00~20:00(L.O.19:30)

      定休日:月曜(祝日は営業)

箱根湯本駅は、観光の街・箱根のまさに玄関。駅周辺には、観光のはじめや終わりにでも楽しめるグルメがたくさんあるので、是非参考にしてくださいね。

Written by:

じしきゅう・なほ

じしきゅう・なほ

編集プロダクション、出版社でマンガ、小説、雑誌等の編集業を経て、現在はフリーランスの編集ライター時々デザイナーとして活動中。連ドラか音楽かお酒があればたいてい上機嫌。おとうふが好物。

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

東京がはじめての方におすすめの記事
検索