• 言語パンフレット対応
    英語, 中国語(簡体字), 中国語(繁体字), 韓国語
  • Wi-Fi
    無料Wi-Fiあり

施設説明

縄文時代前期から中期(約5900年~4200年前)にかけて定住生活が営まれていた集落跡。これまでの発掘調査で約550棟の竪穴建物跡や大型竪穴建物跡、約890基の子供の墓などが見つかっている。
シンボル的建造物として復元された大型掘立柱建物を始め、多くの土とともに土器や石器、土偶などが積み重なってできた南盛土などが点在し、公園として整備されている。
遺跡のエントランスになっている「縄文時遊館」で縄文時代の生活や文化を学び、縄文シアターで縄文時代の四季を見学したら、常設展示室「さんまるミュージアム」へ。三内丸山遺跡の出土品を一堂に展示していて、国の重要文化財約500点を含む約1700点の出土品もある。
10:30と14:00には解説員によるミュージアムガイド(約20分、臨時休あり)も行っている。
オリジナルグッズを販売するミュージアムショップも人気。

施設基本情報

  • 住所

    038-0031

    青森県青森市三内字丸山305

  • 最寄駅
    新青森 駅
    ・ 奥羽本線
    ・ 東北新幹線
    ・ 北海道新幹線
    バス10分
  • 電話
    017-766-8282
  • 営業時間
    毎日 09:00 - 17:00
  • 定休日
    月曜日
  • 予算
    160 円 - 410 円
  • Wi-Fi
    無料Wi-Fiあり
  • 公式サイト
    オフィシャルサイト
  • 言語パンフレット対応
    英語, 中国語(簡体字), 中国語(繁体字), 韓国語

周辺のおすすめスポット

  • 観光する
※ 上記記載の情報は更新時のものですので、実際の価格と異なっている場合があります。現在の状況はご来店時にお問い合わせください。