HOME 関西 大阪 梅田・大阪駅・北新地 訪日外国人が「大阪の観光地」でショックを受けたこと
訪日外国人が「大阪の観光地」でショックを受けたこと

訪日外国人が「大阪の観光地」でショックを受けたこと

公開日: 2020/04/11
更新日: 2020/09/15

歴史ゆかりの施設からレジャーランドまで、大阪には様々な観光スポットがあります。期待に胸をふくらませて初めて大阪に来た人は、どんなことにショックを受けたのでしょうか。それは日本のどこでも同じなのか、はたまた大阪だけなのか……。これから大阪に来る人のためにも、訪日外国人の本音をリサーチしてみました。

※以下は、過去に大阪旅行をした方の個人的な意見です。

メイン画像:martinho Smart / Shutterstock.com

出会った人が馴れ馴れしすぎる

出会った人が馴れ馴れしすぎる

インドから来日して大阪市内に長期滞在した男性は、「観光スポットにいても、歩いていても、やたら親しげに話しかけられることが、怖かった」そうです。中高年のおばちゃん、おじちゃんが、「兄ちゃん、どこからきたん?」と日本語で、まるでよく知った人のように馴れ馴れしいために、逆に警戒してしまったんですね。

でも、外国人相手に臆することなく日本語で話しかけるのは大阪人の親切心なんです。困っていたら助けてあげようと、外国語がわからなくても日本語で声をかけてしまいます。標準語とはちがう大阪弁だから、なおさら外国人にはわかりづらいと思いますが、身振り手振りで通じ合えることも多いので、ぜひ大阪のおばちゃん、おじちゃんとコミュニケーションをとってくださいね。

場所によってトイレの使い方が違うのはなぜ?

場所によってトイレの使い方が違うのはなぜ?

「トイレが綺麗なのは快適だけど、操作ボタンがたくさん並んで…どれを押したら水が流れるのかわからない」というのは台湾から来た女性。ボタンに描いてあるマークを見ても理解できなくて、個室であせってしまったそうです。トイレは施設によってドアの開け方も違うし、水を流すボタンやレバーの位置も様々。日本人でもとまどうくらいですから、仕方ないかもしれません。最近は外国語表記があるトイレも増えていますし、わからなくても、あわてずにゆっくり探してください。

まれにですが、ローカルな施設だと和式便器のところもあって、戸惑う人もいるようです。でも、安心してください。都心部や観光地では、ほぼ洋式暖房便座で、温水洗浄機能がついたところもどんどん増えています。

また、商業施設には、着替えができるスペースやベビーのおむつ変えスペースを併設しているトイレもあって、女性に好評です。

電車や地下鉄が多くて迷うけど、本数が多くて助かる

電車や地下鉄が多くて迷うけど、本数が多くて助かる

「電車の路線が多くて、行き先と乗換駅を探すのがたいへん。とくにOsaka Metroの乗り換えが難しかった」と言うのはイタリアから来た女性。でも、次々に電車がホームに入ってくるのにはびっくりしたそう。「御堂筋線は、電車が発車したと思ったら、2~3分で次の電車が来ました。それなのに、急いで走って乗り込もうとする人がいました。1本くらい待てばいいのに」。大阪の人は歩くスピードも速いし、慌ただしく動く人が多いのは事実です。

最近は、訪日外国人が多いので、駅のサインに英語や中国語の表記も増えています。駅員さんが翻訳ツールをもっていることもあるので、迷いそうになったら制服を着ている駅員さんに聞いてみましょう。改修工事が多く、今は少しわかりづらいかもしれませんが、完成すれば外国人旅行者も、もっと便利になるはずです。

日本旅館の慣習にとまどってしまう

日本旅館の慣習にとまどってしまう
weniliou / Shutterstock.com

あこがれの旅館に泊まったとき、「理解していたつもりだけど、困惑した」というのは、アメリカ人の女性。旅館の玄関に掲げられたウエルカムボードに自分の名前が書いてあったこと、フロントで宿帳に全員の名前と住所を書かされたこと。

他の人の目にふれるのに、プライバシーに配慮が足りないのではないかと感じたそうです。宿泊名簿を作ることを法律で義務付けられているので仕方のないことなのですが、宿帳は部屋で書く、という旅館も増えています。

ルームサービスが無かったり、門限があったりするのが窮屈だと感じる人もいるかもしれませんが、広いお風呂に入り、畳の部屋でくつろぎ、布団で寝るという、日本らしさを体感できるのは旅館ならでは。日本建築や庭の美しさを知るまたとない機会です。ぜひ広い心で楽しんでください。

ミナミは外国人ばっかりだった

ミナミは外国人ばっかりだった

たこやきお好み焼き寿司うどん、おいしいものを食べるなら大阪のミナミだと聞いて、いろんな国の人が心斎橋道頓堀を訪れます。結果、外国のメディアで紹介されている店のお客さんは外国人ばかり。店員さんも外国人だったりすると、日本に来ているという実感すらないという声が多く聞こえます。また、ミナミの商店街を歩いていて出会うのは、圧倒的に外国人というのも驚かれることです。

ミナミは昔からの繁華街で日本人も多く訪れていますが、外国人にも人気の街。この界隈で日本人が行きつけにしている店は、個人が経営する小さな店が多いので、外国人対応をしている店で日本人を見かけることは少ないのかもしれません。賑やかなミナミを体験したら、次の日は郊外へ足をのばして、静かな大阪を体感してみるものいいかもしれませんね。

親しみやすい大阪をぜひ楽しんで

日本の一都市である大阪ですが、他の地方とは違う個性的な面をもっています。そこが外国人にはショックかもしれません。一番大きな点は、大阪の人はとにかくコミュニケーション力が高いこと。知らない人同士でもすぐに話しが盛り上がるような、親しみやすい雰囲気があります。旅行中、困ったときは遠慮をせずに、誰かにたずねてみてください。言葉がわからなくても、きっと手を貸してくれますよ。

Written by:

株式会社ウエストプラン

株式会社ウエストプラン

松田きこ、木村桂子、都志リサほか、関西に精通した女性ライターチーム。食べること、飲むこと、旅することが大好き! 自ら体験した楽しい情報を発信しています

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索