HOME 関西 大阪 梅田・大阪駅・北新地 大阪の春(3月・4月・5月)の天気と服装まとめ【旅行前に知っておきたい】
大阪の春(3月・4月・5月)の天気と服装まとめ【旅行前に知っておきたい】

大阪の春(3月・4月・5月)の天気と服装まとめ【旅行前に知っておきたい】

公開日: 2020/02/12
更新日: 2020/06/01

四季がはっきりしている日本では、季節の変わり目は寒暖差が激しく、うっかり服装を間違えるとつらいことになってしまいます。特に春先は寒い冬から徐々に暖かくなる境目の時期なので必要なものが多くなります。大阪の中心エリアには買い物スポットがたくさんあるので、大阪に来てからちょうどいい服を買うのもいいかもしれませんが、旅先であわただしく買い物をするより、事前に準備万端整えて現地でゆっくり観光や買い物をすることをおすすめします。

目次
  1. ■大阪ってどんな地域?年間を通してどんな気候?
  2. ■大阪市内の3月の気候
  3. ■大阪の3月の服装は?
  4. ■3月の大阪のおすすめ観光スポット&プラン
  5. ■大阪市内の4月の気候
  6. ■大阪の4月の服装は?
  7. ■4月の大阪のおすすめ観光スポット&プラン
  8. ■大阪市内の5月の気候
  9. ■大阪の5月の服装は?
  10. ■5月の大阪のおすすめ観光スポット&プラン

■大阪ってどんな地域?年間を通してどんな気候?

■大阪ってどんな地域?年間を通してどんな気候?

大阪は近畿地方の中央部にあり、北は丹波高地、東は生駒山地・金剛山地、南は和泉山脈と三方を山に囲まれています。西側は大阪湾に面しており、比較的温暖な瀬戸内式気候に分類されます。年間を通して雨が少なく、観光の予定をたてやすい地域ですが、とくに4月から5月はさわやかな天気が多く来日するには最良の時期だといえます。

■大阪市内の3月の気候

■大阪市内の3月の気候

冬から春へと変わる3月のはじめ頃は三寒四温といって、3日寒い日が続いたら4日暖かい日が続き、また3日寒くなる…というように暖かい日と寒い日が繰り返されて徐々に暖かくなっていきます。

気象庁の過去のデータによると、大阪の3月の平均気温は9.4℃。平均最低気温は5.6℃、平均最高気温は13.7℃です。日中は20℃近くになる日もありますが、朝晩はまだ冷え込みます。3月中旬頃から4月にかけて雨がしとしと降り続くことを「春の長雨」といい、気温が下がります。

また、スギの花粉が飛ぶ季節なので、花粉症の人は花粉情報のチェックが欠かせません。

大阪の3月の気候(気象庁発表:1981~2010年の平年値)
気温(℃)
9.4
最高気温(℃)
13.7
最低気温(℃)
5.6
降水量(mm)
104.2
湿度(%)
59

■大阪の3月の服装は?

■大阪の3月の服装は?
モデル:坂井勇貴

3月初旬は冬の寒さが続いているので、セーターやカーディガンなどもウールの暖かいものを。ショートコートは裏地付きを選ぶなど、厚手のジャケットが必要です。スカートの場合は、足元もタイツにショートブーツ。

厚手のパンツならズボン下は不要ですが靴下は厚手のものがいいでしょう。下旬になると、コートやジャケットは厚手でなくても大丈夫です。ただし、温度変化が激しいので大判のストールやマフラー持参が安心です。雨に備えて折りたたみ傘も持ち歩いておきましょう。花粉症の人は、専用のマスクや眼鏡なども準備しておきましょう。

●着用アイテム
トップス:(男女)ショートコート、ジャケット
ボトムス:(男女)ウールのパンツ、(女)スカート+薄手のタイツ
靴:(男女)ショートブーツ、スニーカー
小物:(男女)ストール

■3月の大阪のおすすめ観光スポット&プラン

毎年3月の初旬から約2週間、難波のエディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)で「大相撲三月場所」が開催されます。巡業にやってくる力士を街で見かけると「春がやってきた」と大阪の人は喜びます。若い力士たちは浴衣1枚で素足に雪駄(せった)です。鍛えている彼らと一般の人は違うので、真似しないようにしてくださいね。

■大阪市内の4月の気候

3月下旬から4月初旬にかけて、桜の花が満開となりいよいよ春の到来です。平均気温は15.1℃。日中は20℃近くになり、ぽかぽかな陽気が心地良い季節になりますが、夜は急に気温が下がります。

強い風が吹く日もあり、その年一番強い嵐は“春一番”と呼ばれ、これが来ると「本格的な春」です。

大阪の4月の平均(気象庁発表:1981~2010年の平年値)
気温(℃)
15.1
最高気温(℃)
19.9
最低気温(℃)
5.6
降水量(mm)
103.8
湿度(%)
59

■大阪の4月の服装は?

■大阪の4月の服装は?
モデル:有田空

この季節は寒暖差が激しいので、暖かい昼間は綿のスプリングコートやジャケットだけでも過ごせますが、夕方以降に外出する場合は、インナーを1枚増やすか羽織るものを持っていく方がいいでしょう。

●着用アイテム
トップス: (男女)スプリングコート、ジャケット、カーディガン
ボトムス:(男女)ジーンズ、(女)スカート+ストッキング
靴:(男女)スニーカー、(女)パンプス
小物:(男女)スカーフ

■4月の大阪のおすすめ観光スポット&プラン

日本では学校の新学期や企業の新年度がスタートするのが4月です。4月初旬に満開の時季を迎える桜は始まりの象徴。桜を見ながらお弁当を食べたりお酒を飲んだりして桜を愛でる時間を大切にします。この時期、桜が美しいスポットでは、ライトアップされて夜桜を楽しみますが、昼間と違って寒いのでカーディガンやジャケットを1枚余分に持っていきましょう。

■大阪市内の5月の気候

■大阪市内の5月の気候

5月の平均気温は19.7℃。最高気温は24.5℃、最低気温は15.6℃と暖かくて過ごしやすい日が続きます。湿度もほどよく、さわやかで過ごしやすい月です。

ただし、近年は晴れた日の日中は気温がぐんと上がって30℃前後になる夏日もみられます。強い日差しで汗ばむほどなので、こまめな水分補給や紫外線対策も忘れないように。

大阪の5月の平均(気象庁発表:1981~2010年の平年値)
気温(℃)
19.7
最高気温(℃)
24.5
最低気温(℃)
15.6
降水量(mm)
145.5
湿度(%)
62

■大阪の5月の服装は?

■大阪の5月の服装は?
モデル:高月滉太

ジャケットなしでトレーナーやTシャツだけで過ごせる快適な季節です。日差しも強くなってくるので昼間は半袖でいられることもありますが、日によって気温に差があり、長袖のコットンパーカーやカーディガンが必要なこともあります。

●着用アイテム
トップス:(男女)トレーナー、ポロシャツ
ボトムス:(男女)ジーンズ、(女)スカート+ストッキング
靴:(男女)スニーカー、(女)パンプス
小物:(男女)スカーフ

■5月の大阪のおすすめ観光スポット&プラン

4月末から5月頭にかけての大型連休「ゴールデンウィーク」は、日本各地でレジャーイベントが開催されます。大阪でも大阪城公園や万博記念公園などの野外でイベントがあるので、日焼け対策として帽子、サングラスや汗拭きタオルなどを用意して出かけましょう


春は日一日と温かくなっていく快適な季節です。それだけに気温の変化に敏感に対応しないと、体調をくずしてしまうことに。まだ寒さが残る3月と夏日がある5月とでは気温がずいぶん違う点もふまえて、脱ぎ着のできる重ね着がおすすめです。

参考:国土交通省 気象庁ホームページ
Text by:株式会社ウエストプラン

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索