HOME 関西 大阪 難波・道頓堀・心斎橋 大阪民には当たり前だけど…大阪に来る前に知っておきたい5つのこと
大阪民には当たり前だけど…大阪に来る前に知っておきたい5つのこと

大阪民には当たり前だけど…大阪に来る前に知っておきたい5つのこと

公開日: 2020/02/25
更新日: 2020/06/02

有名なスポットが集まり、おいしいグルメも多い大阪は、日本でもトップクラスの人気を誇る観光地。そんな大阪を旅行する時に役立つ、アドバイスやローカルルールを5つまとめてご紹介します。観光に人気のエリアからグルメの食べ方まで、この記事でしっかり予習して、失敗のない大阪旅行を楽しんでください!

トップ画像:Avigator Fortuner / Shutterstock.com

目次
  1. 1. 大阪らしいエリアは「キタ」より「ミナミ」
  2. 2.梅田は迷いやすい!地下街や駅名に注意
  3. 3.市内の移動はOsaka Metroが便利
  4. 4.エスカレーターは右に並ぶ。東京と逆!
  5. 5.大阪グルメ「お好み焼」と「串カツ」の食べ方にはマナーがある
  6. 大阪の人はコミュニケーションを重要視!

1. 大阪らしいエリアは「キタ」より「ミナミ」

1. 大阪らしいエリアは「キタ」より「ミナミ」
Thanakorn.P / Shutterstock.com

よく写真で見られるような、賑やかで派手な街を観光したいなら「ミナミ」へ!大阪メトロや南海電鉄、JRの「なんば駅」を中心に、多数の観光客が集まる人気のエリアです。道頓堀川沿いに飲食店や物販店の巨大看板が並ぶ「道頓堀」は、ミナミを象徴するスポット。グルメやショッピングはもちろん、クルージングも満喫することができます。

定番の観光地も、なんばの中心部から徒歩圏内に集まります。新鮮で高品質な肉や魚をその場で食べられる黒門市場、有名店が並ぶ心斎橋筋商店街、若者に人気の古着屋やスイーツ店が集まるアメリカ村などは要チェックですよ。

MR. AEKALAK CHIAMCHAROEN / Shutterstock.com

一方の「キタ」は、JRやOsaka Metro、私鉄の主要な駅が集まり、多くの人が行き交うターミナル街です。

特に中心部の梅田は、JR大阪駅周りの一大商業エリア「大阪ステーションシティ」として発展。家電量販店「ヨドバシカメラ」をはじめショッピングビルや百貨店など、駅直結の商業施設が多数集まっています。エンタメ施設やレストランも多く、1日中ショッピングを楽しみたい人におすすめです。

また、屋上からの眺望と個性的な建築で評価が高い「梅田スカイビル」にも徒歩でアクセスできます。新幹線が停車する「新大阪駅」も1駅の距離。京都や東京といった、日本国内のほかの都市に行く場合は玄関口となります。

2.梅田は迷いやすい!地下街や駅名に注意

2.梅田は迷いやすい!地下街や駅名に注意
StreetVJ / Shutterstock.com

キタの中心地・梅田は、慣れない観光客が迷いやすいエリアなので要注意。地上のビル群だけでなく地下街も発達していて、まるで「ダンジョンのようだ」といわれています。地下街やコンコースをうまく使えば、地上からだとアクセスしにくい場所へスムーズに着けることもあります。駅構内にある案内板をよく見たり、案内所や道行く人に聞いたりしながら進みましょう。

梅田」という名前の駅が多いことも特徴。Osaka Metroの「梅田駅」「東梅田駅」「西梅田駅」に、私鉄である阪急電鉄、阪神電鉄の各「大阪梅田駅」も。全て徒歩圏内に集まっているので、間違えないように注意してください。

3.市内の移動はOsaka Metroが便利

3.市内の移動はOsaka Metroが便利
JaysonPhotography / Shutterstock.com

大阪での移動手段は、Osaka Metro(地下鉄)がベター。大阪城をはじめ、通天閣・新世界や海遊館、万博記念公園など、市内外の観光スポットの近くに最寄り駅があります。特に利用する機会が多いのは御堂筋線。キタの中心地「梅田駅」とミナミの中心地「なんば駅」を片道約10分程度で移動できるのでとても便利ですよ。

日本を代表するテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」に行くなら、JRを利用しましょう。JR大阪環状線は、大阪城やあべのハルカスなどへ向かうときにも便利です。

4.エスカレーターは右に並ぶ。東京と逆!

4.エスカレーターは右に並ぶ。東京と逆!

大阪をはじめ関西の都市では、エスカレーターは進行方向の右側に立つ習慣があります。これは急ぐ人が左側を歩いて通れるようにするため。この習慣は、関西の私鉄会社が呼び掛けたことがきっかけといわれています。東京や京都といったほかの都市では左側に立つことが多いので、利用する際には注意してください。

なお、近年はエスカレーターでは基本的に歩かず、立ち止まることが推奨されています。歩くと他の人にぶつかり、事故につながる可能性も。特に利用者の多い駅や商業施設などでは、なるべく立ち止まって乗るようにしましょう。

5.大阪グルメ「お好み焼」と「串カツ」の食べ方にはマナーがある

5.大阪グルメ「お好み焼」と「串カツ」の食べ方にはマナーがある

大阪の名物であるお好み焼は、海外の旅行客からも人気の高いグルメ。多くの店では、スタッフが席ごとに備え付けられた鉄板で焼いてくれるので、その様子を見るのも醍醐味です。

ただし、お好み焼は出来上がるまで絶対に“Don’t touch”! 途中でヘラを使って触ったりつぶしたりすると、おいしく焼きあがらないこともあります。スタッフの合図があるまで、じっくり眺めて待ちましょう。焼き上がりには10分程度かかるので、サイドメニューを頼んでおくのも賢い選択です。

また、使用中の鉄板はとても熱くなっています。素手で触ると火傷してしまうので気をつけましょう。

お好み焼と並ぶ大阪グルメの定番が串カツ。串で1本1本食べられる手軽さとリーズナブルな価格で、こちらも外国人に評判のグルメです。

串カツを食べるときのマナーで有名なのが、“ソース2度漬け禁止”! ほぼ全ての店で、ソースは写真のようなトレイに入っていて、串カツをディップしてソースをつけます。このソースはほかの客と共有で使われるため、食べかけの串カツを入れることが禁止されているのです。最初の1回でしっかりとソースをつけるようにしましょう。

大阪の人はコミュニケーションを重要視!

これらの知識のほかに知っておいてほしいのが、“大阪の人は基本的におしゃべりが大好き”ということ。お店などで話しかけられたら、たどたどしくでも返事をしてみてください。(「おおきに」や「まいど」など、代表的な大阪弁を覚えておくのも効果的です。)現地の人とコミュニケーションをとれれば、名所を観光する時とは違った印象的な思い出になるかもしれませんよ!

Text by:株式会社 美巧工房

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索