HOME 関西 兵庫 有馬温泉・六甲山 関西屈指の湯処。有馬温泉で地元編集者おすすめする厳選5湯
関西屈指の湯処。有馬温泉で地元編集者おすすめする厳選5湯

関西屈指の湯処。有馬温泉で地元編集者おすすめする厳選5湯

公開日: 2019/12/06
更新日: 2019/12/16

有馬温泉は、兵庫県神戸市北区にある温泉地で、日本最古湯の一つ。大阪より1時間で行けるとあって、京阪神の奥座敷としても親しまれています。戦国武将・豊臣秀吉が愛した温泉地としても有名で、近年秀吉の湯殿跡も発見されました。

地面から湧き出ていた自然温泉で、その泉質は環境省が療養泉としているもののうち7つを含んでいます。有馬温泉では、鉄分を多く含む赤褐色の「金泉」と、無色のラジウム泉の「銀泉」との2種類の温泉を楽しめるのが醍醐味です。

赤茶色にびっくり!まろやかな「金の湯」

赤茶色にびっくり!まろやかな「金の湯」

古来から有馬の元湯として歴史を刻んできた外湯の「有馬温泉 金の湯」。こちらは金泉(含鉄強塩泉)を利用した温泉です。前身は、1961年にできた公衆浴場「有馬温泉会館」で、老朽化にともない2002年にリニューアルしました。

中には有馬温泉の伝統工芸に欠かせない竹をイメージした「一の湯」、同じく有馬にある紅葉の名所・瑞宝寺公園の紅葉をイメージした「二のゆ」があります。浴槽は男湯・女湯とも御影石づくりで重厚な雰囲気がたっぷり。広さは各29平方メートルでゆったりと入れるのも魅力です。

壁面に竹が表現された一の湯
タオルも紅葉色に真っ赤に染まる二のゆ

外観は温泉街の街並みに溶け込むような純和風のデザイン。建物の外には、散策の途中に足を休められる足湯コーナーや飲泉場も。こちらは無料で楽しめるのもうれしいですね。

  • 金の湯
    • 住所 兵庫県神戸市北区有馬町833
    • 電話 078-904-0680
    • 営業時間:8:00~22:00(最終入館は21:30まで)
      定休日:第2・4火曜日および1月1日
      料金:大人 650円、小人 340円 (6~11才)・140円 (5才以下)

無色透明の「銀の湯」でお肌ツルツル!?

無色透明の「銀の湯」でお肌ツルツル!?

「金の湯」の姉妹施設の外湯である「銀の湯」では透明の「銀泉」を楽しめます。

外観は、神社やお寺が集まる周辺の街並みに合わせ、鐘桜をイメージした浴室部分など、シンプルで清潔感のある伝統的な和風の作りになっています。

浴場の天井が高く、外光を取り入れて明るい浴場は清潔感たっぷり。入浴後はお肌がツルツルになると女性に大人気です。「金の湯」は「銀の湯」のすぐ近くにあるので、両方に入ってその泉質の違いを比べてみてください。

  • 銀の湯
    • 住所 兵庫県神戸市北区有馬町1039-1
    • 電話 078-904-0256
    • 営業時間:9:00~21:00(入館 ~20:30) 
      定休日:第1・3火曜日(祝祭日の場合、翌日が休館)1月1日
      料金:大人 550円(中学生以上) 小人290円 幼児(3~5歳)120円 3歳未満 無料

温泉付き客室もある和モダンな旅館「竹取亭 円山」

温泉付き客室もある和モダンな旅館「竹取亭 円山」

高台に位置する閑静な旅館。和風の中にモダンなテイストを取り入れ、日本人はもちろん、海外からの人たちにもくつろげる空間を提供しています。

浴場には、有馬温泉の名物金泉・銀泉が備わっています。ゆったりとお湯につかれる大浴場のほか、竹林に囲まれながらプライベート感たっぷりでくつろげる4か所の貸切露天風呂も。

お部屋は、和室、温泉付き客室、和洋室、洋室などさまざま。最近は布団に慣れていない外国の方にもくつろぎやすいようにと、ベッドが配された客室も登場しています。加湿機能付き空気清浄機、液晶テレビ、エアコン、WIFIは全室共通設備なのもポイント。

六甲山山間にある温泉地ですが神戸、大阪へのアクセスが便利なため海、山の食材が豊富に揃う温泉地です。旬の食材をたっぷりと使った見た目にも美しい創作料理は、訪れる人に口福を運ぶと評判です。

  • 竹取亭 円山
    • 住所 兵庫県神戸市北区有馬町1364-1
    • 電話 078-904-0631
    • 営業時間:チェックイン15:00~チェックアウト11:00
      定休日:無休(臨時休館あり)
      料金:宿泊3万2400円~(税込)/お一人様あたり ※日帰りは入浴はなし

    空室検索・予約

さまざまなタイプの温泉が揃う「兵衛向陽閣」

さまざまなタイプの温泉が揃う「兵衛向陽閣」

700年の歴史と伝統がある有馬温泉の老舗旅館「兵衛向陽閣」。六甲山の北麓、有馬温泉街を見下ろせる高台に建っております。有馬温泉街巡りはもちろん、神戸市などの観光や、三田市のアウトレットへも便利なロケーションです。

館内には、眺望を取り入れた格子天井が美しい和風の大浴場「一の湯」、ローマ風のしつらいが美しい「二の湯」、半露天風呂風の「三の湯」と、3つの異なるタイプの大浴場を備え、 それぞれに露天風呂と内湯があるので、外湯巡り感覚で楽しむことができます。すべての湯処で、鉄さびを溶かしたような独特の赤茶色をした金泉を使用しています。

また料理は、やわらかくしっかりとした味わいの神戸牛や、食材に恵まれた地元兵庫の山海の幸や旬の贅沢素材をふんだんに取り入れた品々を堪能できます。スタッフは英語や中国語といった外国語も堪能。心のこもったサービスも自慢の同旅館で、心と身体を満たす至福の時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

  • 兵衛向陽閣
    • 住所 兵庫県神戸市北区有馬町1904
    • 電話 078-904-0501
    • 営業時間:日帰り11:30~16:00、宿泊チェックイン14:30、チェックアウト11:00
      定休日:無休
      料金:日帰り4,800円(税別)、宿泊18,800円(税別)~

    空室検索・予約

著名な文化人が好んだ「陶泉 御所坊」

著名な文化人が好んだ「陶泉 御所坊」

こちらは、12世紀に創業された有馬で最古の温泉旅館です。当初は、「湯口屋」と呼ばれていましたが、14世紀終わりに武将・足利義光が訪れ、逗留したことで「御所」と呼ばれるようになりました。また大の有馬温泉好きだった戦国時代の武将・豊臣秀吉が有馬に湯山御殿を建てた際に、秀吉から13石を譲り受け、現在の滝川沿いに場所を移しました。

明治以降は、日本を代表する作家・谷崎潤一郎が小説の中で登場させたほか、歴史小説を数多く残した吉川英治も取材中こちらに滞在。さらに歌人・与謝野晶子の歌にも詠まれるなど、多くの著名人に愛されていることから、文学愛好家にとっても憧れのお宿でもあるんです。

有馬温泉のお湯を贅沢にも源泉かけ流しで楽しむことができるお風呂は、「半混浴」というちょっと珍しい露天風呂が楽しめるのが特長。仕切りはあるけど、壁はないため、一つの同じ空間を男女でもシェアすることができます。

また御所坊では、自家栽培の野菜や米を使って、見た目の華やかさにこだわらない、素朴で野趣あふれる料理を提供。「但馬牛」や明石港で水揚げされた「魚介類」など、地元兵庫県にこだわった料理はどれを食べても絶品です。

  • 陶泉 御所坊
    • 住所 神戸市北区有馬町858
    • 電話 078-904-0551
    • 営業時間:日帰り11:30~14:30、宿泊チェックイン15:00、チェックアウト10:00(一部プランでは11:00)
      定休日:無休
      料金:日帰り1,500円(税別)、宿泊25,000円(税別)~

Text by:有限会社コピーズ

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索