ネイチャースポーツ

ネイチャースポーツ

Update:

海に囲まれ、山脈が連なる日本は、地域ごとに特徴的なネイチャースポーツを楽しめる。ここでは、山、川そして空のネイチャースポーツを紹介する。

日本のネイチャースポーツとは

日本人が一般的に自然の中で行うスポーツに、ハイキングや山登りが挙げられる。特に、高齢者で山登りを趣味とする人々が非常に多い。高知県にある四万十川は清流としても知られ、カヌーなどのスポーツが盛んだ。レースも人気があり、長野県の八ヶ岳を始め、各地の山で自転車によるヒルクライムや山道を走るトレイルランニング、100km以上の距離を走るウルトラマラソンなどのレースが行われている。

山のネイチャースポーツ

本州にある日本アルプスなどの高山を縦走する文化もあり、主要な山には山小屋があって宿泊もできる。東京都近郊では、ミシュランガイドで三ツ星を取得した高尾山(写真)が登山スポットとして有名で、ケーブルカーも利用でき初心者でも気軽に登れる。富士山をはじめ、険しい山などは時期を間違えると命を落とす危険がある。ウェアや靴などの装備と登山時期の計画は、しっかりと。

川のネイチャースポーツ

日本各地にさまざまな河川があり、気温が上がる夏季を中心に、カヌーやカヤックなどのパドルスポーツ、ゴムボートに乗り込んで川を下っていくラフティングが楽しめる。東京都の奥多摩、埼玉県の長瀞、群馬県の水上、栃木県の鬼怒川などが川遊びのできる人気エリアである。

変わったネイチャースポーツ

気球やパラグライダーなど空のスポーツも楽しめる。東京都近郊では、栃木県の渡良瀬や長野県の白馬で可能だ。変わったスポーツとしては、洞窟や鍾乳洞を探検するケイビングが奥多摩などで体験できる。他には、山梨県の八ヶ岳など牧場のあるところではホーストレッキングも可能だ。地域によって独自のネイチャースポーツがある。

日本のネイチャースポーツの注意点

夏場は虫除けの薬を常備し、肌を露出しない格好が好ましい。また、熱射病対策に帽子も必須だ。日本の登山においては、テント場と呼ばれる野営地以外は基本的にテントの設営は禁止。トイレは山小屋のものを有料で使用するなど細かなルールがあるので、他の登山客にならって利用しよう。万が一、遭難した場合、民間の救援費用は実費で非常に高額となる。そのため、事前に保険に入るのがおすすめだ。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする