ファーストフード

ファーストフード

Update:

世界的にはマクドナルドなどが有名だが、ここでは日本のファーストフードについて紹介する。

ファーストフードの歴史

歴史を紐解けば「寿司」や「天ぷら」が、ファーストフードの始まりと言われている。江戸時代、参勤交代制度により、妻子を故郷に残して江戸へやってくる武士が多かった。各地から単身で移住してくる男性のために、安くて手軽に食べられる外食店ができたと言われている。寿司や蕎麦、天ぷらやおでんの店などがあったそうだ。
戦後、1970年代にアメリカ式のファーストフードが日本に入ってきた頃から「ファーストフード」の名前が使用されることとなった。

牛丼

牛丼とは、どんぶりに入ったご飯の上に肉や玉ねぎ、その他の食材を乗せたものだ。牛丼の他にも豚丼があり、醤油と砂糖で甘辛く煮た肉と玉ねぎがベースとなっている。その他にも、納豆や明太子、チーズなどを乗せたりバリエーションがある。

立ち食いうどん・そば

日本の駅構内では、「立ち食いうどん」や「立ち食いそば」と呼ばれる店がよく見られる。江戸時代の屋台が発祥とも言われ、駅の構内、高速道路のサービスエリア、野球場や競馬場などにもある。入口にメニューが書かれている販売機が置いてあり、食券を先に購入してお店のスタッフに渡す形式となっている。

おにぎり

炊いた米に味を付けたり具を入れたりして、三角形や球状に握ったものだ。元々は作り置きが可能であることから、残りご飯の保存や携帯食として家庭で作られていた。現在は手軽という点から、コンビニや弁当屋を中心に販売されている。

まだまだある日本のファーストフード

この他にも、カレーライスやラーメンなどもファーストフードとして発展してきた。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする