日本での食事のマナー

日本での食事のマナー

Update:

礼儀を重んじる日本では食事をする時の姿勢やマナーが悪いだけで、敬遠されてしまう場合もある。日本食の基本的なマナーを紹介する。

食事をするときは

食事をするときは

和食ではお茶碗やお椀を持って食べることが正しいマナー。置いたまま食べると姿勢が悪くなるので、要注意だ。また、肘をついて食べることは日本では礼儀正しくないとされるので、いくら楽でも極力避けて。

箸にまつわるマナー

箸にまつわるマナー

小さいころに正しい箸の持ち方を身につけると、その先ずっときれいな持ち方ができ、印象が良い。馴染みが無いと扱うのは難しいかもしれないが、挑戦してみよう。また、日本では箸に関するマナーが数多くある。例えば、食べ物を箸で突き刺す、箸を持ちながら何を取るか迷う、箸を口に加える等は行儀が悪いとされる。

食器の取り扱いは静かに

食器の取り扱いは静かに

食器を無造作に音を立てて置くのはマナー違反。箸で食器を叩いたり、音を立てながら食器を置くのはNG。

声のボリュームに注意

声のボリュームに注意

食事をする場所にもよるが、むやみやたらに大きな声を出すのは避ける。レストランは自分だけでなくほかのお客さんもいる共有の場なので、周りへの気遣いを大切にしよう。

お蕎麦はすすって食べてもOK!

お蕎麦はすすって食べてもOK!

音をたてて食べることは国やエリアによってはマナー違反となるが、日本で麺類を食べる場合は、ずるずるとすすって音を立ててもOK。特に蕎麦は、麺をすすって食べたほうが、口の中にそばの香りが広がるとも言われる。

「いただきます」と「ごちそうさま」

「いただきます」と「ごちそうさま」

食べ物に感謝をする意味で食前と食後に挨拶をするのが習慣である。食べ物には命が宿っていて、その命を頂きますという意味での「いただきます」。食べ終わったら感謝の意味を込めて「ごちそうさま」と言うことが基本である。声に出すかは状況次第。静まり返ったところや1人でいるときなどは、口に出さなくても心で唱えるようにしよう。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする