HOME 両国・東京スカイツリー(R) 東京で食べるとんこつラーメン
HOME 原宿 東京で食べるとんこつラーメン
HOME 浅草 東京で食べるとんこつラーメン
東京で食べるとんこつラーメン

東京で食べるとんこつラーメン

Update:

100年以上も前に中国から伝わり、日本独自の進化を遂げたラーメン。特にこの十数年ほどは空前のラーメンブームで、店ごとに味付けやトッピングに工夫を凝らしている。海外進出も話題になっている日本のラーメンを味わおう。

つけ麺で東京を代表する店「六厘舎」

つけ麺で東京を代表する店「六厘舎」

2005年に誕生し、つけ麺で一躍東京を代表するまでになった店。つけ麺とは、冷たい麺をスープに浸して食べるスタイルのラーメンで、蕎麦の食べ方に似ている。一般的なスパゲティよりも太い麺と、豚骨を長時間煮込んだ濃厚なスープがこの店の特徴で、今や日本のつけ麺のスタンダードにもなっている。数々のテレビや雑誌でも取り上げられるほどの有名店で、長蛇の列ができるほどだ。

  • 六厘舎TOKYO 東京ソラマチ店
    • 住所 Tokyo skytreetown soramachi6F, 1-1-2, Oshiage, Sumida-ku, Tokyo, 131-0045, Japan

30年以上愛される「九州じゃんがら」

30年以上愛される「九州じゃんがら」

秋葉原をはじめ、原宿、銀座、赤坂など都内で7店舗を展開する老舗の豚骨ラーメン店。その最大の特徴は極細でストレートな麺と醤油で味をまとめた豚骨スープだ。独特の甘みを感じる豚骨風味が人気を呼び、1984年の創業当時から変わらぬ人気を得ている。看板メニューの「九州じゃんがら」のほか、クリーミーな口当たりが評判の「ぼんしゃん」など、メニューも豊富にそろっている。

  • 九州じゃんがら 原宿店
    • 住所 1-13-21, Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo, 150-0001, Japan

行列の絶えない豚骨ラーメン「豚王」

行列の絶えない豚骨ラーメン「豚王」

若者の街で知られる渋谷にあり、周囲はいつも学生で賑わっている。豚骨をじっくり煮込んだ旨味の強いスープに、極細の麺を組み合わせた外国人にも人気のラーメンだ。また、20種類以上の煮干でとったダシが効いた煮干ラーメンは、日本の伝統的な料理技法である「ダシ」の美味しさを色濃く表現している。この「豚王」は、2010年から海外にも進出していて、現在は台湾、フィリピン、香港に多店舗展開をしている。

  • ラーメン凪 豚王 渋谷店
    • 住所 1-3-1, Higashi, Shibuya-ku, Tokyo, 150-0011, Japan

濃厚スープと海苔が特徴的!「浅草隊」

濃厚スープと海苔が特徴的!「浅草隊」

多くの外国人観光客が訪れる浅草にもラーメン店は多く、おすすめは浅草駅のすぐ目の前で深夜4時まで営業しているこの店。豚骨から抽出する濃厚スープの「横浜家系ラーメン」というジャンルは1970年代に横浜で生まれ、大判のチャーシューに茹でたホウレンソウと大きな海苔が3枚トッピングされるのが特徴。注文するとき、麺の茹で加減(硬い・普通・柔らかい)、スープの味(濃い・普通・薄め)、油の加減(多め・普通・少なめ)を自由自在に変えることができるので、挑戦してみて。スープを飲み干すと次回使えるクーポンがもらえる。

  • 豚骨醤油ラーメン 浅草隊
    • 住所 2-19-13, Kaminarimon, Taito-ku, Tokyo, 111-0034, Japan
※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする