HOME ブラックサンダーの工場直営店はチョコ好きの天国! 限定の白いブラックサンダーもある東京の販売店に潜入してきた
ブラックサンダーの工場直営店はチョコ好きの天国! 限定の白いブラックサンダーもある東京の販売店に潜入してきた

ブラックサンダーの工場直営店はチョコ好きの天国! 限定の白いブラックサンダーもある東京の販売店に潜入してきた

公開日: 2019/12/18
更新日: 2020/08/23

「ブラックサンダー」と言えば、日本人なら誰もが知っているほどポピュラーなチョコレート菓子。いつもはコンビニやスーパーでちょっと買うという人が多いと思いますが、都内に専門店があるってご存知ですか?しかも限定品の購入もできちゃうんです。

今回は、ブラックサンダーの工場直売所に潜入!チョコ三昧のあま~いレポートをお届けします♪

小平市にあるブラックサンダーの工場直営店「YURAKU CHOCOLATE SHOP」

小平市にあるブラックサンダーの工場直営店「YURAKU CHOCOLATE SHOP」

体操金メダリストの内村航平さんが「大好き」と公言している駄菓子「ブラックサンダー」。その製造販売元である有楽製菓の本社兼東京工場にあるのが、直営店「YURAKU CHOCOLATE SHOP」です。

場所は東京都小平市。西武拝島線「東大和市」駅から徒約歩6分で到着します。もともとは工場脇の小さな窓口で、特定の季節だけ一部の商品を販売していたのだそうですが、「地域密着型なので、地元の方がご利用しやすいように」(店長の石川さん)と現在のような直営店にリニューアル。さらにこの直営店店頭のみ消費税が内税方式に。お得に購入できてしまうんです!

限定ブラックサンダーは要チェック!

限定ブラックサンダーは要チェック!

こちらの直営店では、空港や物産展などで販売する「地域限定品」のブラックサンダーと、東京工場で製造している商品の販売がメインです。

北海道限定の「白いブラックサンダー ミニサイズビッグシェアパック」。標準48個入1200円(税込)。通常のブラックサンダーの半分ほどの大きさなので、個数が多くみんなに配るのにぴったり。

標準サイズも12本入600円(税込)と3本入180円(税込)とがあり、どちらもお土産として配りやすいです。

チョコクッキーとホワイトチョコの組み合わせはたまりません。3本入ならたくさんの人にも配れそう。

北海道限定の「メロ~ンなブラックサンダー」12本入 800円(税込)。※現在は販売終了。

東京限定「東京ブラックサンダー」は、「浅草みやげの代名詞」ともいわれる老舗の「浅草常盤堂」とのコラボ商品です。中には上品な風味の「雷おこし」が入っているので、クッキー入りの一般的なビッグサンダーよりあっさりとしたお味ですよ。これなら世代を問わず、喜ばれそうです。「東京ブラックサンダー」24本入 800円(税込)。

本格派デラックスチョコがずらり!

本格派デラックスチョコがずらり!

ブラックサンダーが全国的に有名なこともあって「有楽製菓は駄菓子の会社」と思っている人が多いかもしれません。ところが、伺ってみるとかなり本格的で高級感ただようチョコがずらりと並んでいるではないですか!

ショーケースの中にも、個包装された上品なチョコバーがずらり!1個100~200円(税込)。生チョコではないので、真夏以外は常温で保存可能です。

チョコバーを6本ずつセットにしたギフトボックス700~1000円(税込)にすることもできます。箱のデザインも高級感があるので、目上の方へのちょっとした手土産にもよさそう。

「デラックスクッキー」は、軽い食感のサブレ。2種類各7枚入 650円(税込)。

この他、季節によって販売される商品は入れ替わるそうで、夏の間にはゼリーやソフトクリームと言った季節商品も大好評なのだとか。

「パート・ド・フリュイ」ギフト用BOX 5種類9粒、トレータイプ5種類10粒、共に500円(税込)。

ソフトクリームはバニラ150円(税込)、チョコ200円(税込)。プラス100円(税込)でトッピングも可能です。

濃厚な味にもかかわらずお手頃価格、かつトッピングも追加できるので、毎日のように訪れるご近所さんもいるそう。例年10月で販売終了のため残念ながら取材日はいただくことができませんでしたが、もしあなたが夏に訪れることができたのなら、ぜひ試してみて!

店長さんに聞いた!人気チョコ3選

商品がたくさんあるため、ここでも今良く売れている人気のチョコを3つ、店長さんに教えていただきました!

人気No.3 DXチョコレート4味アソート

人気No.3 DXチョコレート4味アソート

食べやすい一口サイズの個包装チョコの詰め合わせです。200g 600円(税込)。

味はミルク、ホワイト、ダークオレンジ、コーヒーの4種類。このうち、ダークオレンジとコーヒーはお客さんからの要望もあり、個別でも販売しています。

「デラックスチョコレート ダークオレンジ」 22粒前後 400円(税込)。

「デラックスチョコレート コーヒー」 22粒前後 400円(税込)。

人気No.2 DXミルクチョコレート(通称大判)

人気No.2 DXミルクチョコレート(通称大判)

1979年の発売以来約40年地元で愛されてきたロングセラー。大判のミルク板チョコで、高級感ある深い味わいです。この味、この量でこのお値段とは、お値打ちです!330g 800円(税込)。

人気No.1 DXミルクチョコレート 薄板

人気No.1 DXミルクチョコレート 薄板

人気No.2のミルクチョコと味は同じで、薄く個包装になったタイプです。165g標準30枚 580円(税込)。薄板シリーズは、他にビター、ホワイト、季節によっていちごがあるそう。薄いため溶けやすく、10~3月までの冬季販売品です。

パッケージも上品。「近所のお客様などはお年賀で配っているようです」(店長石川さん)というのも納得ですね。人気No.2の大判タイプは人気No.1の倍量近く入っていてお値段は倍ほども変わらないので、お得感があります。プレゼントの相手や場面を想像してどちらか決めてもよさそうです。

番外:早い者勝ち!「割チョコ」フロランタン

番外:早い者勝ち!「割チョコ」フロランタン

人気商品ではありつつも、数量限定ということで番外となった「割チョコ」のフロランタン。製造できる量が限られているため、少量ずつしか販売しないそう。一番人気の写真一番右側「フロランタン」は限定20袋のみです。早ければ午前中には完売してしまう日も。

それぞれ1袋180gで650~750円(税込)。ベースとなるチョコと中に練り込まれているトッピングが異なります。

「ヘーゼル」は、ナッツ類の風味とフィアンティーヌ(薄焼きクレープ)の食感が何とも言えません。

工場直売所なので超お得!

工場直売所なので超お得!

ここ東京工場では、デラックスチョコバーなどの製造をしています。

こうして出来上がったチョコが包装され、直売所に並べられています。

見た目にも美しいチョコバーたち!

飴掛ヘーゼルナッツ、フィアンティーヌ(薄焼きクレープ)とミルクチョコを合わせた「ナッツ&フィアンティーヌ」 150円(税込)。

手刻みのオレンジピールとブランデーをペースト化したチョコクリームをマダガスカルビターチョコに充填。「オレンジピール」 200円(税込)

もともとは地域の方のためにと始まった工場直売所。ひょっとして「地元愛」がチョコの隠し味になっているのかもしれませんね。デラックスチョコレートシリーズは、ここ直営店かオンラインショップでしか買うことができません。他にも、限定品ブラックサンダーやグッズなどもありますので、チェックしてみてくださいね。

  • YURAKU CHOCOLATE SHOP
    • 住所 東京都小平市小川町1-94
    • 最寄駅 西武拝島線「東大和市」駅から徒歩6分
    • 電話 042-341-1813
    • 営業時間:9:00~17:00
      定休日:年末年始、お盆期間

珍しい商品や限定品が揃い、お得感たっぷりのブラックサンダー工場直売所「YURAKU CHOCOLATE SHOP」。品数も豊富なので、自分や家族用はもちろん、お土産やプレゼントにと、贈る相手に合わせて選べます。絶対におすすめですよ。

Written by:

株式会社ダリコーポレーション 倉林 慈英

株式会社ダリコーポレーション 倉林 慈英

美味しい食べ物とお酒、旅、物語を愛するライター。心身は良質な食べ物と経験で作られると信じている。難しい話は分かりやすく、シンプルな話は楽しく読める文章作りがモットー。

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索