HOME 東京・東京周辺 東京 新宿 【2022年】東京の桜の名所まとめ10選
HOME 東京・東京周辺 東京 上野 【2022年】東京の桜の名所まとめ10選
HOME 東京・東京周辺 東京 渋谷 【2022年】東京の桜の名所まとめ10選
【2022年】東京の桜の名所まとめ10選

【2022年】東京の桜の名所まとめ10選

公開日: 2019/02/26
更新日: 2022/02/08

日本の春といえば満開の桜がつきものだ。一帯が淡いピンクの花の色で埋まる、美しい桜を楽しめる東京の桜スポットを紹介しよう。

目次
  1. 1:新宿御苑
  2. 2:上野恩賜公園
  3. 3:千鳥ヶ淵
  4. 4:台東区立隅田公園
  5. 5:井の頭恩賜公園
  6. 6:目黒川
  7. 7:代々木公園
  8. 8:小石川後楽園(※臨時休業中)
  9. 9:六義園(※臨時休業中)
  10. 10:飛鳥山公園

1:新宿御苑

1:新宿御苑

広さ58.3ヘクタール、周囲3.5キロメートルの広大な園内では約65種、約1100本の桜が咲く。品種によって開花時期が異なるため、長く開花を楽しめるのも魅力だ。売店では桜にちなんだ菓子やお土産なども販売。新宿駅からのアクセスも良好だ。入園料一般500円。桜シーズン(3/15〜6/30)の開園時間は9:00〜17:30(閉園は18:00)。花見の期間である3月25日~4月24日は休まず開園する。お酒の持込と、遊具類の使用は禁止されている。

2:上野恩賜公園

2:上野恩賜公園

16世紀から大衆を中心に親しまれてきた花見スポットだ。総面積53万8千平方メートルの園内では、公園中通りを中心に約800本の桜が咲く。開園時間は5:00~23:00。夜間の23:00~5:00は立入禁止。公園管理所は8:30~17:15まで。

  • 上野恩賜公園
    • 住所 110-0007 東京都台東区上野公園
      地図をみる
    • 最寄駅 上野 駅 (北海道新幹線 / 東北新幹線 / 秋田新幹線 / 山形新幹線 / 上越新幹線 / 北陸新幹線 / 京浜東北線 / 山手線 / 東北本線 / 宇都宮線 / 高崎線 / 常磐線 / 上野東京ライン / 東京メトロ銀座線 / 東京メトロ日比谷線)
      徒歩1分
    • 電話 03-3828-5644

3:千鳥ヶ淵

3:千鳥ヶ淵

皇居の北西側にある千鳥ヶ淵の周辺は、人気の花見スポットだ。約1,000本の桜が咲き、かつての江戸城の石垣と桜を一緒に写真を撮ることができる。皇居西側の千鳥ヶ淵と英国大使館に挟まれた千鳥ヶ淵公園でも、約170本の桜を見ることができるので、周辺を歩いて回るのもおすすめだ。

写真提供/一般社団法人千代田区観光協会

4:台東区立隅田公園

4:台東区立隅田公園

夏には花火大会で有名な公園だが、春には桜の名所として知られる。約600本の桜はもちろん、目の前に見える東京スカイツリー(R)も一緒に写真に収めることができる。また、屋形船に乗って水上からの花見も忘れられない思い出になるだろう。

  • 隅田公園
    • 住所 131-0033 東京都墨田区
      地図をみる
    • 最寄駅 浅草 駅 (東京メトロ銀座線 / 都営浅草線 / 東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン) / つくばエクスプレス)
      徒歩5分

5:井の頭恩賜公園

5:井の頭恩賜公園

園内には約500本の桜があり、3月上旬から4月下旬まで桜を楽しむことができる。特に井の頭池の中央にかかる「七井橋」の上から見る桜は素晴らしい。約250本の桜が池の周囲に枝を下げ、水面に映る姿は格別だ。桜の花びらが浮かぶ池も味わい深い。

6:目黒川

6:目黒川

池尻大橋エリアから東急目黒線下の亀の甲橋までの約3.8キロメートルに、目黒川沿いに約800本の桜が咲く。公園といった施設はないが、川沿いのカフェやレストランからは飲食を楽しみながら花見ができることで人気だ。

  • 目黒川
    • 住所 153-0043 東京都目黒区世田谷区、品川区
      地図をみる
    • 最寄駅 目黒 駅 (山手線 / 東京メトロ南北線 / 都営三田線 / 東急目黒線)
      徒歩5分

7:代々木公園

7:代々木公園

新宿渋谷からのアクセスも良好な花見スポットが代々木公園だ。都立公園の中では3番目の広さの園内に総本数730本の桜が咲く。中央の広場で芝生に座り、花見弁当を食べながらのんびりと桜を味わいたい。(C)Tokyo Metropolitan Park Association

8:小石川後楽園(※臨時休業中)

8:小石川後楽園(※臨時休業中)

1629年に造営された大名庭園で、中国や日本の景勝が巧みに表現されている。さまざまな品種の桜が楽しめるほか、特に庭園中央にある池「大泉水」の水面に映る、美しい桜の花は観る人に深い感動を与えている。開園時間は9:00~17:00(入園は16:30まで)。例年はお花見期間中は休まず開園する。

※2022年は1月11日(火)~当面の間、臨時休業中

(C)Tokyo Metropolitan Park Association

  • 小石川後楽園
    • 住所 112-0004 東京都文京区後楽1丁目
      地図をみる
    • 最寄駅 飯田橋 駅 (中央本線 / 東京メトロ東西線 / 東京メトロ有楽町線 / 東京メトロ南北線 / 都営大江戸線)
      徒歩8分
    • 電話 03-3811-3015

9:六義園(※臨時休業中)

9:六義園(※臨時休業中)

約7年の歳月をかけて造り上げた庭園の中で、シンボル的な存在で親しまれているのがシダレザクラだ。高さ約15メートル、幅約20メートルの木に咲く桜はまるで滝のよう。夜間のライトアップされた姿も必見だ。開園時間は9:00~17:00。例年ライトアップ期間中は21:00まで、入園は閉園30分前まで。

※2022年は1月11日(火)~当面の間、臨時休業中

(C)Tokyo Metropolitan Park Association

10:飛鳥山公園

10:飛鳥山公園

古くから庶民の花見スポットとして親しまれてきた場所。園内には約600本の桜が咲く。また、園内は「あすかパークレール」というモノレール方式の斜行昇降施設が運行し、車内から見下ろす桜も圧巻。あすかパークレールの運行は10:00~16:00まで。保守管理などによる運休あり。

※この記事の情報は2022年2月時点のものです。最新の情報は公式サイト等をご確認ください。

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

航空券を探す

東京がはじめての方におすすめの記事
検索