施設説明

1774年、隅田川が大川と呼ばれていた時代に木造で架けられた大川橋が始まりとされ、1876年の架け替えの際に吾妻橋と命名された。その後も数度の架け替えが行われたが、関東大震災の被害を受けて1931年に再度架け替えをし、現在の姿になった。川沿いには約300本の桜並木があり、春には吾妻橋の朱色を一層美しく引き立てる。この桜は、八代将軍徳川吉宗公が民衆のために開放したとされている。現在も桜の時期になると墨堤さくらまつりや隅田公園桜まつりが開催され、多くの人で賑わう。また、橋のたもとには隅田川を遊覧する水上バス乗り場があり、水上からの東京観光もおすすめ。都営浅草線「浅草」駅4番出口よりすぐ。

施設基本情報

  • 住所

    130-0001

    東京都墨田区吾妻橋

  • 最寄駅
    本所吾妻橋 駅
    ・ 都営浅草線
    徒歩1分