施設説明

江戸東京の歴史と文化を学ぶと共に未来の都市と生活を考える場として、1993年に開館した「江戸東京博物館」。建物は高床式の倉をイメージしたユニークなデザインで、高さは約62.2メートルもある。地下1階から地上7階建ての館内には、展示室や図書室、ホールなどを併設している。常設展では初代将軍・徳川家康が入府してからの約400年間を中心に、歴史や文化を実物資料・復元模型などを通じて紹介。江戸の町に暮らした人々が、どのような生活を送っていたのかを垣間見ることができる。常設展についてはボランティアガイドを実施しており、英語や中国語など7ヶ国語の対応が可能だ(日によって対応できない言語もあり)。他にも、1階の展示室では特別展を、ホールや学習室では講座・体験教室などを開催している。また、館内にはレストランやミュージアムショップも併設。都営地下鉄大江戸線「両国」駅A3・A4出口より徒歩1分。

施設基本情報

  • 住所

    130-0015

    東京都墨田区横網1-4-1

  • 最寄駅
    両国 駅
    ・ 総武本線
    ・ 都営大江戸線
    徒歩1分
  • 電話
    03-3626-9974

    Our staff may only be able to communicate in Japanese.

  • 営業時間
    火曜日 09:30 - 17:30
    水曜日 09:30 - 17:30
    木曜日 09:30 - 17:30
    金曜日 09:30 - 17:30
    土曜日 09:30 - 19:30
    日曜日 09:30 - 17:30
  • 定休日
    月曜日
    月曜が祝日または振替休日の場合はその翌日、年末年始