HOME 東京・東京周辺 東京 築地 築地の日本料理「魚月」はまるで竜宮城! プロジェクションマッピングと料理で日本昔ばなしが楽しめる新感覚レストラン
築地の日本料理「魚月」はまるで竜宮城! プロジェクションマッピングと料理で日本昔ばなしが楽しめる新感覚レストラン

築地の日本料理「魚月」はまるで竜宮城! プロジェクションマッピングと料理で日本昔ばなしが楽しめる新感覚レストラン

公開日: 2020/02/13
更新日: 2020/12/18

桃太郎や浦島太郎など、日本に古くから伝わる「日本昔話」をプロジェクションマッピングと日本料理で楽しむ。築地日本料理「魚月」はそんな面白い試みをしている新感覚レストランです。日本昔ばなしを映像と料理で楽しめるとは一体!? 早速体験してきました!

築地にある、まるで竜宮城のような日本料理店「魚月(なづき)」

築地にある、まるで竜宮城のような日本料理店「魚月(なづき)」

今回ご紹介するのは、東京・築地にある日本料理店「魚月(なづき)」が2020年1月20日(月)に提供を開始した新メニュー。日本料理をモチーフにしたコース料理の第一弾で、『竹取物語コース』『鶴の恩返しコース』の2つが用意されています。

魚月は、2019年7月に360°プロジェクションマッピングと料理を五感で楽しむ新感覚レストランとしてリニューアルオープンした日本料理店。築地ならではの四季折々の厳選された食材を使用したコース料理や御膳などが味わえるお店です。

同店は「古いものと新しいものの融合」をデザインコンセプトにしているだけあって、伝統的で洗練された料理とデジタルアートの技術が融合した、まさに非日常体験が楽しめる空間になっています。

90席あるメインホールのほか、最大10人が入れるプライベートVIPルーム2部屋、観光バスで訪れる団体にも対応する「はなれ」の部屋があり、2~100人までさまざまな用途に対応します。

※魚月では新型コロナウイルス対策として、社員出勤時の検温およびマスク着用のほか、来店者には手の消毒を依頼。店内はエントランスを常時開放し、送風機による換気を実施。メインホールは94席と余裕のある空間を活用し、席の間隔を十分に取った配席をしています

魚月の営業時間はランチが11:00~15:00(L.O. 14:30)、ディナーが17:00~22:00(L.O. 21:00)。主な料理はランチが「鮪・とろろの2食丼」1100円、「魚月御膳」1350円、「ランチ握り」1500円(各税別)~。ディナーが「お好みコース(肉または魚)」6000円(各税別・サービス料別)~となっています。

今回は「はなれ」の部屋で『竹取物語コース』『鶴の恩返しコース』を体験してきました。

旅の思い出に日本昔ばなしが描かれた絵本型メニューが持ち帰れる

『竹取物語コース』『鶴の恩返しコース』はランチ/ディナータイムともに楽しめるメニューで、料金は各7800円(税込)。+2000円で2時間の飲み放題コースも付けられます。

両コースとも主に5つのシーンで構成されていて、プロジェクションマッピングを用いた物語の映像が流れたあとに、お料理が運ばれてくる仕組みです。

コースを注文した全員がもらえるメニューは、なんと絵本形式。英語が併記されていて、お料理を食べる前に物語を楽しんだり、持ち帰って帰国後にお土産話で友人や家族に伝えたり、いろんな使い方ができそうです。

『竹取物語コース』のメニュー

詳細はぜひお店で楽しんでもらいたいのですが、映像は動画と音楽で構成されていて、日本語が分からなくても楽しめるようになっています。

プロジェクションマッピングイメージ

気になるお料理は、『竹取物語コース』が「前菜のお造りと盛り合せ」「強肴(赤座海老蒸し焼、桜海老のソース、山菜のあんかけ)」、「焼き八寸(銀鱈西京焼き、竹の子 木のめ あげ、蟹茶碗蒸し、和牛ロースト、茗荷ずし)」、「食事(スモーク海鮮丼、赤出汁)」、「水菓子(お楽しみデザート盛り合せ)」。

『竹取物語コース』の料理(左上から時計まわりで前菜とお造り盛り合せ、水菓子、焼き八寸、食事、強肴)

『鶴の恩返しコース』は「先付(河豚うす造り)」、「魚料理(銀鱈西京焼き 淡雪ソース、山菜天婦ら、蟹と旬菜のお浸し、竹の子 木のめあえ、桜海老 青利いか、鮑羽二重蒸し 銀あん)」、「肉料理(和牛ロースト、野菜のテリーヌ 黄味がらし、焼き野菜 橙酢あん オニオンチップ)」、「食事(お寿司盛り合わせ、赤出汁)」、「水菓子(お楽しみデザート盛り合せ)」が味わえます。

『鶴の恩返しコース』の料理(左上から時計まわりで肉料理、水菓子、食事、魚料理、先付)
どの料理も魅力的なのですが、筆者が個人的に注目したのは『竹取物語コース』の食事で提供されるスモーク海鮮丼。蓋を開けた瞬間にスモークが広がり、まるで月からかぐや姫を迎えに来た天女が現れる様子を再現しているよう

日本人でも知っているようで知らない物語もある「日本昔話」。映像と料理を楽しみながら物語の内容まで知れる、興味深い体験でした。

お店の外にはタピオカ店が

お店の外にはタピオカ店が

もし食事後に飲み物や甘いものがほしくなった人には、魚月が入店している築地 KYビルの1階外にあるタピオカ店「万福茶吉(MANPUKU CHAKICHI)」がおすすめです。魚月と同じ企業が運営しているお店で、健康と美しさを考えたタピオカ・ティーが特徴です。

食後に「抹茶ミルク(アイス)Mサイズ」を注文。牛乳が苦手だと話したらアーモンドミルクに変更してもらえました。ほんのり甘く、抹茶でさっぱりしておすすめです

Written by:

上口翔子

上口翔子

LIVE JAPAN編集部 日本語東京エリアの編集担当。IT系Webメディアの編集記者や地元の富士山エリアで事業を展開する企業の広報宣伝業務を経て、2016年ぐるなび入社。趣味は富士山の撮影と「ぬい撮り」。

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

この記事を読んだあなたにおすすめの施設

検索