HOME 東京・東京周辺 東京 東京駅 もったいない…外国人が日本のコンビニスイーツを食べてショックを受けた5つの理由
もったいない…外国人が日本のコンビニスイーツを食べてショックを受けた5つの理由

もったいない…外国人が日本のコンビニスイーツを食べてショックを受けた5つの理由

公開日: 2020/02/10
更新日: 2020/07/19

コンビニエンスストアで販売されているオリジナルスイーツ、バリエーション豊富でどれもおいしく、コンビニに立ち寄ればついつい買ってしまう人も多いはず。それは、日本を訪れた外国人も同じです。

さて、外国人の皆さんは、コンビニスイーツのどんなところに魅力を感じているのでしょうか?話を聞いてみると、さまざまな意味でショックを受けたことがあるとのこと。早速、その結果を確認してみましょう!(以下コメントは回答者の個人的な意見です)

なにより味が絶品。来日する外国人にもおすすめしてるよ!

なにより味が絶品。来日する外国人にもおすすめしてるよ!
Fadhli Adnan / Shutterstock.com

最も多かったのは、スイーツのおいしさに感激する声でした。

「スプーンで食べるロールケーキが最高においしい!来日する友達に必ず薦めています」(中国/30代/女性)

「ゴディバとか有名なスイーツブランドとコラボしているのがすごい。そして、めちゃくちゃおいしい!僕の国でも話題になっています」(韓国/男性/20代)

「日本は抹茶や和食のイメージが強くてスイーツはあまり甘くない印象でしたが、コンビニスイーツは甘さがしっかりありおいしくて、驚きました」(アメリカ/20代/男性)

「フィナンシェやベイクドチーズケーキは、高級スイーツショップで売られていても遜色ないレベルで感激しています。寒天ゼリーとかヘルシーなスイーツもとてもおいしい」(マレーシア/40代/男性)

数々のスイーツに寄せられる「おいしい」の声。みなさん、実はいろんなスイーツを食べてみているんですね!

期間限定スイーツが豊富! 新しいアイデアにびっくり

期間限定スイーツが豊富! 新しいアイデアにびっくり

種類が豊富なのもコンビニスイーツの特徴の一つ。特に、「期間限定」であることは外国人にとって驚きのようです。

「毎週のように、新しいアイデアのスイーツが出ていて、その頻度が半端ない!よくそんなに新商品が生まれるなあとびっくりです。コンビニへ行くたびに、新商品を楽しみにしています」(タイ/30代/男性)

「去年のひなまつり、お雛様のケーキが売られていて、つい買っちゃいました。シーズンを感じるスイーツがたくさんあってかわいい!」(オーストラリア/女性/20代)

「期間限定の味に感動。でも、入れ替わりが激しいので、お気に入りの味がいつの間にかなくなっていてショック」(インドネシア/20代/女性)

期間限定で見た目もユニークなスイーツがあるけれど、販売期間が短いのは確かに残念です。

パフェ、キャラ和菓子……豪華でSNS映え抜群!

パフェ、キャラ和菓子……豪華でSNS映え抜群!
Hannari_eli / Shutterstock.com

アンケートに答えていただいた外国人の中でも、特に女性は、味だけではなく見た目にも注目しているよう。

コンビニで買えるとは思えないほど豪華なスイーツがたくさんありますよね。パフェが大好きです」(台湾/30代/女性)

ケーキやプリンがフルーツたっぷりで、色どりがとてもきれい。私の国ではフルーツをよく食べていたので、フルーツ入りをつい選びます」(ベトナム/20代/女性)

「キャラクターの形をした和菓子とか、SNS映えするスイーツが多い!このかわいさはさすが日本」(イギリス/30代/女性)

カラフルなスイーツは思わず写真を撮りたくなりますよね。この心理は、全世界共通のようです。

おいしけど…量がもっとほしい!

おいしけど…量がもっとほしい!
Fadhli Adnan / Shutterstock.com

反対に、外国人男性からは、こんな意見がありました。

「結構イギリスと似たような感じで、種類が違うだけって感じます。ひとつ言うと、基本的に日本の方は量が少ないです!イギリスだとコンビニで買っても基本的にスーパーと同じ量と値段で少し安い。それは残念だなと思いました」(イギリス/20代/男性)

「ボリュームのわりに結構高いなーって思います……。味は想像通りにおいしいと思います!」(インド/20代/男性)

男性向けのがっつりボリュームなスイーツもいくつか販売されていますが、200~300円とスーパーよりは少し高め。味や見た目のかわいさにこだわっているからこその価格設定ともいえるかもしれません。

日本のコンビニスイーツ、母国とこんなに違う!

日本のコンビニスイーツ、母国とこんなに違う!
Fadhli Adnan / Shutterstock.com

最後に、母国で売られているスイーツとの違いにショックを感じた人たちの意見をご紹介します!

「日本のコンビニスイーツは、種類の多さとおいしさに驚きました。でも、逆に毎日捨てる量も多くてびっくり。店員さんが当たり前のように廃棄している姿を、ドイツで見たことがなかったのでショックでした。もったいないと思います」(ドイツ/30代/女性)

「クリームが甘くてたっぷりすぎ!フランスはもっとさっぱりしたクリームをよく使うから。エクレアやシュークリームとかのフランスのお菓子も、日本のは極端に甘く感じます」(フランス/30代/男性)

「種類が豊富で、旬のスイーツが多いのはうれしいですが、地域限定のスイーツが少ない気がします。中国にある日系のコンビニでは地域限定のスイーツが結構あるので……」(中国/20代/男性)

「種類は多いけど、手軽さがないかな。アメリカは車社会だから、運転しながら片手で食べられるドーナツが人気だけど、日本のコンビニスイーツは家でしっかり食べる!ってものが多い。わりとびっくりしました」(アメリカ/40代/女性)

母国との違いにびっくりする声もいろいろ集まりましたが、味と見た目のクオリティの高さ、そして種類の豊富さに感激する声が多く聞かれました。来日する外国人の方々に、観光の合間でぜひコンビニスイーツを味わってもらえたらうれしいですね!

Written by:

田中ラン

田中ラン

東南アジアが拠点のライター。安いビールが生きがい。

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索