HOME 東京・東京周辺 東京 お台場 東京屈指の観光地・お台場でショッピングやグルメ、美景を堪能 「アクアシティお台場」で過ごす1dayガイド
東京屈指の観光地・お台場でショッピングやグルメ、美景を堪能 「アクアシティお台場」で過ごす1dayガイド

東京屈指の観光地・お台場でショッピングやグルメ、美景を堪能 「アクアシティお台場」で過ごす1dayガイド

公開日: 2020/07/13

東京・お台場にある商業施設「アクアシティお台場」は、2020年4月1日、20周年を迎えました。買い物や食事ができることはもちろん、東京湾の鮮やかなブルーが印象的な海の目の前にあるため、美景と一緒に楽しむことができることも人気の理由です。東京といえば、都会的な街並みしか見られないと思っている人は、きっと意外に思うはずです。
この記事では、20周年を記念して誕生したマスコット「アクピー」と一緒にアクアシティお台場の魅力を1日観光形式で紹介していきます。

Meet Akupi!

Meet Akupi!
協力「株式会社ゆりかもめ」

突然登場したのは、アクアシティお台場の20周年を記念して生み出されたマスコットのアクピー。海を連想させるボーダー柄のシャツを着たクマで、不思議なリアクションとユーモアを持ち合わせているので、たっぷり楽しませてくれそうな予感。今回、私たちを案内してくれるアクピーは、20周年を迎えたアクアシティお台場のあちこちにいるので、ぜひ探してみて。

お台場へのアクセスは「新交通ゆりかもめ」が便利

お台場へのアクセスは「新交通ゆりかもめ」が便利
近未来的な乗り物「新交通ゆりかもめ」/協力「株式会社ゆりかもめ」

お台場へのアクセス方法は、主に4つ。新宿駅や渋谷駅から直通運転している「りんかい線」や、「水上バス」、「路線バス」、「新交通ゆりかもめ」(通称「ゆりかもめ」)があります。中でもおすすめは「ゆりかもめ」。東京で最初に導入された自動運行システムを使い、お台場まで無人運行しています。「ゆりかもめ」という名前の由来は、東京湾に住む頭部が黒い鳥の「ユリカモメ」からだそう。
新橋駅からお台場までの所要時間は約15分。新橋駅へは山手線でアクセス可能なので、東京都心のどこからでもアクセス便利です。

アクピーの案内でお台場へ向かう

「ゆりかもめ」は市街地を見下ろす高さの高架上を走行しているので、どの席からでも素晴らしい景色を望むことができますが、最前列に座ると、前も横も絶景。

ようこそ、東京湾に面した「アクアシティお台場」へ

ようこそ、東京湾に面した「アクアシティお台場」へ

アクアシティお台場は、台場駅から1~2分の場所にあります。台場駅そばには東京のシンボル・レインボーブリッジが眺めながら海沿いを歩くことができる「プロムナード」もありますが、まずはアクアシティお台場へ。

入口には、アクピーのポスターが掲げられ、20周年のお祝いムードたっぷり。このポスターだけでなく館内のあちこちでアクピーを見つけることができるはず。

どう過ごす?インフォメーションカウンターで計画を立てよう

どう過ごす?インフォメーションカウンターで計画を立てよう

アクピーに案内されて、インフォメーションカウンターへ。インフォメーションカウンターは台場駅から続くメインエントランスをまっすぐ進んだところにあり、すぐに見つけられますよ。フロアガイドをもらい、免税サービスや、そのほか便利なサービスについて教えてもらいましょう。

アクアシティお台場は120以上のショップやレストラン、海をテーマにしたエンターテインメントや映画館などを併設した大型複合ショッピングセンターなので、フロアガイドがあっても分かりづらいことがあるかもしれません。館内には館内マップやAIシステムを搭載したバイリンガルの案内板もありますが、最先端技術を搭載したアンドロイド「地平ジュンこ」が案内してくれるインフォメーションカウンターに注目を。

ジュンこさんは、スタッフと同じ制服を着ており、遠くからではアンドロイドであることに気づかないかもしれません。

質問があれば、最先端の入力システムを使って自由に質問してみて。アクアシティお台場についてだけでなく、ジュンこさんの個人的な質問でもOKですよ。

屋上に神社がある?!

屋上に神社がある?!

次はアクアシティお台場の屋上へ。屋上には、バーベキューパークや「アクアシティお台場神社」があります。お台場神社は開運の神が宿るパワースポットで、縁起がよい写真が撮れる絶好のロケーション。東京湾デートの行き先としてカップルに人気なので、ぜひ訪れてみて。

運試しに、おみくじに挑戦。おみくじはお土産にしてもOK。

ランチはラーメンをテーマにしたラーメンパーク「東京ラーメン国技館 舞」へ

ランチはラーメンをテーマにしたラーメンパーク「東京ラーメン国技館 舞」へ

ランチは、5階のラーメンパークへ。「ラーメンをテーマにしたフードパーク」として知られる「東京ラーメン国技館 舞」があります。

日本の伝統が感じられる雰囲気でフォトスポットにもおすすめ。6つのラーメン店があり、どこのお店にしようか迷ってしまいます。ラーメン好きなら、ぜひ訪れてみて。

今回は「金澤濃厚とんこつラーメン 神仙」をチョイス。濃厚な豚骨と醤油ベースのスープに、角煮と旨味のあるジューシーなチャーシュー、半熟卵に海苔、そしてネギとシナチクが盛られたラーメンをオーダーしました。これを食べれば、1日元気に過ごせそう。

さあ、ショッピングへ

さあ、ショッピングへ

アクアシティお台場は、お買い物天国!幅広いジャンルの店舗があり、カップル、家族、友達、そしてひとりでも、満喫できます。

まずは、人気のお店「フライング・タイガー・コペンハーゲン」へ。種類豊富な雑貨を揃えているので、ユニークなものを探している人に特におすすめです。

トレンドにあわせて商品が入れ替わるので、心ときめくアイテムに出会えるはず。

現代風にアレンジされた和風インテリア雑貨もたくさんあります。

人気マンガの世界に浸りたいなら「ジャンプショップ」へ

人気マンガの世界に浸りたいなら「ジャンプショップ」へ

「ジャンプショップ」も日本のトレンドに触れられるおすすめのお店。「週刊少年ジャンプ」で連載中の作品を中心としたグッズやコミックスが手に入ります。『ONE PIECE』や『DRAGON BALL』などの傑作シリーズをはじめ、人気作品のグッズが多数揃っています。また、お店の入り口にある『DRAGON BALL』のフォトスポットでの記念写真はきっと良い思い出になるでしょう。※展示物は取材時と異なる場合がございます。

©SHUEISHA Inc.All rights reserved.
©SHUEISHA Inc.All rights reserved.

運試しをしたいなら、クレーンゲームやガシャポンに挑戦してみましょう。

トレンドをチェックしたいなら「AZUL by moussy」へ

トレンドをチェックしたいなら「AZUL by moussy」へ

アクアシティお台場はファッション関連のお店が多く、貴方の好みのスタイルがどんなものでも気になるアイテムが見つけられるはず。中でも東京のファッショントレンドをおさえたアイテムを手軽な価格で提供する「AZUL by moussy(アズール・バイ・マウジー)」は要チェック。

あなたに合う春の装いを見つけよう。

何でも揃う100円ショップ「ザ・ダイソー」もおすすめ

何でも揃う100円ショップ「ザ・ダイソー」もおすすめ

「ザ・ダイソー」も要チェック。規模が大きく海をテーマにしたアクアシティお台場のイメージに合わせて、店内のテーマカラーもマリンブルーで統一しています。商品のほとんどが100円(税別)で、日用品のほかにも便利なグッズが揃っています。

お土産や日本らしいギフト、お菓子もあります。

絶景を眺めながら食事を

絶景を眺めながら食事を

おなかが空いてきたら、東京湾に沈む夕日を眺めながらディナーを。東京湾を一望できるウッドデッキエリアに屋外テラス席を備えたレストランがたくさんあります。レインボーブリッジ越しに見える東京都心の風景を満喫しましょう。

今回は、ピザ&パスタ専門レストランチェーン「トゥ・ザ・ハーブズ」へ。ハーブやチーズ、ワインやハムなどが美味しいお店です。沈んでいく夕日を眺めながら、美味しい食事に舌鼓みを。

夜はフォトスポットへ

夜はフォトスポットへ

夕日が沈むと街明かりが灯りはじめ、東京湾にはネオンの光がキラキラと輝き始めます。遠くには東京タワーも。

アクアシティお台場は、年間を通してイルミネーションが点灯されています。写真スポットがたくさんあるので、散策しながら素敵な写真を撮りましょう。

アクアシティお台場を案内してくれたアクピーと一緒に記念撮影。さあ、下のリンクをチェックして「アクアシティお台場」でのプランニングを立てましょう。

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索