HOME 東京・東京周辺 東京 高尾山 高尾山の観光おすすめスポット10選+α! グルメに絶景、宿泊に、楽しい場所が満載
高尾山の観光おすすめスポット10選+α! グルメに絶景、宿泊に、楽しい場所が満載

高尾山の観光おすすめスポット10選+α! グルメに絶景、宿泊に、楽しい場所が満載

公開日: 2019/08/19
更新日: 2020/11/11

都心から1時間ほどで豊かな自然を堪能できるスポットとして大人気の高尾山。標高599mと決して高いとはいえない山でもあり、登山に慣れ親しんでいない人でも気軽に訪れることができます。2020年6月19日には、東京都では唯一かつ初となる「日本遺産」に認定されました(※)。またフランスのミシュラン発行の旅行ガイドブックにも、富士山と並んで三ツ星で紹介されるほど魅力的な場所です。

日本国内のみならず世界各国から数多くの人が訪れ、今では「世界一登山客が多い」とまでいわれるほどになりました。そんな高尾山はいったいどのようなところなのでしょうか? 今回は、パワースポットなど観光の見どころやアクセス、登山ガイドなどの基本情報、さらにはおすすめグルメまで高尾山の魅力をご紹介します!

(※)「日本遺産」は、地域の歴史的な魅力や特色を紡いだ「ストーリー」を文化庁が認定する制度。八王子市が申請した「霊気満山 高尾山〜人々の祈りが紡ぐ桑都(そうと)物語〜」が2020年6月19日に都内で初めて認定されました
main image:picture cells / Shutterstock.com

高尾山といったらこれ!外せない見どころ

子供から大人まで楽しめる高尾山には、数多くの見どころがあります。高尾山を訪れたら絶対にチェックしてほしい名物や見どころをご紹介しましょう。
高尾山薬王院

高尾山の中腹にある薬王院は、1200年以上の歴史をもつ寺院です。さまざまなご利益をいただけるパワースポットがいくつもあるので、参拝して境内をまわってみましょう。

高尾山のシンボルとなっている天狗の像もたくさんあって見応え抜群。日本で古くから言い伝えのある天狗は開運や魔よけをもたらすといわれています。
●美しい展望

Gelo Santos / Shutterstock.com

高尾山には見晴らしの素晴らしい展望ポイントがいくつもあります。眼下にはビルや東京スカイツリーが並ぶ東京都心や横浜方面まで一望できるでしょう。冬の晴れた日には、高尾山頂から美しい富士山を拝めるかもしれません。
●ケーブルカー・リフト

picture cells / Shutterstock.com

高尾山にはケーブルカーとリフトがあるので、自分の足で登山をしなくても中腹まで行くことが可能。日本でもっとも急な坂を上り下りするケーブルカーか、さわやかな風を感じながら美しい樹林のなかを進むリフトのどちらかを選ぶことができます。
●舗装されたコース

picture cells / Shutterstock.com

高尾山では、舗装されたコースを歩いて山頂を目指すこともできるのが大きな魅力といえるでしょう。坂が少しきついところもありますが、小さな子供や体力に自信のない人でも歩きやすいコースが用意されています。

また、コースの途中には見どころもたくさん。緩やかな道の女坂と108段の石段からなる男坂のどちらかを選ぶ分かれ道や、根がたこの足のように奇妙にねじれている「たこ杉」などがあるので楽しみながら登って行けるでしょう。
●豊かな動植物

高尾山には1500種類以上の植物、100種類以上の野鳥、4000種以上の昆虫がいるといわれています。こうした豊かな動植物との出会いも高尾山の魅力。四季によってさまざまな表情をみせてくれる高尾山自然と生命を感じられます。
高尾山さる園

Kangsadarn.S / Shutterstock.com

高尾山の中腹には、約70頭のニホンザルが出迎えてくれる「さる園」があります。愛らしい仕草で観光客に親しまれているニホンザルは高尾山のマスコット的な存在です。ユーモラスなサル達に会いに立ち寄ってみましょう。
●京王高尾山温泉 / 極楽湯

京王線高尾山口駅の隣に、和の雰囲気たっぷりの温泉施設があります。地下約1000mから湧いている天然温泉の露天岩風呂のほか、香り豊かな檜風呂など7種類の風呂を楽しめる癒しの空間です。ゆっくりと温泉に浸かって、登山の疲れをとってから帰りましょう。

●楓 kaede

高尾山口駅にある売店です。飲み物や軽食などコンビニのような品揃えのほか、アウトドアグッズや土産を売っているのが特徴。山に入る前に、足りないものがないか確認するために寄ってみるとよいでしょう。

都心から高尾山へのアクセス

都心から高尾山へのアクセス

高尾山東京都八王子市にあるので、都心から1時間ほどで行けるのが魅力です。高尾山の玄関となる高尾山口駅は京王高尾線の終点。JRを利用する場合には、高尾駅で乗り換えましょう。日帰りで気軽に訪れることのできる高尾山への行き方をご紹介します。
<京王線>
新宿駅→<京王高尾線 特急・準特急(約46分・390円(現金))>→高尾山口駅
※途中の「北尾駅」「高尾駅」で乗り換える電車もあります

<JR>
新宿駅→<JR中央線 特別快速(約44分・550円(現金))>→高尾駅→<京王高尾線(約3分・130円(現金))→高尾山口駅

初心者もOK!高尾山での登山ガイド

初心者もOK!高尾山での登山ガイド
MMpai / Shutterstock.com

高尾山には、次のように魅力的な7つのコースが用意されています。

1号路:表参道コース(3.8km/1時間40分)
2号路:霞台ループコース(0.9km/1周30分)
3号路:かつら林コース(2.4km/1時間)
4号路:吊り橋コース(1.5km/55分)
5号路:山頂ループコース(0.9km/1周30分)
6号路:びわ滝コース(3.3km/1時間40分)
稲荷山コース:3.1km/1時間40分

●初心者向け!高尾山町までの王道コース
登山経験や体力によって自由にコースを選択できますが、今回は初心者にもおすすめの王道コースをご紹介します。

高尾山自然や歴史、文化、美しい展望を楽しめるコースで、ケーブルカーやリフトを利用すれば普段着でも気軽に登れるほどの道です。もちろん、乗り物に頼らずに自分の足で登山することも可能。

高尾山口駅
↓ 徒歩5分
ケーブルカーまたはリフト
↓ ケーブルカー6分 / リフト12分
ケーブルカー高尾山
↓ 徒歩5分
さる園・たこ杉
↓ 徒歩 3分
浄心門
↓ 徒歩10分
男坂・女坂
↓ 徒歩10分
高尾山薬王院
↓ 徒歩20分
高尾山山頂

●おすすめの服装
高尾山の気温は、都心と比べて2度ほど低いと考えておきましょう。山頂になると約4度低いこともあるので、寒い時期には特に温かい服装で出かけてください。

気軽に登れる山として人気の高尾山は、ケーブルカーやリフトを利用するなら普段着で訪れても問題ないでしょう。とはいえ、急な斜面もあるのでハイヒールやサンダルは避けてください。

しっかりとした登山靴が理想的ですが、舗装されている1号路ではスニーカーでも十分といえます。6号路や稲荷山コースは舗装されていない山道ですから足首まで保護された登山靴を選ぶなど、コースや季節、天候をよく調べて準備を整えましょう。

●登山する際の注意点
高尾山で登山を楽しむときには、帽子や水、おやつなどの非常食、地図、ゴミ袋を持っていきましょう。子供も安心して登ることのできる1号路では本格的な装備は必要ありませんが、山登りという意識を忘れずに準備をしておくと安心です。

特に、ゴミ袋は忘れずに。高尾山の飲食店で購入したもの以外は、個人の責任ですべて持ち帰ってください。また、高尾山自然公園ですから、植物を折ったり石を持ち帰ったりする行為も禁止されています。火器の使用も厳禁なのでバーベキューなども控えましょう。

パワーをもらえる!高尾山の名物グルメ

パワーをもらえる!高尾山の名物グルメ
maodoltee / Shutterstock.com

パワースポットが数多くある高尾山では、エネルギーをもらえるグルメが揃っています。高尾山を歩きながら名物グルメも存分に楽しみましょう。

●とろろ蕎麦
すりおろした山芋や長芋を蕎麦にかけていただく、とろっとした喉越しが特徴のとろろ蕎麦は高尾山の名物です。薬王院の参拝客に栄養たっぷりのとろろ入りの蕎麦を食べてもらいたいと、明治以降から提供し始めたといいます。高尾山のふもとから山頂までにある20軒ほどの食事処でいただけるので、好みのとろろ蕎麦を食べてみましょう。

●天狗グルメ
高尾山のシンボルでもある天狗は、さまざまなグルメとして楽しむことができます。特に有名なのは、甘いあんこの入った天狗焼き。ほかにも天狗をモチーフとした饅頭やせんべいなどさまざまな和菓子が売られています。

●団子
高尾山を歩いていると、あちこちの店先で団子が売られているのを見かけるでしょう。味噌や醤油のタレ、あんこなどがかかった、もちもちとした食感の団子は高尾山の名物です。なかには、幸せなパワーをもらえるといわれている縁起の良いだんごもあります。

高尾山周辺のおすすめスポット

●観る

●食べる

●泊まる

  • 京王プラザホテル八王子
    • 住所 192-0083 東京都八王子市八王子市旭町14-1
      地図をみる
    • 最寄駅 八王子 駅 (横浜線 / 中央本線 / 八高線)
      徒歩5分

    空室検索・予約

    最新の料金や料金詳細、客室の条件は異なる場合がありますので、提携先のサイトをご確認ください。

Written by:

陽子

陽子

グランドホステス、webディレクターなどを経て2013年にライターとして独立。恋愛・家庭問題・日本文化などを中心に幅広く執筆中。空港や基地が癒しスポット。

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索