HOME 東京・東京周辺 東京 恵比寿・中目黒 恵比寿・中目黒×美術館 訪日外国人の人気施設ランキング 2019年7月
恵比寿・中目黒×美術館 訪日外国人の人気施設ランキング 2019年7月

恵比寿・中目黒×美術館 訪日外国人の人気施設ランキング 2019年7月

公開日: 2019/08/10

日本最大級の訪日外国人観光客向け観光情報サービス「LIVE JAPAN」に登録されている恵比寿中目黒美術館の中から、外国人が実際にページを見た場所をランキング形式で紹介します。
例えば、「アートフロントギャラリー」,「山種美術館」,「目黒区美術館」など注目のお店も入っていました。恵比寿中目黒に行く際は参考にしてみてください。

第1位:アートフロントギャラリー

第1位:アートフロントギャラリー

渋谷恵比寿から近い、緑豊かな代官山にあるアートギャラリー。

現代作家、特にアジア地域のアーティストを扱っています。国際的に活躍するレアンドロ・エルリッヒ、川俣正、大巻伸嗣など毎月の企画展のほか、日本らしい細やかな雰囲気の作品を常時そろえております。

都内有数のホテルにも飾られている人気作家の作品を、大型作品からお持ち帰りになれるお土産サイズまで、平面作品のほか、ガラスや陶器のオブジェもご用意しています。また、隣接するT-SITE内のカフェにも作品の取り扱いがございます。

越後妻有トリエンナーレや瀬戸内国際芸術祭の参加作家と連動して、ギャラリースペースからプロジェクト発信を行っております。時代の精神性や社会性を問う作品は、アート界における現在の日本の姿を示しています。できれば来店前にご連絡いただくと、お好みの作品を用意してお待ちすることができます。

第2位:山種美術館

第2位:山種美術館

JR恵比寿駅・西口、東京メトロ日比谷線恵比寿駅・2番出口より徒歩約10分。日本初の日本画専門美術館として、1966年に日本橋兜町に開館した山種美術館。2009年に現在の渋谷区広尾に移転し、新美術館をオープンした。館内には、明治から現在までの近代・現代日本画を中心とした古画、浮世絵、油彩画など1,800点余りを所蔵。季節ごとに様々なテーマに合わせた展覧会を年間5~6回行っている。地下1階には展示室などがあり、広さは合わせて約650平方メートル。これらの展示室は、日本画の鑑賞の妨げにならないよう独自の照明システムを設置している。また、ミュージアムショップやカフェも併設しており、展示作品をモティーフにしたオリジナルグッズやオリジナル和菓子も人気が高い。

  • 山種美術館
    • 住所 150-0012 東京都渋谷区広尾3-12-36
      地図をみる
    • 最寄駅 恵比寿 駅 (湘南新宿ライン / 山手線 / 埼京線 / 東京メトロ日比谷線)
      徒歩10分
    • 電話 03-5777-8600

第3位:目黒区美術館

第3位:目黒区美術館

地域の方々に気軽に美術を楽しんでもらえるよう、1987年に東京・目黒区にオープンした美術館。主に日本の近・現代の美術品を収蔵・公開しており、所蔵作品展では、幅広い作家の優れた作品が、体系立てて紹介されている。また、欧米の作風を自分流にアレンジして取り入れた作品や、国際展で高い評価を受けた作品なども展示しており、海外との関わりから日本の近・現代美術を考えるための工夫がされている。常設展こそないものの、頻繁に開催される展覧会では、有名作家のみならず、幅広い視点・テーマで企画展示を行っている。その他にもワークショップ活動や、併設している区民ギャラリーを貸し出して多くの人に美術作品発表の機会を設ける活動などをしている。JR「目黒」駅より徒歩10分、目黒区民センター内。

第4位:東京都写真美術館

第4位:東京都写真美術館

東京都写真美術館」は写真と映像を専門とした総合美術館。日本における写真・映像文化の充実と発展を目的として、1990年6月に開館した。2016年9月にリニューアル・オープンを予定している(現在、大規模改修工事のため休館中)。同館は貴重な国内外の著名作家の作品を多数収蔵しており、その数は約3万3千点にも及ぶ(2016年3月末時点)。また、写真の黎明期から、最新メディアアート作品まで常に変化し続ける写真・映像文化の今を収蔵・展示している。3つの展示室と図書室、映画ホールを通じて歴史や文化の発展を学ぶことができる美術館である。 そのほかに、ミュージアム・ショップやカフェも充実している。この美術館恵比寿ガーデンプレイス内にある。JR「恵比寿」駅より徒歩約10分。

  • 東京都写真美術館
    • 住所 153-0062 東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
      地図をみる
    • 最寄駅 恵比寿 駅 (湘南新宿ライン / 山手線 / 埼京線 / 東京メトロ日比谷線)
      徒歩7分
    • 電話 03-3280-0099

第5位:現代彫刻美術館

第5位:現代彫刻美術館

1978年に、宗教法人長泉院の教化事業の一環として、同院の境内に開設された。二十世紀後半以降の日本の彫刻家の作品を中心に、現代彫刻家57作家250点ほどの作品が収蔵されており、多くの作品は、実際に手で触れて鑑賞できることも特色のひとつで、目で見るだけでなく、手から伝わる感触から作品を鑑賞することができる。六角形で構成されている特徴的な屋内展示の本館と、階段を利用したブロンズ庭園展示場と石門が印象的な石彫展示場などの4つの野外展示場を有し、常設展、個展、若手作家の企画展が季節ごとに開催されている。入館料は無料(入館時に、芳名帳へ名前の記入が必要)。JR「目黒」駅から東急バス三軒茶屋行きに乗りバス停「自然園下」下車徒歩3分。

第6位:東京都庭園美術館

第6位:東京都庭園美術館

1983年に開館したこの美術館は、昭和初期に建設されたアール・デコ調の旧朝香宮邸を利用した美術展示と、緑豊かな庭園が調和した都内でも希少な美術館。2014年11月に旧館の改修、カフェやギャラリーのある新館が新設されてリニューアルオープン。美術館の前には広々とした芝生の庭が広がっている。この芝庭では敷物を広げて食事をしてもOK。

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索