HOME 東京・東京周辺 東京 浅草 浅草で食品サンプルやたい焼き作り! 一度はやりたいオモシロ体験3選
浅草で食品サンプルやたい焼き作り! 一度はやりたいオモシロ体験3選

浅草で食品サンプルやたい焼き作り! 一度はやりたいオモシロ体験3選

公開日: 2019/11/05

日本に来る外国人観光客にとって日本製のお土産品を買う「モノ消費」も大きな目的の一つですが、最近では、自ら何かを体験する「コト消費」も人気を集めています。

日本でしかできない文化体験は、きっと忘れられない日本旅行の思い出になるはず。今回は特に東京で人気の観光地「浅草」でできる、外国人におすすめしたい体験プランを3つご紹介!食品サンプル、木版画、たい焼き作りなど、日本人にも人気の体験ばかりです。

1. まるで本物!「食品サンプル」作りができる【元祖食品サンプル屋】

1. まるで本物!「食品サンプル」作りができる【元祖食品サンプル屋】

日本独自の文化である「食品サンプル」。まるで本物と見間違えてしまうほど高クオリティに仕上がる技術は、海外の人たちから注目されているものの一つです。この食品サンプルを実際に製作し、持ち帰ることができるのが「食品サンプル製作体験」です。

今回紹介するのは、食品サンプル業界のリーディングカンパニー・岩崎が運営する「元祖食品サンプル屋 合羽橋店」が常時開催している「天ぷら&レタス」の食品サンプル製作体験。1回60〜75分、1人2500円(税込)のプランです。元祖食品サンプル屋の店内は、食品サンプルの技術から生まれたユニークで楽しい商品で埋め尽くされています。

製作体験で使用する原料は、実は、蝋(ろう)。昔ながらの技法で実際に食品サンプルを製作します。絶妙な温度調節によって液体から固体に変化させ、天ぷら2品とレタス1個を製作します。

瞬間的に食品サンプルが出来上がる様子に、驚きの声があがります!初めてでもスタッフの方が手取り足取り、しっかり教えてくれるので安心です。

完成品がこちら!

食品サンプル製作体験は、基本的には日本語での説明が中心ですが、英語対応のスタッフが勤務されている時には予約も可能です。お湯や溶けた蝋を使って作業をするため、体験前には必ず注意事項の説明があります。日本語に不安がある人は、安全上確実に理解するために、通訳できる人が同行したほうが安心です。

  • 元祖食品サンプル屋 合羽橋店(本館)
    • 住所 東京都台東区西浅草3-7-6
    • 最寄駅 つくばエクスプレス「浅草駅」A2出口より徒歩5分、東京メトロ銀座線「田原町駅」出口より徒歩12分、東京メトロ日比谷線「入谷駅」1番出口より徒歩15分
    • 電話 0120-17-1839

    営業時間:10:00~17:30
    <体験内容>
    ・プラン名:食品サンプル製作体験「天ぷら&レタス」
    ・必要な持ち物:特になし
    ・予約は電話にて。当日に空きがあれば、その場で参加も可能(店頭にて当日の空き状況を掲示)
    ・言語対応:基本的に日本語での説明(要通訳)
    ・体験料:2500円(税込)
    ・1回16名様まで※団体で17名様以上の参加をご希望される場合は別途相談
    ・体験時間:①11:00~ ②14:00~ ③16:00 所要時間は各回60~75分
    ・対象:小学校1年生以上~小学校3年生以下の場合は大人の保護者の方の同時参加(有料)が必要。(大人1名様につきお子様2名まで)

2. 昔ながらの伝統的な木版画の技術の奥深さを体感できる【木版館】

2. 昔ながらの伝統的な木版画の技術の奥深さを体感できる【木版館】

本格的な木版画摺り体験ができるのが、ここ「木版館」。カナダ出身の木版画職人・デービッドさんが日本の木版画に魅せられてその伝統技術を習得し、多くの人に広めたいと実際に体験できる場所を作ったのだそうです。

木版館

紹介するのは、伝統木版画の摺り工程をパーティ気分で体験できる「プリントパーティ」プラン。所要時間は約1時間、1人2200円(税込)で参加できます。

体験で摺る木版画を仕上げるまでには、5度の摺り作業を行っていきます。日本人でもなかなか知らない版画の仕組みや技術。実際にやってみると、その難しさと繊細さ、そして奥深さに夢中になってしまうはずです。

色のぼかし具合、色の濃さ、絵柄の写し取り方などは作る人によって異なり、世界で一枚だけの自分の作品が完成します。

一版ずつ色や絵柄が異なる版を重ねていき、仕上がった作品がこちら!完成品は記念に持ち帰ることができ、最後に卒業写真と題して記念撮影もしてくれます。

館内には木版画の数々が展示されています
  • 木版館
    • 住所 東京都台東区浅草1-41-8
    • 最寄駅 つくばエキスプレス「浅草駅」A1出口から1分、東京メトロ銀座線「浅草駅」1番出口から6分、東京メトロ銀座線「田原町駅」3番出口から7分、都営大江戸線「浅草駅」A3,A4出口から7分、東武線「東京スカイツリーライン 浅草駅」から7分
    • 電話 070-5011-1418

    営業時間:10:00~17:30
    ※火曜日定休
    <体験内容>
    ・プラン名:プリントパーティ(木版画摺り体験)※木版画制作、作品持ち帰り用の専用の袋、ドリンク&お茶菓子のサービス付き
    ・必要な持ち物:特になし
    ・予約はWebサイトから。当日に空きがあれば、飛び入りでの参加も可能
    ・言語対応:日本語/英語 曜日によってスペイン語、フランス語、ドイツ語も対応可
    ・体験料:2200 円(税込)
    ・1回 5名まで
    ・体験時間:①10:00/②13:00/③14:30  所要時間は約60分
    ・対象:小学校高学年以上から※小学生のみの参加は不可。大人の同伴参加者必須

3. 日本ならではのスイーツ「たい焼き」、自分で焼いて食べて大満足!【浅草たい焼き工房 求楽】

3. 日本ならではのスイーツ「たい焼き」、自分で焼いて食べて大満足!【浅草たい焼き工房 求楽】

業務用の焼き機を使って、自宅では作ることができない本格的なたい焼きづくりが楽しめるのが「求楽」のたい焼きづくり体験です。

所要時間は約1時間で、参加料は大人3500円、小中学生2500円(税別)。

必要な器具から持ち帰り用の袋まで、体験に必要なものはすべて用意されているので手ぶらでOK!たい焼きの歴史や作り方のレクチャー、そして自分で作って実際に食べるというひと通りの体験できます。1人6匹分のたい焼きを作ることができ、食べ切れない分は持ち帰ることもできます。

調理といっても包丁や火を使わないので、年齢や調理経験を問わず、気軽に楽しめるのが嬉しいポイント。具材も定番のあんこだけでなく、クリームやカレーなど、様々な種類から好きなものを選ぶことができます。

さらに、なんとお好みで好きな具材を持ち込みもOK!世界で一つだけのオリジナルたい焼きも作れてしまいます。出来立て熱々のたい焼きをみんなで食べられるのも、この体験の醍醐味です。

  • 浅草たい焼き体験工房 求楽
    • 住所 東京都台東区西浅草2-3-2
    • 最寄駅 銀座線「田原町駅」西浅草一丁目出口から徒歩4分、つくばエクスプレス「浅草駅」A1-2出口から徒歩約4分、銀座線/都営浅草線「浅草駅」1出口から徒歩約8分
    • 電話 03-6338-1809

    営業時間:11:00~18:00
    <体験方法>
    ・内容:1人6匹のたい焼き作り+ソフトドリンク1杯付き
    ・必要な持ち物:特になし
    ・予約制。公式サイト・メール・電話で受け付け可。空いていれば当日でも可。
    ・言語対応:日本語+英語。その他言語はポケトーク対応。作り方のVTRは、英語・中国語の字幕付き
    ・体験料:大人(18歳以上)3500円/小・中・高生(6歳~17歳)2500円/未就学児(0歳~5歳) 無料/見学(たい焼き材料無し) 2000円 ※各税別
    ※通訳・ガイドなどの方で全く飲食や調理をされない方については無料で同席可(1団体につき2名まで)
    ・1回12名まで
    ・体験時間:①11時~ ②13時~ ③15時~ ④17時~
    ※ただし、フライト等の都合で上記以外の時間を希望の方は別途メールにて相談可
    ・対象:未就学児のみでの参加は不可

日本ならではの文化体験で、旅の貴重な思い出づくり!今回紹介した3つは、どれも日本の伝統や技術が詰まっていて、ここでしか体験できないことばかり!どの施設も基本は予約優先ですが、空きがあれば飛び込みでの参加&準備ナシで手ぶらでできます。観光や買い物の合間にもぴったりですね。

ぜひ、日本の旅の思い出に一度参加してみてください!もちろん、日本人の参加もOKなので、自国の文化を触れる機会として、体験するのもおすすめですよ。

Written by:

ヤジマミユキ

ヤジマミユキ

社会人教育関連会社で企画編集&事業開発~営業を経て、現在は趣味と仕事を兼ねたマルチキャリアを目指し、ライター×ヨガ講師×旅人の三足のわらじで活動中。ファッションや日本文化、音楽など、カルチャーの分野も大好物。

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索