HOME 北海道 小樽 小樽駅や運河近くで出会える旬の味!小樽に来たらこれ!必食!ウニ・寿司5選
小樽駅や運河近くで出会える旬の味!小樽に来たらこれ!必食!ウニ・寿司5選

小樽駅や運河近くで出会える旬の味!小樽に来たらこれ!必食!ウニ・寿司5選

Update: 2018/07/10

北海道開拓が始まった約150年前から海の玄関口として機能してきた小樽には、港町ならではの海鮮グルメがいっぱい。小樽運河や石造りの倉庫群など、歴史を感じさせるノスタルジックな街並みを見物しに多くの人が訪れますが、もう一つのお目当ては小樽名物の「寿司」です。ここでは人気観光スポット「小樽寿司屋通り」の名店から、地元民に人気の回転寿司店まで、注目を集める5店舗をご紹介。小樽駅や運河周辺エリアの店ばかりなので、観光の合間に立ち寄ってみませんか?

寿司の街・小樽を代表する「小樽寿司屋通り 日本橋」

寿司の街・小樽を代表する「小樽寿司屋通り 日本橋」

小樽寿司屋通り」は国道5号線から小樽運河までの200メートルの間に寿司屋が集中する、小樽寿司といえばココ!といわれる人気ストリート。創業40年以上の老舗「小樽寿司屋通り 日本橋」は、JR小樽駅から歩いていくと小樽寿司屋通りのちょうど入り口に位置しています。

のれんをくぐって目に入るのは、木の温かみを感じさせる広々とした空間。板前のワザを間近で見られるカウンター席は、開店後すぐに埋まってしまうほど人気です。ほかにも接待や少人数での集まりに適した掘りごたつの和室や、50名まで対応できる宴会用の大広間も完備しています。

左上:威勢のいい浜育ちの板前さん 右上:小樽の旬を集めた「小樽にぎり」 左下:セットメニュー「小樽ものがたり」 右下:人気の汁物「土瓶蒸し」

板前さんは全員が港町で育ち、生まれた時から魚に触れてきた職人ばかり。小樽近海で揚がった天然のネタを中心に、新鮮さを損なわないように手早く、軽快に握ってくれます。人気は、小樽の旬の握りが味わえる「小樽にぎり」(3300円)や、天ぷら刺身やデザートもセットになった「小樽ものがたり」(2500円)。海鮮のうま味がたっぷりの汁物では「小樽土瓶」(1500円)もおすすめです。

運良くカウンターに座れたら、板前さんとの会話を楽しみながらオーダーしよう。気持ちのよい接客で、料金以上のお得感が得られるはずです。

  • 小樽寿司屋通り 日本橋
    • 住所 〒047-0032 北海道小樽市稲穂1-1-4
    • 電話 0134-33-3773

    時間:11:00~15:00(ラストオーダー 14:30)、17:00~21:00(ラストオーダー 20:30)
    休み:木曜日(臨時休業あり)
    アクセス:JR小樽駅から徒歩10分

観光スポット・堺町通りの名店「小樽 福鮨」

観光スポット・堺町通りの名店「小樽 福鮨」

人気の観光スポットが立ち並ぶ、堺町通りにある「小樽 福鮨」。「北一硝子」や「小樽オルゴール堂」などが近く、小樽運河から徒歩5分という立地もあり、観光客に人気の一軒です。

店内は清潔感のある洗練された和モダンな雰囲気で、大人数に対応できるテーブル席や、掘りごたつの座敷も用意。お昼時はいつも混み合っていますが、夜は比較的ゆったりと新鮮な握りを味わえます。もちろん、板前のおもてなしを直に堪能できるカウンター席は、一番人気です。

左上:小樽寿司の定番ネタを揃えた「小樽にぎり」 右上:今の小樽の旬を厳選した「旬のおまかせ握り」 左下:盛りのよさが好評の丼もの「旬彩ちらし」 右下:ネタとシャリが別盛の「漁火ちらし」

小樽近海の新鮮な魚介を漁師から直送で入荷。普段はなかなか味わえない珍しいものを含め、約30種のネタを常時用意しています。小樽の定番のネタがそろう「小樽にぎり」(3564円)や、その日の仕入れから厳選した旬のネタを味わえる「旬のおまかせ握り」(5400円)を始め、「旬彩ちらし」(2700円)や「漁火ちらし」(3780円)といった丼ものも人気。ほかにも外国人旅行者に人気の豪快な船盛りや、海鮮に合う地ビールを用意しています。

  • 小樽 福鮨
    • 住所 〒047-0027 北海道小樽市堺町5-26
    • 電話 0134-23-2939

    時間:10:30~20:00
    休み:不定休
    アクセス:JR南小樽駅から徒歩10分

レトロモダンな空間で寿司を味わう「小樽 たけの寿司」

レトロモダンな空間で寿司を味わう「小樽 たけの寿司」

今から100年ほど前の大正初期に建てられた旧中山倉庫宅を再利用した「小樽 たけの寿司」。観光スポットである堺町通りのド真ん中にあり、そのレトロな外観に思わず目を引かれてしまいます。店内も当時の面影を残しつつ、落ち着いて過ごせるようにリノベーション。1階はカウンターとテーブル席、2階には宴会にも使える広いテーブル席があり、大人数にも対応可能です。小樽の歴史を感じながら、新鮮な寿司が楽しめます。

小樽近海の新鮮なネタに、北海道産の米を活かしたブレンド米を使用した握りを提供。写真の「札幌にぎり」(2160円)や「富良野にぎり」(1188円)など、北海道の地名を冠した1人前セットがあり、中でも「小樽にぎり」(3240円)は、長皿に一列に並んだ12貫が圧巻です。

他にも「まぐろづくし」(3564円)や「サーモンづくし」(1944円)のように、好みのネタばかりを味わえるセットメニューもあります。また、18種類の中から好きなネタを選べる「あいのり丼」(2160円)を始め、丼ものもメニュー豊富。「食事は楽しくあるべき」をモットーに、楽しく美味しくもてなしてくれます。

  • 小樽 たけの寿司
    • 住所 〒047-0027 北海道小樽市堺町2-22
    • 電話 0134-25-1505

    時間:11:00~16:00、17:00~21:00(ネタがなくなり次第閉店)
    休み:木曜日
    アクセス:JR小樽駅から徒歩15分

気軽にお寿司が楽しめる「小樽 すし耕」

気軽にお寿司が楽しめる「小樽 すし耕」

小樽 すし耕」は、伝統的な石蔵を使った風情ある外観が特徴。小樽運河から徒歩3分と近いので、観光中のランチやディナーでの利用にピッタリです。

価格帯もリーズナブルで、お好み一貫だけの注文にも対応してくれるのが観光客にも嬉しいところ。カウンター席にテーブル席、2階には小上がりを用意し、老若男女どんな人でもくつろげるように配慮されています。店主が子どもの頃から慣れ親しんできた地元小樽の食材を最大限に活かした、極上の一皿を味わえます。

寿司を身近で気軽に楽しんでもらおうと、「おたるにぎり」(1944円)や写真の「和(なごみ)」(3024円)などの1人前セットがリーズナブルに味わえます。お好みも1貫108円から用意しているので、ちょっとつまむという楽しみ方もおすすめです。

丼ものも好評で、サーモン、イクラ、ウニなどがどっさり乗った「北海丼」(2916円)は人気ナンバーワン。好みのネタを選んで注文できる「オリジナル丼」(価格はネタ次第)も人気です。多彩な魚介が味わえるちらしもボリュームたっぷりで、「彩(いろどり)ちらし」(2376円)をはじめとする3種類を用意しています。

  • 小樽 すし耕
    • 住所 〒047-0031 北海道小樽市色内2-2-6
    • 電話 0134-21-5678

    時間:12:00~21:00
    休み:水曜日(祝日の場合は翌日休み)
    アクセス:JR小樽駅から徒歩10分

小樽は回転寿司でもハイクオリティ「回転寿し 和楽小樽店」

小樽は回転寿司でもハイクオリティ「回転寿し 和楽小樽店」

寿司の街といわれる小樽では、回転寿司もハイクオリティ。中でも舌の肥えた地元民から支持される回転寿司の店が「回転寿し 和楽 小樽店」です。小樽運河に近く、石蔵を改装した店構えと入り口のミニ庭園は観光客にも好評。高い天井と大きな窓で開放的な店内は、明るい雰囲気で気持ちよく食事ができます。

人気店だけに昼時は混み合っているが、おおよその待ち時間を教えてくれるので、その間に運河観光を楽しむことも可能です。夜も周りの景観に合わせたライトアップで雰囲気作りされ、ノスタルジックな街並みに溶け込んでいます。

海外からの観光客にも人気のメニューが揃う。左上:「えび天握り」(266円) 右上:「本鮪中トロ」(391円) 左下:「オニオンサーモン」(194円) 右下:「うなぎ」(443円)※価格は変更の場合あり

小樽の前浜で獲れた新鮮なネタを毎日仕入れ、「増毛産のタコ」(266円)や「北海産の紅鮭」(338円)、天然のハマチ「わらさ」(266円)などの小樽店ならではの味覚が手軽に味わえます。菜の花やアスパラなど、四季折々の旬を毎月のメニューに盛り込んだ、寿司の奥深さが堪能できるのも魅力。また、北欧産のサーモンや日本全国から集めたネタも味わえます。

醤油や海苔、シャリに使う酢にまでこだわりの素材を使った寿司は、これまでの回転寿司のイメージをくつがえす逸品ばかりです。

  • 回転寿し 和楽 小樽店
    • 住所 〒047-0027 北海道小樽市堺町3-1
    • 電話 0134-24-0011

    時間:11:00~22:00(ラストオーダー 21:30)
    休み:1/1
    アクセス:JR小樽駅から徒歩15分

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする