HOME 関西 大阪 梅田・大阪駅・北新地 これで580円!? 大阪梅田の「パン食べ放題付きピザランチ」がコスパ良すぎ
これで580円!? 大阪梅田の「パン食べ放題付きピザランチ」がコスパ良すぎ

これで580円!? 大阪梅田の「パン食べ放題付きピザランチ」がコスパ良すぎ

公開日: 2020/05/08
更新日: 2020/05/13

グルメ激戦区の大阪で、パンの食べ放題&ドリンバー付きで580円という、心もお腹も満たされそうなランチを発見! JR大阪駅からも徒歩圏内の梅田から、ゆったりした空間で楽しめる、窯焼きのピザランチをご紹介します。

【平日限定】パン食べ放題とドリンクバー付きで580円!

【平日限定】パン食べ放題とドリンクバー付きで580円!
平日限定のランチ「マルゲリータ」(580円)

今回ご紹介するのは、平日限定のピザランチ「マルゲリータ」。ピザにサラダ、食べ放題のパンビュッフェとドリンクバーが付いて、なんと税込580円!

「サッカーショップKAMO」の左側に入り口がある

このランチが楽しめるのは、「cafe&dining ESTADIO(エスタディオ)」。ピザパスタなどのイタリア料理を提供するお店で、阪急電鉄 梅田駅の茶屋町口から徒歩約1分。JR大阪駅からも徒歩5分ほど、「サッカーショップKAMO」のビル7階にあります。

窓が大きくて明るい店内
店内にはサッカーのユニフォームのレプリカや選手のサインが並ぶ

実は「cafe&dining ESTADIO」は、日本最大級のサッカーショップ「サッカーショップKAMO」がプロデュースするお店。大型モニターでサッカー観戦をしながら、本格的なイタリア料理を味わえます。ランチタイムには近所のサラリーマンやOL、主婦層でにぎわう人気店です。

ランチの内容は?

ランチの内容は?
フレッシュなレタスとトマト、玉ねぎスライスが入ったシンプルなサラダ

ランチのピザは全部で4種類。平日限定の「マルゲリータ」の他に、マルゲリータにアンチョビを乗せた「ロマーナ」(1,080円)やチーズを使わないピザ「ナポレターナ」(1,080円)など、全てのランチに、サラダとパンビュッフェ、ドリンクバーが付きます。

パンビュッフェのパンは4種類。もちろん食べ放題!

食べ放題のパンは、バケットにクロワッサン、ミルクパン、フォカッチャの4種類。どのパンも食べやすいように2つにカットしてあり、ついついパクパクと食べてしまいそう。さらにバケットは、軽くトーストしてあるのもうれしいところ。このパン、平均で4個、最高20個食べた方もいるのだとか。パンだけでお腹いっぱいになりそうですね。

ドリンクはコーヒーや紅茶のほかに、ジュースや烏龍茶など約6種類。プラス300円でワインやサワーなどのアルコールを1杯追加できるので、昼飲みに使われる方もいるそうですよ。

窯で焼く、本格的な「マルゲリータ」

窯で焼く、本格的な「マルゲリータ」
手作りのピザ生地をのばしてトッピング

今回のランチの主役であるマルゲリータは、イタリアの伝統的な作り方を守った手作りの生地。それを店内の窯で焼きます。仕込んであった生地をのばして、トマトソースにモッツァレラチーズ、さらにチーズとオリーブオイル、フレッシュなバジルをトッピング。

店内にはピザを焼く窯も

それを熱した窯に入れ、焼き色を見ながらクルクル回してまんべんなく焼きます。写真では小さく見えるかもしれませんが、このピザの直径は約30センチ。宅配ピザで、これくらいのマルゲリータを注文すると大体1,300円程度。ピザ1枚だけで580円でも、安すぎるような…恐ろしくコスパの良い一品です。

580円ピザのお味は?

580円ピザのお味は?
窯から出たばかりのマルゲリータ

焼きたてのアツアツを実食しました。見た目はシンプルなマルゲリータ。トマトの酸味とグミのような弾力のある食感のモッツアレラチーズに、フレッシュのバジルのよい香りが食欲をそそります。

香ばしい生地はミミまでもっちり!

たまらないのが、もちもちと香ばしい生地! 適度な厚みで噛みしめるごとに、小麦の旨みを感じられます。生地に使用している小麦粉はイタリア産。添加物は使用せず、シチリア島の塩のみで仕上げているのだそう。こんなピザがこのお値段で食べられるなんて。なんとも贅沢な気分です。

プラス200円で本気の前菜!

プラス200円で本気の前菜!
前菜の盛り合わせ「ANITIPASTO」

さらに、プラス200円でサラダの代わりに、前菜の盛り合わせを選ぶこともできます。200円だし、付け合わせ程度だと思いますよね。しかし、ここは大阪。ただの付け合わせでは終わりません。

三重県産の牡蠣「桃こまち」は、小ぶりながら濃厚な味わい

前菜は5種類の盛り合わせ。取材時は、三重県産の「桃こまち」というブランドを使用した「牡蠣の窯焼き」に、「フリッタティーナ」というパスタ入りのコロッケ、「ブロッコリーのアンチョビソテー」、「キノコとポルチーニのソテー」、「カボチャのバルサミコ風味」。なんだかオシャレで彩りもきれい。気分も上がります。

「この前菜は実はすごくお得なんです! ぜひ味わってほしいですね」と同店の嵯峨根大将シェフ。どれも凝ったものばかりで、これだけで充分にワインが進みそうです。内容は季節によって変わるそう。その時々の旬食材を味わうことができます。

さらにプラス200円でデザートも

さらにプラス200円でデザートも
ショコラの風味と上品なバニラアイスが良くあう「ガトーショコラとバニラアイス」

さらにプラス200円で「本日のミニデザート」も追加できます。デザートは日替わりで、取材時は「ガトーショコラとバニラアイス」。甘いガトーショコラにバニラアイスを添えて。イタリアンらしく、ビジュアルもすてき。デザートがあると、食事の満足感がだいぶ違いますよね。

ランチの内容をすべて並べるとこんな感じ。前菜とデザートの追加には、それぞれプラス200円必要

ランチを全部並べてみました。サラダと前菜はどちらかになりますが、サラダを選べばデザート付きで780円、前菜を選んだ場合もデザート付きで980円です。どちらを選んでも、パンの食べ放題付きで1,000円以下とは…。さすが食い倒れの街、大阪ですね!

テラス席

お店は7階と8階の2フロアで、あわせて約140席あります。スポーツバーなどと違い、着席してゆっくりと観戦できるのが同店の魅力。テーブル席の他にカウンターや、風が心地よいテラス席もありますよ。

ディナーの人気メニュー「アンチョビと卵のカルボナーラ」(1,180円)

広々とした室内はパーティやイベントなどに貸切での利用も可能。18時からのディナータイムにはピザはもちろん、パスタや煮込み料理など、さまざまなお料理が楽しめます。

「マルゲリータのランチは、はっきり言ってもうけはありません。お客様のご要望があり、なんとか続けています」と嵯峨根シェフ。イタリアンで修行し、伝統的なイタリア料理にこだわっているのだとか。「ランチでうちの料理を気に入っていただけたら、ディナーやスポーツ観戦でも使っていただければうれしいですね」と話してくれました。

現在、英語版のメニューを作成中。大阪在住のイタリア人など、外国人のお客様も多いそうで、日によりますが、英語を話せるスタッフもいるそうですよ。開放的なテラス席で、非日常気分のランチはいかがですか。

※新型コロナウィルス感染拡大防止のため休業中の場合があります。

  • cafe & dining ESTADIO 梅田店
    • 住所 〒530-0013 大阪府大阪市北区茶屋町3-6 加茂梅田ビル7階
    • 電話 06-6359-5021
    • 営業時間:
      【ランチタイム】11:30~15:00(L.O 14:00)
      【ディナータイム】18:00~23:00(L.O 22:00)
      定休日:不定休

Text by:二木繁美

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索