HOME 関西 大阪 梅田・大阪駅・北新地 【2021-2022シーズン】関西でおすすめの人気スキー場9選
【2021-2022シーズン】関西でおすすめの人気スキー場9選

【2021-2022シーズン】関西でおすすめの人気スキー場9選

公開日: 2020/02/06
更新日: 2021/12/21

冬本番!心待ちにしていた「Japow」の季節です。これは「Japan」と「Powder snow」を組み合わせた造語で、日本のスキー場の雪質の良さなどを評して、外国人観光客にこう呼ばれています。スキー場といえば北海道や長野県が有名ですが、実は関西も電車やバスを利用して大阪から2~3時間の場所に質の高いスキー場がたくさんあるのです。今回は、大阪や京都から気軽に行けるスキー場9選を一挙ご紹介します!

画像:Adi Haririe / Shutterstock.com

目次
  1. 世界が注目する日本のスキー場
  2. 関西旅行でスキー&スノボを楽しむには
  3. 日本でスキーを楽しむには、どのくらいの費用がかかるの?
  4. 関西のおすすめスキー場9選
  5. ■1:六甲山スノーパーク(兵庫県)
  6. ■2:ハチ高原スキー場/ハチ北高原スキー場(兵庫県)
  7. ■3:アップかんなべ(兵庫県)
  8. ■4:神鍋高原 万場スキー場(兵庫県)
  9. ■5:スカイバレイスキー場(兵庫県)
  10. ■6:びわ湖バレイ(滋賀県)
  11. ■7:グランスノー奥伊吹(滋賀県)
  12. ■8:余呉高原リゾート・ヤップ(滋賀県)
  13. ■9:箱館山スキー場(滋賀県)
  14. 日本へのスキーツアー豆知識

世界が注目する日本のスキー場

世界が注目する日本のスキー場
Adi Haririe / Shutterstock.com

日本国内には、約500ものスキー場があると言われています。欧米の雄大なスキー場と比較するとコンパクトな印象のところが多いですが、コースのバリエーションが多く、それを支える施設も充実しています。その上、雪質も良く、都市部からのアクセスも良い日本のスキー場は、世界的に見ても最高の環境が整っていると言えるでしょう。

国内のスキー場が一番多いのは長野県。次いで、北海道、新潟県と続きます。特に長野県はゲレンデの種類が豊富な上、山頂で隣接するスキー場では、共通リフト券が発行されているところが多く、全く異なるコースを楽しめるというメリットも。温泉施設も充実している所が多く、アフタースキーも満喫できます。

関西のスキー場は、規模にかかわらず、小さな子どもが楽しめるファミリーゲレンデから上級者コースまで揃っているところが多く、技術レベルを問わず楽しめるという特徴があります。

関西旅行でスキー&スノボを楽しむには

関西のスキー場のオンシーズンは12~3月で、雪が多い滋賀県兵庫県の北部に集中しています。滋賀県は大阪や京都から比較的近く、1~2時間で行けますが、兵庫県の北部は電車の本数が少ないエリアがあるので、慣れない人は難波新大阪発着の日帰りのスキーバスツアーに事前に申し込むのがいいでしょう。移動時間は片道2~3時間で、現地では5~6時間くらいの滞在となります。

ゆっくり楽しみたい人は1泊するのがおすすめ。電車やバスの乗り継ぎで待ち時間が発生する上、スキーで疲れた状態で長距離移動は厳しいので、スキー場近くの民宿温泉に泊まってゆっくり体を休めましょう。

利用料は早割で3,000円代からあり、一日リフト券付きで10,000円前後が主流。板もボードもウエアもスキー場で借りられるので手ぶらでスキーに行くことができます。

日本でスキーを楽しむには、どのくらいの費用がかかるの?

日本でスキーを楽しむには、どのくらいの費用がかかるの?

気軽に日本でスキーを楽しむには、実際にどのくらい費用がかかるのでしょうか? 1日にかかる費用の目安を調べてみました。以下はあくまでも例です。スキー場によって異なるので事前に調べてから行くようにしてください。

【レンタル費用 (1日の目安)】
・スキー・スノーボード:3,500円~(各1セット)
・ウエア:3,500円~※帽子・グローブ・ゴーグルは含みません。レンタルしているところが少ないので注意。

【リフト券】 
4,000円~5,000円くらい(ツアーの場合は、ツアー料金に組み込まれていることも)

【交通費】※大阪⇔ハチ北の場合
・電車:10,000円~(安全だが、駅から遠い場合は更に追加費用がかかる)
・バス:5,200円~(安いが、時間が拘束される)
・レンタカー:7,000円 ※コンパクトクラス・24時間の場合~(時間の拘束は少ないが、慣れない雪道は危険)

【その他】
食事代・ロッカー代など:3,000円

【スキーツアー】
例:大阪⇔ハチ北日帰り(平日) → 5,000円~(比較サイト検索)

関西のおすすめスキー場9選

関西エリアにもおすすめのスキー場がたくさん! 今回は、国内最大級のスキー場・積雪情報サイト「SURF&SNOW」より、おすすめのスキー場9選をご紹介します。

■1:六甲山スノーパーク(兵庫県)

■1:六甲山スノーパーク(兵庫県)

緩傾斜のゲレンデはファミリーやビギナーに人気。雪遊び専用のスノーランドはスキーゲレンデと分かれているので安心です。レンタル品も充実しています!

営業期間:2021年12月4日~2022年3月6日
営業時間:9:00~17:00(ナイター開催日20:00まで)
料金:1dayチケット(大人)2,200円、ナイターチケット(大人)2,700円、リフト1日券1,550円 ※各種割引きあり・税込
定休日:無休

  • 六甲山スノーパーク
    • 住所 〒657-0101 兵庫県神戸市灘区六甲山町北六甲4512-98
    • 電話 078-891-0366

■2:ハチ高原スキー場/ハチ北高原スキー場(兵庫県)

■2:ハチ高原スキー場/ハチ北高原スキー場(兵庫県)

ハチとハチ北の2つのエリアで、合計25のコース・ゲレンデが楽しめる関西最大のスキー場です。

営業期間:2021年12月7日~2022年4月1週目頃(予定)
営業時間:8:30~16:50(土・日曜、祝日8:00~)
料金:リフト1日券(大人)4,800円 ※各種割引あり・税込
定休日:無休

  • ハチ高原スキー場
    • 住所 〒667-1124 兵庫県養父市丹戸字西横角909-1
    • 電話 079-667-8036
  • ハチ北高原スキー場
    • 住所 〒667-1344 兵庫県美方郡香美町村岡区大笹580−1
    • 電話 079-696-0202

■3:アップかんなべ(兵庫県)

■3:アップかんなべ(兵庫県)

初中級者のゲレンデ満足度に自信アリ!コースの80%が初中級斜面で、横幅も広さ十分のゆったりゲレンデです。

営業期間:2021年12月28日(予定)~2022年3月下旬
営業時間:デイタイム8:30~16:40、ナイター:18:00~21:30
料金:リフト1日券(大人) デイタイム4,500円(休日)3,800円(平日)、ナイター2,500円 ※各種割引あり・税込
定休日:未定

■4:神鍋高原 万場スキー場(兵庫県)

■4:神鍋高原 万場スキー場(兵庫県)

兵庫県北部の神高原は、世界ジオパークにも認定された海・山・川・農産物に恵まれた地域です。スキー場へ入ってすぐに緩やかな「ファミリーゲレンデ」が広がっています。お子様の練習にも最適です!

営業期間:2021年12月25日(予定)~2022年3月6日(積雪状況による)
営業時間:8:30~16:45
料金:リフト1日券(おとな)4,500円 ※各種割引あり・税込
定休日:未定

■5:スカイバレイスキー場(兵庫県)

■5:スカイバレイスキー場(兵庫県)

3,200mのロングコース,ハーフパイプを備えた2カ所のボードパーク、仮眠室を備えた24時間開放のスキーセンターなど、コース・施設ともに充実したスキー&スノーボード場です。隣接するハイパーボウル東鉢とリフト共通券でゲレンデ2倍、楽しさ3倍です。

営業期間:2021年12月25日(予定)~2022年3月下旬(積雪状況による)
営業時間:8:30~16:40(休日は8:00~)※天候等により変更になる場合あり
料金:リフト1日券(大人)4,200円(休日)3,600円(平日) ※各種割引あり・税込
定休日:無休

■6:びわ湖バレイ(滋賀県)

■6:びわ湖バレイ(滋賀県)

天然雪を補う世界レベルの人工降雪機で豊富な雪量と雪質を確保。びわ湖の絶景を眺めながら滑るホーライパノラマゲレンデや人気の林間コースなど、変化に富んだ9つの多彩なコースが自慢です。

営業期間:2021年12月24日~2022年3月21日 ※積雪状況により変更あり
営業時間:8:30~16:30 ※ロープウェイ最終17:00
料金:リフト1日券(大人)5,000円~ ※各種割引あり・税込・ロープウェイ料金込
定休日:無休

■7:グランスノー奥伊吹(滋賀県)

■7:グランスノー奥伊吹(滋賀県)

関西エリア最大級のスノーリゾート!!関西・中部圏ともにアクセス抜群!インターから近く渋滞もないので日帰りのスキーヤー、スノーボーダーには最適!そして、関西最大級を誇るゲレンデには、自然の地形を活かし、初級者から上級者まで誰もが楽しめる多彩な12コースをレイアウト。

営業期間:2021年12月18日~2022年4月上旬
営業時間:8:00~17:00
料金:リフト1日券(大人)4,300円~ ※各種割引あり・税込
定休日:未定

■8:余呉高原リゾート・ヤップ(滋賀県)

■8:余呉高原リゾート・ヤップ(滋賀県)

大阪、京都から約2時間、名古屋から1時間30分と日帰りスキー場として大人気。土曜日は23時まで山頂から滑走できるナイター営業を実施。コースの山頂からは敦賀湾も一望できます。関西とは思えないバツグンの雪質が楽しめます。

営業期間:2021年12月16日~2022年3月下旬 ※積雪状況により変更あり
営業時間:8:30~16:30、土曜8:00~23:00、日曜・祝日8:00~16:30
料金:リフト1日券(大人)4,000円~ ※各種割引あり・税込
定休日:未定

■9:箱館山スキー場(滋賀県)

■9:箱館山スキー場(滋賀県)

8人乗りのゴンドラでゲレンデまで直行。そのゲレンデから一望できる琵琶湖の眺望は素晴らしく、ファミリーで冬の休日を過ごすには最適な環境です。ゲレンデは上級者から初心者までが楽しめる多彩なコースとなっています。

営業期間:2021年12月24日(予定)~2022年4月上旬 ※積雪状況により変更あり
営業時間:8:30~17:00 ※不定期で時間変更あり
料金:ゴンドラリフトセット1日券(大人)4,500円~ ※各種割引あり・税込
定休日:無休

日本へのスキーツアー豆知識

スキーやボード、ウエアはスキー場のレンタルがおすすめです。どうしても自分の板を持っていきたいときは、航空会社によって扱ってもらえなかったり、追加料金がかかるので事前に確認しましょう!破損にそなえて、しっかりと梱包をし、保険も忘れずに。1月は冬物セールが始まるので、ウエアや帽子、手袋、ゴーグルなどは、大阪で購入するのもアリです。


関西のスキー場は比較的アクセスがよく、初心者向けのゆるやかなコースがあったり、ファミリー向けにそりで遊べたり、スキー教室があったり、サービスや施設が充実しています。また、スキー場の近くには温泉や美味しい食べ物もあるので、スキーとあわせて楽しみましょう!

参考:SURF&SNOW  

※本記事の情報は2020年2月時点のものを再編集しています。最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

Written by:

株式会社ウエストプラン

株式会社ウエストプラン

松田きこ、木村桂子、都志リサほか、関西に精通した女性ライターチーム。食べること、飲むこと、旅することが大好き! 自ら体験した楽しい情報を発信しています

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

関西がはじめての方におすすめの記事
検索