HOME 関西 大阪 新大阪 「新大阪駅」付近のおすすめ観光スポット5選
「新大阪駅」付近のおすすめ観光スポット5選

「新大阪駅」付近のおすすめ観光スポット5選

公開日: 2019/10/15

新幹線が停車する大阪の玄関口である新大阪駅。周辺にはホテルが集まり、関西観光の拠点としても最適です。そんな新大阪駅には駅構内に土産店が充実し、周辺にも大阪ならではの体験ができるスポットが点在。ホテル周辺の散策の際や、新幹線に乗る前の空き時間などに気軽に行ける、おすすめスポットを紹介します。

チキンラーメンのソフトクリームが人気「チキラーハウス」

チキンラーメンのソフトクリームが人気「チキラーハウス」

JR新大阪駅構内のエキマルシェ新大阪内にある「チキラーハウス」。ここは、大阪から生まれた世界初のインスタントラーメン「日清チキンラーメン」のコンセプトショップです。大阪・池田市にある「カップヌードルミュージアム 大阪池田」は外国人観光客に人気のスポットですが、ここ新大阪駅でもチキンラーメンなどの商品を手軽に買うことができるんです。

店内には菓子や雑貨など、ひよこちゃんグッズがたくさん。もちろん、チキンラーメンも買えます。なかでもおすすめなのが、「チキンラーメンソフト」(スモール250円、レギュラー350円・すべて税込)。チキンラーメン風味のソフトクリームに、チキンラーメンがトッピングされています。ここでしか買えない限定ソフトクリーム、ぜひ味わってみてください。

ほかに、チキンラーメン入りのオムライス「オムチキ」780円(税込)や、チキンラーメンご飯に鶏のうま煮と鴨モモ肉の炭火焼をのせた「チキ弁」(980円・税込)も、この店だけの限定商品。新幹線に乗る前に買って、移動中に食べるのもいいかもしれません。

  • チキラーハウス
    • 住所 大阪府大阪市淀川区西中島5-16-1 JR新大阪駅構内在来線改札内 エキマルシェ新大阪
    • 電話 06-6829-7314

    営業時間:9:00~21:30
    定休日:無休

四角のみたらしだんごが名物「喜八洲総本舗」

四角のみたらしだんごが名物「喜八洲総本舗」

大阪市内を中心に約10店舗を構える、創業70年の和菓子店「喜八洲総本舗」。本店は、新大阪駅から地下鉄御堂筋線と阪急電車を乗り継いで約10分、阪急十三(じゅうそう)駅の西口を出てすぐのアーケード内にあります。

こちらの名物は「みたらしだんご」(1本98円・税込)。地元の人にも人気で、お店は朝早くから夜遅くまでみたらしだんごを買い求める人でにぎわいます。注文を受けてから焼き、「テリヤキ」のような甘辛い特製のタレをたっぷり絡めればできあがりです。

日本では球形のだんごが一般的ですが、こちらのだんごは四角形になっているのが特徴です。この形にすることで、炙った時に均等に焦げ目がつきやすく、タレが絡みやすいのだとか。焼きたてをすぐに食べるのがおすすめです。店内にはイスが置いてあり、座って食べることもできます。持ち帰りも可能ですが、賞味期限は当日中なのでお早めに。

  • 喜八洲総本舗
    • 住所 大阪府大阪市淀川区十三本町1-4-2
    • 電話 06-6301-0001

    営業時間:8:00~23:00(日曜・祝日は~22:00)
    定休日:無休

お得に買い物!「ゆめっせ 新大阪センイシティー」

お得に買い物!「ゆめっせ 新大阪センイシティー」

新大阪駅から徒歩で約15分の「ゆめっせ 新大阪センイシティー」。ここは、ファッション関連の卸売店が集まるショッピングモールです。どの店も小売販売をしているため、一般の人も通常と同じように買い物を楽しむことができます。1・2階のフロアにあわせて約20店舗が並び、婦人服、紳士服、呉服、小物、バッグ、アクセサリー、インナーウエア、寝具などが販売されています。

卸売店で買い物をするメリットは、なんといっても安くて良いものが手に入ること。百貨店などでも販売されている商品が、ここでは半額以下で販売されていることもあるそうですよ。ルームウエアとして使える作務衣や上質な西陣織のネクタイ、寿司やウサギが描かれた和柄のタオルなど、土産にも喜ばれそうなアイテムが多数。なかには、枕を大量買いしていく外国人観光客もいるそうです。じっくり時間をかけて、掘り出し物を探してみてくださいね。

また、周辺にはスーパーマーケット家電量販店、ホームセンターなどが集まっているので、あわせてショッピングを楽しんでみては。

  • ゆめっせ 新大阪センイシティー
    • 住所 大阪府大阪市淀川区西宮原2-2-2
    • 電話 06-6394-1121

    営業時間:8:00~19:00(店舗により異なる)
    定休日:お盆、年末年始

初めての人も楽しめるユニークな銭湯「昭和湯」

初めての人も楽しめるユニークな銭湯「昭和湯」

東京に次いで銭湯が多いといわれる大阪で、外国人観光客の注目を集めている「昭和湯」。新大阪駅から地下鉄御堂筋線と阪急電車を乗り継いで淡路駅から徒歩3分、もしくは新幹線からJRに乗り換えて東淀川駅から徒歩10分の、下町情緒あふれる街にあります。事前に準備するものは特になく、しかも料金は格安とあって、観光ついでに気軽に銭湯を体験してみたい人におすすめです。

また、昭和湯の隣りにはゲストハウス「木雲(もくもく)」があり、宿泊客は銭湯に無料で入浴することができます。

まず、入店したら靴を下駄箱に預けて、番台と呼ばれる受付で料金を支払います。貸しタオルは1枚まで無料、バスタオルは50円(税込)です。シャンプーとボディーソープは備え付けがあります。脱衣所で服を脱いだら、いよいよ入浴。入浴マナーを英語と中国語で表記した貼り紙があるので、外国の方にも安心です。昭和湯のお湯は、赤ちゃんや年配の方にも優しい軟水を使用しているので、湯上がりは肌がしっとりつるつるに。

季節によって「ゆず湯」や「菖蒲湯」、タイミ ングがあえば、あひるのおもちゃを浴槽いっぱいに浮かべた「あひる風呂」や「こんぶ風呂」、「パクチー風呂」など、ユニーク な風呂が楽しめるかもしれません。風呂上がりには牛乳を買って飲むのが日本の銭湯の定番の楽しみ方ですよ。

  • 昭和湯
    • 住所 大阪府大阪市東淀川区淡路4-33-1
    • 電話 06-6322-2645

    営業時間:14:45~24:00(土曜は7:00~9:30も営業)
    料金:大人440円、中学生300円、小学生150円、0歳〜幼稚園児60円
    定休日:水曜

都会にいながら自然を感じる「淀川河川公園」

都会にいながら自然を感じる「淀川河川公園」

阪急南方駅または地下鉄御堂筋線西中島南方駅から歩いて10分ほど。堤防を越えると、淀川河川沿いに整備された雄大な国営公園「淀川河川公園」があります。水都・大阪が誇る最大級の淀川がすぐそばを流れる開放的なスポットで、スポーツ、バーベキュー、ランニング、散歩など、地元の人たちが思い思いの時間を過ごしています。

野鳥の鳴く声や電車の走る音を聞きながら、土手沿いの道を十三方面(南西)へ向かって歩けば、約30分の散歩が楽しめます。空を見上げれば、飛行機が飛んでいく姿も眺められますよ。気候の良い春や秋は、特におすすめ。街なかの観光スポットが多い大阪で、人混みに疲れたら、気分転換に立ち寄ってみてください。きっとリフレッシュできますよ。

  • 淀川河川公園 西中島地区
    • 住所 大阪府大阪市淀川区西中島2

    電話番号:06-6994-0006(守口サービスセンター)
    営業時間:9:00~17:00
    料金:無料 ※運動施設は要事前申し込み(有料)、バーベキュー広場は有料期間あり。
    定休日:無休

Text by:株式会社ビコーシステム

※記事掲載時の情報です。
※価格やメニュー内容は変更になる場合があります。
※特記以外すべて税込み価格です。

この記事をシェアする

検索