フランス料理

フランス料理

Update:

日本では高級料理として親しまれてきたフランス料理。国際的なレストラン評価の本などで、三ツ星を獲得した店もある。また、最近ではリーズナブルな店も登場しており、より身近になっている。

フランス料理の歴史

フランス料理の歴史

1870年頃から日本に西洋料理店ができると、徐々にフランス料理が広まった。明治時代には、来日した外交官をもてなすときなど、公的な場で出す料理として取り入れられている。1960年頃にはフランス料理の日本人シェフが次々に誕生。フランス料理店が増えていった。イタリア料理に比べると身近ではないが、海外からの来賓や結婚式の出席者などに振る舞われることが多い。

フォアグラのソテー

フォアグラのソテー

フォアグラは、日本でも高級食材として広く知られている。料理方法としては、塩コショウで焼き上げてソースをかける、ソテーが代表的だ。最近では、フランス料理店だけでなく、ファミリーレストランや居酒屋などのメニューで見かけることもある。決して身近な食材ではないものの、「高級なフランス料理」の象徴として根付いている。

ポトフ・ブイヤベース

ポトフ・ブイヤベース

フランスの代表的な家庭料理であるポトフや、魚介類をトマトやハーブで煮込んだブイヤベースといった煮込み料理は、日本でよく知られるフランス料理のメニューである。「日本版ポトフ」と言われている、野菜や肉をじっくりと煮込んで、スープと一緒に食べる「おでん」という料理があるので、日本人にとっては親しみやすいメニューと言える。

日本で食べるなら

日本で食べるなら

フランス料理店は東京などの都心に多く見られ、ホテル内に店を構えていることも多い。他の外国料理と比べて高級店が多く、「コース料理」で楽しむのが一般的だ。一方近年は、フランスの地方料理を出すカジュアルなレストラン「ビストロ」が増えており、気軽に楽しめるのが人気の秘密だ。

※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする